2018年7月20日 (金)

2018年7月20日PDF版

2018年7月20日号のPDF版です。

写真等が見られます。

「2018.7.20号.pdf」をダウンロード

2018年7月20日号

     
 

食中毒

 

週刊ネットニュース

 
 

2018年7月20日号

 

編集発行:笹井 勉

 

食品衛生アドバイザー

 

(元墨田区食品衛生監視員)

 
 

*このニュースは版権をクリアしているものでありませんので、個人用として使用してください

 

【注意】:2018年7月20日までにネット上等で食中毒や食の安全に関する情報で発表のあったものを個人的にまとめて編集したものです。見出しは編集してあります。版権をクリアしたものではありません。食の安全、食品取扱者の衛生教育用(朝礼など)に使うことを目的にしていますので、事例を参考に「食中毒事故防止」や「食の安全な取り扱い」に役立ていただければ幸いです。

申し訳ありませんが、もし不都合な掲載があった場合はこちらsa19452004@yahoo.co.jpに連絡していただければただちに削除します。

トピックス

★梅干しご飯は傷みにくい? 過信は禁物

【朝日新聞デジタル20187150600分】

https://digital.asahi.com/articles/ASL7D5GFZL7DUBQU00V.html

 ののちゃん 「日(ひ)の丸弁当(まるべんとう)」って何(なに)?

 藤原先生 ご飯(はん)に梅干(うめぼ)しをのせたお弁当のことよ。日本(にほん)の国旗(こっき)のように見(み)えるからそういう名前(なまえ)になったみたい。第二次世界大戦中(だいにじせかいたいせんちゅう)やそれ以前(いぜん)の時代(じだい)には、節約(せつやく)のための質素(しっそ)な食事(しょくじ)の代名詞(だいめいし)でもあったそうよ。

 のの どうして梅干しをご飯にのせたのかな。

 先生 梅の風味(ふうみ)が良く、しょっぱく酸(す)っぱくてご飯に合(あ)うからだろうね。長持(ながも)ちする塩漬(しおづ)けだから、冷蔵庫(れいぞうこ)がなかった頃(ころ)は戦場(せんじょう)の兵士(へいし)のための大事(だいじ)な保存食(ほぞんしょく)だったし、梅干しには抗菌作用(こうきんさよう)があり、食中毒(しょくちゅうどく)とか感染症(かんせんしょう)を防(ふせ)げると昔(むかし)から考(かんが)えられていたからかもね。1916(大正(たいしょう)5)年(ねん)の朝日新聞(あさひしんぶん)の記事(きじ)には、コレラ菌の感染防止対策(ぼうしたいさく)として、お弁当のおかずに「梅干しなど殺菌力(さっきんりょく)のあるものを選(えら)ぶべきだ」という専門家(せんもんか)の意見(いけん)が紹介(しょうかい)されている。この殺菌力とは、抗菌作用のことだったろうね。

 のの 梅干しの抗菌作用?

 先生 食中毒は、大腸菌(だいちょう)とか黄色(おうしょく)ブドウ球菌(きゅう)とかサルモネラ菌などに汚染(おせん)された食品(しょくひん)を食(た)べることでなる場合(ばあい)が多(おお)い。梅干しを入(い)れるとこれらの菌の増殖(ぞうしょく)を抑(おさ)えられることは、科学実験(かがくじっけん)で確(たし)かめられているの。だけどね、お弁当箱(ばこ)に梅干し1個(こ)を入れただけで、お弁当全体(ぜんたい)を食中毒菌から守(まも)れるわけではないみたいよ。

 のの どうして?

 先生 菌が塗(ぬ)ってあるお皿(さら)に梅干しをおいた実験だと、梅干しのまわりで確(たし)かに抗菌作用が観察(かんさつ)されたけど、お皿全体には及(およ)んでいなかったの。梅干しを刻(きざ)んでご飯に混(ま)ぜ込(こ)めば、梅干しの抗菌作用がもう少(すこ)し広(ひろ)く、ご飯全体に行(い)き渡(わた)って傷(いた)みにくくなるかもしれないけどね。

 のの 切(き)り刻んだらもう「日の丸」じゃないね。それにしても、どうして梅干しに抗菌作用があるの?

 先生 専門家の研究(けんきゅう)によると、梅干しに含(ふく)まれるクエン酸(さん)を中心(ちゅうしん)に、リンゴ酸や酢酸(さく)、梅干しの加工(かこう)に用(もち)いられる食塩(しょくえん)などが相互作用(そうご)して抗菌作用を発揮(はっき)しているみたいよ。

 のの へー。

 先生 でも気(き)をつけた方(ほう)がいいこともあるよ。昔からの梅干しは「塩分(えんぶん)20%」くらいの、しょっぱい梅干しなの。今売(いまう)られている梅干しは「塩分5%」など食塩をとても減(へ)らしたものが多い。梅干しの食塩を減らす際(さい)に、クエン酸などの抗菌作用の素(もと)も一緒(いっしょ)に減るようだから、減塩(げんえん)の梅干しにどの程度(ていど)の抗菌作用があるかまだよくわからないの。

 のの う~ん難(むずか)しいもんだねぇ。

 先生 梅干しがおいしいのは間違(まちが)いないから、お弁当やおにぎりは涼(すず)しいところに保管(ほかん)して、早(はや)めに食べるのが、食中毒防止の基本(きほん)だね。

(取材協力=長崎国際大助手の岩﨑啓子さん、和歌山県みなべ町役場うめ課、同町の梅加工会社「西山」の西山博康さん、東京都健康安全研究センター、構成=松尾一郎)

1 食中毒

ノロウイルス・サポウイルス (生カキや感染した調理人の手指等からの汚染が原因に)

該当する記事は見つかりませんでした。

.その他のウイルスA型、E型肝炎ウイルス、ロタウイルスなど)

該当する記事は見つかりませんでした。

病原大腸菌(O157は牛の腸内に、その他の病原大腸菌は外国より持ち込まれたり、汚れた調理環境などが原因に)

★富山県:富山市の焼き肉店で4人が食中毒 腸管出血性大腸菌O157

【北日本新聞2018717() 0:44配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00107152-kitanihon-l16

富山市保健所は16日、同市桜町1丁目の焼き肉店「大将軍駅前店」で食事をした50代の男女2人が、腸管出血性大腸菌O(オー)157による食中毒症状を訴えたと発表した。いずれも快方に向かっている。市保健所と県厚生部によると、この他、2人と一緒に食事をした50代女性と、同店の調理従事者1人からも菌が検出された。

  感染した50代男女3人を含む6人がグループで6月30日に同店を訪れ、牛ロースやカルビなどの焼き肉コース料理を食べた。うち女性1人が7月6日に症状を訴え、県厚生部が12日に感染を発表。女性の接触者を調べたところ、50代男性にも症状が出ていたほか、別の50代女性も感染していたことが分かった。市保健所の調査で調理従事者の感染も分かったため、保健所は同店に16日の営業停止を命じた。

  6月30日は計107人が同店を利用したが、他に食中毒の報告はない。今年県内で確認された食中毒は10件目。.

サルモネラ属菌食中毒(食肉や鶏卵などが原因)

該当する記事は見つかりませんでした。

黄色ブドウ菌(手指の傷などについて、弁当やおにぎりなどで起きます)

該当する記事は見つかりませんでした。

腸炎ビブリオ(夏場魚介類に付いてくる菌、刺身などで発生する)

該当する記事は見つかりませんでした。

ウエルシュ菌(加熱済みの食品の前日調理などで起きます。給食病と言われています)

該当する記事は見つかりませんでした。

セレウス菌(加熱済みの米飯、パスタなどで起きます。)

該当する記事は見つかりませんでした。

カンピロバクター食中毒(鶏肉の生食、沢水、未殺菌井戸水が原因)

★奈良県:奈良市の飲食店で10人が食中毒 カンピロバクター

【奈良テレビ放送2018719() 20:48配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00010000-tvn-l29

 奈良市内の飲食店で食中毒が発生しました。

  奈良市保健所によりますと、今月7日に店で鶏のタタキなどを食べた男性12人が翌日以降に下痢や発熱などの症状を訴え、検査の結果、生の鶏肉などから感染するカンピロバクターが検出されたといいます。重症者はおらず全員快方に向っているということです。保健所では生肉を調理する際は十分に加熱するなどの対策を呼びかけています。

奈良市発表平成30年7月19日】

http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1516954327682/simple/20180719.pdf

食中毒の発生について

平成30年7月10日(火)、市内の医療機関から「食中毒を疑う患者を診察した。」旨の通報がありました。

調査したところ、通報を受けた患者ら31名は、7月7日(土)午後5時頃、市内の飲食店を利用し、うち12名が7月8日(日)午前9時を初発として、下痢、発熱、腹痛等の症状を呈していることがわかりました。

患者の発症状況が類似していること、患者のふん便からカンピロバクター・ジェジュニを検出したこと、患者を診察した医師から食中毒の届出がされたことから、市保健所は当該飲食店を原因とする食中毒事件と断定し、7月19日(木)から7月20日(金)まで2日間の営業停止を命じました。患者は全員快方に向かっています。なお、患者調査及び施設調査については、現在も継続中です。

                                   
 

 

 

患者関係

 
 

発症日時

 
 

7月8日(日)午前9時~7月10日(火)午前8時

 
 

症状

 
 

下痢、発熱、腹痛等

 
 

有症者数

 
 

12名(内訳)男性:12名(22~34歳)

 
 

受診者数

 
 

10名(入院者0名)

 
 

原因食品

 
 

7月7日(土)の夕食に提供した食事

 
 

病因物質

 
 

カンピロバクター・ジェジュニ

 
 

原因施設

 
 

所在地

 

業種

 

屋号

 

営業者

 
 

奈良市小西町8-1ラフィーヌ東洋5F

 

飲食店営業(焼肉屋)

 

焼肉製作所神神

 

竹本佐知子

 
 

措置

 
 

行政処分

 

7月19日(木)から7月20日(金)まで2日間の営業停止

 

指導事項

 

食品の衛生的な取扱い及び施設の清掃消毒

 

★新潟市:西区の飲食店で7人が食中毒 カンピロバクター

【新潟市公表2018715(抜粋)

https://www.city.niigata.lg.jp/iryo/shoku/syokuei/20180223123830845.html

カンピロバクターによる食中毒の発生について

概要

 平成30712日(木曜)、市民から「77日(土曜)の夜に西区の「新大バルMarphy‘s」を利用した5名中3名に、食中毒様の症状がみられる。」旨の情報を探知した。また713日(金曜)、市内医療機関から「77日(土曜)の夜に同施設を利用した人に食中毒様症状がみられる。」旨の連絡が入った。

 調査の結果、患者らは77日(土曜)夜に2グループ20名で飲食店「新大バルMarphy‘s」を利用しており、79日(月曜)夕方から11日(水曜)朝にかけて、7名が下痢、腹痛、発熱等の症状を呈し、7名全員が医療機関を受診していたことが明らかになった。

 患者に共通する食事が当該飲食店の食事に限られること。検便の結果、患者3名からカンピロバクターが検出されたこと。患者の発症状況がカンピロバクターによるものと一致していることから、新潟市保健所は、当該飲食店を原因とする食中毒であると断定した。

 患者の症状は快方に向かっている。

原因施設

所 在 地 新潟市西区五十嵐2の町8263番地

名 称 新大バルMarphy‘s

許可業種 飲食店営業 一般食堂

営業者名 須貝 真宏

原因推定食品 77日(土曜)の夜に当該施設が提供した食品

行政措置 新潟市保健所では次の措置を実施する。

・食品衛生法第6条第3号違反に係る営業停止 平成30715日(日曜)~717日(火曜) (3日間)

・再発防止のため、施設の清掃、調理器具等の洗浄・消毒の徹底の確認、従事者への衛生教育を実施する。

エルシニア菌(低温発育菌、ブタが保菌しており、豚肉の汚染が高い)

該当する記事は見つかりませんでした。

化学物資による食中毒(魚のヒスタミンや洗浄剤の誤飲など)

該当する記事は見つかりませんでした。

寄生虫による食中毒(魚介類のアニサキスやクドアや、獣肉類など)

★東京都:渋谷区の飲食店、刺身の盛り合わせ等で食中毒 アニサキス

【渋谷区公表平成30718日】食品衛生法第63条による処分公表

https://www.city.shibuya.tokyo.jp/assets/com/000034523.pdf

業種等 飲食店営業

施設の名称及び営業者氏名等 恵比寿魚金

東京都港区新橋三丁目18番3号第二富士ビル 株式会社魚金

施設所在地等 東京都渋谷区恵比寿四丁目1番18号恵比寿ネオナート1-1号 1階

処分を行った理由 食中毒

処分等の内容 平成30年7月18日 1日間営業停止

備考

原因となった病因物質:アニサキス

原因食品:6月22日に提供した食事(刺身盛り合わせを含む)

★東京都:渋谷区の魚介類販売業のカツオの刺身等で食中毒 アニサキス

【渋谷区公表平成30719日】 食品衛生法第63条による処分公表

https://www.city.shibuya.tokyo.jp/assets/com/000034536.pdf

業種等 魚介類販売業

施設の名称及び営業者氏名等 ()クイーンズ伊勢丹笹塚店

施設所在地等  東京都新宿区西落合二丁目18番20号 株式会社エムアイフードスタイル

主な適用条項  食品衛生法第6条第4号

処分を行った理由  食中毒

処分等の内容  平成30年7月19日 1日間営業停止

備考

原因となった病因物質:アニサキス原因食品:7月8日に販売した刺身四点盛り及びカツオの刺身

★マクドナルドのサラダで寄生虫による集団感染 米イリノイ州など100人超「サイクロスポラ症」

.hazardlab20180713 1147分】

https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/5/25628.html

 米国では今年5月以来、テキサス州を中心に寄生虫が原因のサイクロスポラ症を発症する患者が相次いで発生しているが、今度はマクドナルドで提供されたサラダを食べた100人以上から感染が報告されており、イリノイ州とアイオワ州の保健衛生当局が調査に乗り出した。

 米中部に位置するイリノイ州とアイオワ州の公衆衛生局によると、イリノイ州では今年5月中旬以来これまでに約90人、アイオワ州では6月下旬から7月上旬にかけて15人が相次いでサイクロスポラ症を発症している。

 公衆衛生当局が患者に聞き取り調査した結果、イリノイ州では約4分の1の患者が発症する前日にマクドナルドのレストランでサラダを食べたと報告しており、アイオワ州でも同様の報告がなされているという。両州の公衆衛生当局はマクドナルド側に事態を伝え、原因特定に向けて全面的な協力を要請した。

 サイクロスポラとは寄生虫を含む糞便で汚染された水や野菜で感染する病気で、ヒトからヒトへは感染しない。熱帯や亜熱帯地域では一般的な病気だが、米国やカナダでは、春から夏にかけて、ベリー類や野菜などの生鮮農産物が原因の感染が多く、2013年にはテキサス州やアイオワ州など25州で643人が集団感染した。このときは、メキシコ料理のレストランで提供されたサラダに入っていた生のパクチー(コリアンダー)を使ったサルサソースが感染源だと推察された。

 米疾病予防管理センター(CDC)によると、今年6月中旬以降、アイオワ州を含むミネソタ州やミシガン州など4州で78人が感染し、いずれの患者もデルモンテ社が製造したブロッコリーやカリフラワー、ニンジンなどの生野菜が入ったサラダパックを食べた疑いがあると報告している。

 サイクロスポラ症は、感染すると、数日から数カ月間にわたって非常にゆるい水様性の下痢が続き、食欲不振、疲労感、体重減少、腹部のけいれん、嘔吐などの症状が現れる。

植物性自然毒食中毒(キノコや山野草などの中毒)

該当する記事は見つかりませんでした。

.動物性自然毒食中毒(フグ中毒や貝毒など)

該当する記事は見つかりませんでした。

. その他の食中毒関係情報

★神奈川県が食中毒警報を発令

【神奈川県発表20180719(抜粋)

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/e8z/prs/r9569379.html

 夏期は気温や湿度が高くなり、細菌による食中毒が起こりやすくなります。

  そこで、県では、過去の食中毒発生時の気象条件等を解析した県独自の予測式により、食中毒の発生が懸念される日を予測して食中毒警報を発令し、消費者や食品等事業者に対して注意喚起を行っています。

  ここ数日、予測式に基づき算出した予測値が上昇しており、食中毒発生の可能性が高まったため、本日、警報を発令しました。

1 食中毒警報の発令年月日

  平成30719日(木曜日) この発令日は、昨年よりも8日早い発令日となります。

2 食中毒警報の発令に伴う県の対応

  カンピロバクター、腸管出血性大腸菌(O157O111等)、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ等の細菌による食中毒の発生を防止するため、飲食店(仕出し屋、弁当屋、旅館、すし屋、一般食堂)、集団給食施設、総菜製造業、魚介類販売業、魚介類加工業、食肉販売業、食肉処理業等の営業者に対し、次の事項について監視指導を強化します。

(1)原材料及び調理済食品の細菌汚染防止の徹底

(2)従事者の手洗い、消毒の励行及び健康管理の徹底

(3)食品の保管時の温度管理の徹底

(4)食肉などの十分な加熱調理の徹底(中心温度:75℃1分間以上)

(5)集団給食施設、弁当屋、仕出し屋等における検食の保存の徹底

(6)管理運営基準の遵守及び自主的な衛生管理の徹底

2 感染性胃腸炎情報(食中毒に直結するノロウイルスやロタウイルス、夏場は腸管出血性大腸菌など、及びその他の集団感染情報です)

★北九州市で5歳の男児が腸管出血性大腸菌感染症発症

【北九州市発表平成30平成30年7月18日】

http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000808359.pdf

市内において、腸管出血性大腸菌感染症(3類感染症)の発生届がありましたので、北九州市感染症公表要領に基づきお知らせいたします。

1 概要平成30年7月18日(水)、市内医療機関(八幡東区)から腸管出血性大腸菌感染症の届出があった。

2 患者情報直方市在住、5歳(保育園児)、男性

3 経過7月12日()発熱(39.8℃)あり。

7月13日()腹痛、下痢、嘔吐あり。医療機関を受診。

7月14日(土)腹痛、下痢継続のため、医療機関再診、入院。

便検査実施。

7月17日(火)溶血性尿毒症症候群(HUS)と診断。

7月18日() 便検査の結果、O157(VT1VT2)陽性判明。

4 現在の状況 入院中

5 感染原因不明

6 行政対応患者及び家族等に対する健康調査の実施と感染拡大防止の指導を実施。

★岡山県:備中保健所管内と美作保健所管内で腸管出血性大腸菌O157

http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/568125_4603527_misc.pdf

お知らせ 腸管出血性大腸菌感染症が発生しました。

速報年月日平成30年7月18日

【備中保健所管内】

患者1(女、中学生)  発症年月日平成30年7月12日

○患者は、7月12日から腹痛、水様性下痢、血便の症状があり、7月12日に医療機関を受診し、検査したところ、ベロ毒素産生性腸管出血性大腸菌O26による感染症と確認されたため7月17日に届出があった。○現在、症状は回復している。

○接触者については、現在調査中である

【美作保健所管内】

患者1名(女、1(60歳代)  発症年月日平成30年7月6日

○患者は、7月6日から腹痛、水様性下痢の症状があり、7月6日に医療機関を受診した。7月10日に検査したところ、ベロ毒素産生性腸管出血性大腸菌O157による感染症と確認されたため、7月17日に届出があった。

○現在、症状は回復している。

○接触者については、現在調査中である。

3 異物混入(異物混入は危険なものはもちろんですが、健康障害を起こさない事例でも経済的な損失をきたします)

★三重県:鈴鹿市の白子小、給食のジャガイモのそぼろ煮にステンレス片  

【伊勢新聞2018718() 11:00配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00001415-isenp-l24

 【鈴鹿】三重県鈴鹿市は17日、同市白子一丁目の市立白子小学校(池田憲彦校長、445人)で給食の献立「ジャガイモのそぼろ煮」から、ステンレスの薄片1個が見つかったと発表した。児童への健康被害はない。

  同市教委によると、6年生女児が喫食中に気づき、口から出したところ、長さ18センチ、幅1ミリ、厚さ01ミリ程度のステンレス片が混入していた。学級内や他学年などその他の児童から同様の報告はなかった。

  同校の給食は自校式で学校敷地内で調理しており、計525食を提供している。

  その後の調査で、調理に使用したステンレス製のへらの一部であることが判明。かまでの調理作業中に、先の部分が摩擦などで削れたと推測される。6本あるうちの1本で、購入履歴には記録が残っていないため、いつから使用されていたかは不明。

  今後の対応として、調理前の器具の確認の徹底を図るほか、夏休みの衛生研修の中で調理員への指導を徹底し、再発防止に努める。

. ★チャーシュー食べたら“金属片“ 千葉市のホテルで許可受けずチャーシューを製造・販売

【千葉テレビ2018719() 6:07配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00010001-chibatele-l12

 異物が混入していたのは、ホテルポートプラザちばが去年9月から今月12日まで販売していた「北欧産豚肩ロース肉のチャーシュー」です。ホテルによりますと、今月8日、船橋市に住む20代の女性教諭が購入したチャーシューを食べたところ、口の中にちくりとした違和感を覚えたということです。

 その後の調査で、長さ1センチ程度の針金状の金属が混入していたことが判明しました。これを受けホテルは、チャーシューの製造と販売を中止し、19日から商品の回収を行うとしています。今年度にこの商品を購入した人には、代金の返金に応じるということです。なおこのチャーシューを巡っては、ホテル側が保健所から製造と販売の許可を受けていなかったことがわかっていて、千葉市保健所から指導を受けています。

4 食の安全情報

<違反食品・自主回収等関係情報>

該当する記事は見つかりませんでした。

<アレルギー関係情報>

該当する記事は見つかりませんでした。

<食品表示関係情報>

該当する記事は見つかりませんでした。

<HACCP・認証関係情報>

★農場HACCP 4農場を認証 中央畜産会

【鶏鳴新聞 2018714日】

http://keimei.ne.jp/article/%e8%be%b2%e5%a0%b4%ef%bd%88%ef%bd%81%ef%bd%83%ef%bd%83%ef%bd%90-%ef%bc%94%e8%be%b2%e5%a0%b4%e3%82%92%e8%aa%8d%e8%a8%bc%e3%80%80%e4%b8%ad%e5%a4%ae%e7%95%9c%e7%94%a3%e4%bc%9a.html

(公社)中央畜産会は72日、農場HACCP認証農場の申請があった4農場(肉用牛2農場、採卵鶏1農場、豚1農場)を認証した。

これにより72日現在の認証農場は計176農場(乳用牛19、肉用牛30、豚79、採卵鶏44、肉用鶏4)となった。

今回、認証された採卵鶏農場は木次ファーム(島根県)。

★銘柄鶏の規格を見直し 認証、鶏種、飼養方式で区分 日本食鳥協会

【鶏鳴新聞 2018717日】

http://keimei.ne.jp/article/%e9%8a%98%e6%9f%84%e9%b6%8f%e3%81%ae%e8%a6%8f%e6%a0%bc%e3%82%92%e8%a6%8b%e7%9b%b4%e3%81%97%e3%80%80%e8%aa%8d%e8%a8%bc%e3%80%81%e9%b6%8f%e7%a8%ae%e3%80%81%e9%a3%bc%e9%a4%8a%e6%96%b9%e5%bc%8f%e3%81%a7.html

(一社)日本食鳥協会(佐藤実会長)は、平成28年度から実施した「地鶏銘柄鶏緊急対策事業」の中で、銘柄鶏の規格の見直しを行ない、このほど検討結果をまとめた。

地鶏肉については、JAS法に基づきJAS規格を定めて、その定義を明確にしているが、銘柄鶏については、同協会が「わが国で飼育し、地鶏に比べ増体に優れた肉用種といわれるもので、通常の飼育方法(飼料内容、出荷日齢など)と異なり工夫を加えたもの」と定義しているものの、その範囲があいまいであった。さらに近年はブロイラーに産地名などをつけて販売する商品も多くみられ、消費者の混乱に拍車をかけているため、銘柄鶏の自主的表示の目安となる明確な規格を設定した。

新たな銘柄鶏の規格は自主的表示のガイドラインとして設定し、JAS法上で規格を定めている地鶏は除外する。銘柄鶏を①認証②鶏種③飼養方式――の類型に区分し、類型ごとに当てはまるタイプを選択して、その項目に沿った内容を任意で表示する。類型とタイプ、表示内容は次の通り。

【認証】農場HACCPやJGAPなど、第3者認証の取得農場で生産したもの。具体的な第3者認証名を表示する。

【鶏種】①在来種タイプ=在来種(明治時代までに日本に導入されて定着し、地鶏肉JASで定義した鶏種38種類)を使用したもの。在来種の血液の割合(血液百分率)を表示する。鶏種名の表示も可能国産鶏種タイプ=国内の育種改良機関(家畜改良センター、県畜産試験場、民間ブリーダーなど)が育種改良した種鶏から作出したもの。鶏種名の表示も可能特殊鶏タイプ=通常のブロイラー(ホワイトコーニッシュとホワイトプリマスロックの交配種)以外の海外から導入した鶏種を使用したもの。鶏種名と、その血液の割合(血液百分率)を表示する。

【飼養方式】①長期飼育タイプ=通常のブロイラー(50日程度)に比べて長期間(55日以上)飼育したもの。出荷日齢を表示する放し飼いタイプ=全飼育期間の2分の1以上を放し飼いで飼育したもの特別飼育タイプ=感染症予防ワクチンを投与し、全飼育期間にわたり抗生物質・抗菌製剤を投与せずに飼育したもの特殊飼料使用タイプ=一般的な配合飼料と異なる原料を使用した飼料で飼育したもの。飼料用米や地養素、ハーブ、木酢液、ビタミン強化など、具体的な特殊飼料の種類と使用時期、使用割合を表示する。

<給食関係情報>

豪雨災害の京都府福知山市の給食再開は2学期から 

【両丹日日新聞2018716() 8:02配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00010000-rtn-l26

 京都府福知山市は、7月豪雨の影響による学校給食の休止期間延長を決めた。厚中問屋町の市学校給食センターの地下設備が浸水被害に遭ったため復旧を進めていたが、新たに洗浄、消毒作業などが必要なことが分かったため。

  給食センターが担当する旧市内、夜久野、三和両町の小学校17校と中学校8校での提供休止を、当初は13日までの予定で休止していたが、これを19日まで延期する。市内の1学期の給食提供は19日までのため、再開は2学期からとなる。

  同センターは、そばを流れる弘法川が氾濫したことで地下配管ピットが冠水。汁物、煮物などの調理や食器洗浄に使う蒸気ボイラーが故障した。

  一方、被災はしていないものの、衛生面などに配慮して給食の提供を休止していた大江センターは、17日から再開。大江町内の3小学校、1中学校は19日まで通常通りとなる。

★どうなる中学生の昼ごはん 平塚で完全給食巡り議論加速

【カナロコ by 神奈川新聞2018712() 18:27配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00027592-kana-l14

 米飯やパンなど主食とおかず、牛乳がそろった「完全給食」の導入が県内の公立中学校で進む中、平塚市でも中学生の昼食を巡る議論が活発化している。市民から完全給食の実施を求める声が上がる一方、市教育委員会も2017年度に検討委員会を設けて協議している。その可否について市教委は今月中にも結論を出す方針という。

◆市民団体が2千人超の署名提出

  「共働きの家庭も多い。同じ食事をみんなで囲む食育も必要」「食事が菓子パン1個とか、そもそも親に弁当を作ってもらえない子もいる。食べるものに格差があってはいけない」

  今月10日、平塚市民ら6人でつくる「『平塚にも中学校給食を』市民の会」(岩田新一代表)のメンバーは、面会した落合克宏市長にこうした要望を伝えるとともに、2159人分の署名を手渡した。

  落合市長は給食の必要性に理解を示しながらも「これまでは校舎の耐震改修やエアコン設置などを優先させてきた。今後の課題として考えていきたい」と、実施について明言を避けた。

  市立中学校では長らく牛乳のみを提供する「ミルク給食」だけだったが、業者による弁当販売が17年に全15校でスタート。横浜市で実施している「ハマ弁」が1週間前までに注文しなければいけないのに対し、平塚市の場合は当日の朝に注文を受け付ける方式だ。

  12年にも市民から完全給食を求める要望があり、実施方式を検討したものの導入を見送った経緯がある。代替案として業者の弁当販売を始めたが、市教委によると、17年度の利用率は5・3%。生徒や保護者からは「販売時間を延長してほしい」「栄養バランスが悪い」といった意見も上がっているという。

◆初期投資55億円

  市は17年5月、再び中学生の昼食を巡って検討委を設けて非公開の協議をスタート。今月下旬の会合で結論を出す予定だが、多額の公費負担が壁となっているとみられる。12年時点での試算によると、学校ごとに調理する自校方式を導入した場合、初期投資の55億円に加えて、人件費と光熱費だけでも年間6億円の維持管理費がかかる。

  一方、16年度の文部科学省の調査によると、全国の国公私立中学校での完全給食実施率は83・7%。公立中の実施率が千葉県が100%なのに対し、神奈川県は全国最下位の27・3%にとどまり、17年5月時点でも28・8%だった。

  平塚市教委の担当者は「横浜、川崎市では戦後、人口急増で給食より校舎建設が優先されてきた。(平塚市も)そこに横並びしてきたが、時代も変わり市民のニーズは年々高まっている」と説明する。

  県内では川崎市が昨年、全52校で完全給食をスタート。藤沢、秦野市などでも完全実施に向けた準備が進んでいる。「市民の会」の村山俊夫事務局長は「全国でできていることが平塚でできないわけがない」と話している。

<ジビエ関係情報>

該当する記事は見つかりませんでした。

.<民泊関係情報>

★民泊届け出5867件、新法施行1カ月 観光庁

【朝日新聞デジタル20187190500分】

https://digital.asahi.com/articles/DA3S13593833.html

 観光庁の田村明比古長官は18日の会見で、民泊を営むとして届け出のあった物件数が13日までに5867件にのぼり、うち4410件を受理したことを明らかにした。

 民泊のルールを定めた新法「住宅宿泊事業法」が6月15日に施行され、民泊の事業者は自治体への届け出が必要になり、管理業者や仲介業者も登録が義務づけられた。田村氏は「『低調な滑り出し』と言われた民泊だが、届け出は1日に100件増加し、今後も継続して増える」と述べ、届け出は順調との考えを強調した。

 一方、仲介最大手の米エアビーアンドビーのサイトに、新法施行後も違法の疑いのある物件が掲載されていることについて、田村氏は「自治体に適法性の確認をお願いした。違法な物件は掲載の削除を要請するなど適切に対応したい」と話した。

★ロシア、年末までビザなし入国延長 W杯観戦サポに

【朝日新聞デジタル20187170724分】

https://digital.asahi.com/articles/ASL7J53TZL7JUHBI026.html

 ロシアのプーチン大統領は15日、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の試合を観戦した外国人サポーターに、年末までビザなし入国を認める考えを明らかにした。市民が手料理を振る舞うなどのロシア流「おもてなし」がサポーターに好評で、ロシアのイメージアップに役立てる狙いとみられる。

プーチン氏は決勝戦後、「数百万人がロシアへの見方を変えた。大きな成果だ」と喜び、「ファンIDを持つ外国人サポーターにビザなし入国を年末まで認める」と話した。

 ファンIDは、身元確認を済ませた人に発行する顔写真付きの観戦用証明書。試合会場に入るのに必要で、外国人はこれをビザ代わりに入国できた。この制度を年末まで延長する。

 今大会は、直前に英国で発生したロシアの元スパイ殺害未遂事件などで欧米との関係悪化が注目された。だが、約100万人の外国人が訪れ、フーリガンの衝突や試合中の人種差別的な言動はみられなかった。

 サポーターを民泊オーナーが早朝にもかかわらず駅まで迎えに来たり、寝台列車の車掌が到着直前に起こしてくれたりするなどのサービスが特に好評で、「ロシア人は意外に明るくて親切」とSNSで発信するサポーターもいた。

 国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長は13日の記者会見で、「過去最高のワールドカップだ」と絶賛した。(モスクワ=中川仁樹)

<職場環境関係情報>

該当する記事は見つかりませんでした。

<食糧自給関係情報>

該当する記事は見つかりませんでした。

<鳥インフルエンザ関係情報>

該当する記事は見つかりませんでした。

<西日本豪雨安全情報>

★避難住民に賞味期限切れ備蓄パン 豪雨時に京都・長岡京市

【京都新聞2018718() 10:57配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000048-kyt-soci

京都府長岡京市が、西日本豪雨で長岡第五小(同市下海印寺)へ避難した地域住民8世帯に対して6日朝、賞味期限が切れた備蓄食料の缶詰パン計12缶を配布していたことが、17日までに分かった。市は京都新聞社の取材を受けた後の14~16日に各世帯を訪問し、謝罪した。健康被害は確認されていないという。

  市によると、賞味期限は昨年11月27日。避難指示発令中の今年7月6日午前5時ごろから、同小に設置した避難所の受付に缶詰を置き、帰宅する住民に持ち帰るよう勧めた。市職員が約2時間後に期限切れに気付いて配布をやめた。

  担当課の市防災・安全推進室は6日午前に報告を受けたが、災害警戒本部へ情報を上げなかった、という。市の井上晃・危機管理監は「災害対応に追われる中、優先度が低いと判断していた。今から考えれば即座に回収に動くべきだった」とした。

  市の説明では、缶詰パンは当時、市職員が同小内の備蓄倉庫から避難所へ運び入れた。市は、倉庫に賞味期限切れの缶詰が置かれていた経緯を「特定できない」としている。

  倉庫の鍵は、市や学校側のほか、複数の地域団体が保有しているといい、井上危機管理監は「日常管理の在り方を見直す」とした。

★高梁市で11日ぶりに断水解消

NHK岡山NEWSWEB20180718日 1159分】

https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20180718/4020000924.html

豪雨によって広い範囲が浸水した高梁市では、およそ6800戸で断水が続いていましたが、18日午前9時から水道の水が飲料水として使えるようになり、11日ぶりに断水が解消しました。

今回の豪雨で広い範囲で浸水した高梁市では、住宅などおよそ6800戸が断水し、試験的に通水を始めていましたが、濁りがある可能性があるなどとして飲料水として使わないよう呼びかけていました。

市が復旧作業を進めた結果、水質の安全性が確認されたとして、18日午前9時から飲料水として使えるようになり、11日ぶりに断水が解消しました。

市は広報車で市街地を回り、飲料用の給水が再開されたことを周知していました。

1階部分が浸水する被害を受けた高梁市落合町の西広美さんの自宅でも、18日から水道水が飲めるようになり、片づけ作業の合間にコップに入れた水をおいしそうに飲んでいました。

これまでは自宅から離れた場所にある給水車に容器を持ってくみに行ったり、知人から届けられた水に頼っていたということです。

西さんは「飲み水はもちろんですが、口に菌が入るといけないので、食器も洗えずにいました。とても助かりました」と話していました。

★養殖魚をも襲った土砂崩れ タイやハマチ数千匹被害

【テレ朝 news2018716() 17:11配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180716-00000041-ann-soci

今回の西日本豪雨は、農林水産業にも甚大な被害をもたらした。被害額は436億円。豪雨が残した爪痕は、被災した人たちの生活再建に暗い影を落としていた。

  ミカン畑をのみ込んだ土砂は海を茶色く染めた。土砂崩れが相次いだ愛媛県宇和島市。沖合には養殖魚を育てるいけすが浮かんでいる。ここに愛媛県が出荷額日本一を誇るマダイやハマチなどが泳いでいた。ところが、土砂崩れから数日経ち、魚が大量死しているのが見つかった。30年以上、タイやハマチの養殖をしてきた松浦さん。当時、松浦さんのいけすには約20万匹の魚が泳いでいた。しかし

  松浦水産・松浦登さん:「見渡せる範囲全体だよね。最終的には、魚が浮いてきちゃった」

  被害は数千匹以上。被害額は数千万円に上る可能性がある。原因は海の中にあった。流れ込んだ土砂で窒息死する魚が相次いだほか、川から大量の水が流れ込んで海水濃度が急激に下がったことも原因だという。15日、マダイの稚魚8万匹をいけすに入れ直した松浦さん。しかし、出荷できるのは2年後だ。安倍総理大臣は被災した農林漁業者などに対し、災害関連融資を5年間無利子にするなど新たに支援する方針だ。

<その他の情報>

★【田中ひかる】和歌山カレー事件・20年目の真実~林真須美は本当に毒を入れたのか 決め手の「ヒ素鑑定」が揺らいでいる

【現代ビジネス2018718 110分】

http://news.livedoor.com/article/detail/15027610/

和歌山カレー事件」は本当に解決したのか? あれから20年、果たして現場で何が起き、そして何が裁かれたのか。林家を長年取材してきた気鋭の研究者が、資料・報道等を一から読み直し、いびつな死刑囚の「実像」と事件の「真相」に迫る。

「和歌山カレー事件」から20

和歌山市園部の自治会が開いた夏祭りで、カレーにヒ素が混入され、67人が急性ヒ素中毒に陥り、うち4人が亡くなるという凄惨な事件が発生してから、725日で20年になる。

容疑者として逮捕、起訴された林真須美(正しい表記は眞須美。当時37歳)は、2009年に最高裁で死刑が確定した。

しかし、彼女は逮捕当時から一貫して容疑を否認しており、有罪の決め手となったヒ素鑑定にも綻びが生じてきている。

真須美といえば、逮捕前、自宅を取り囲む報道関係者たちにホースで放水している姿がよく知られている。笑いながら“こちら側”に放水してくるふてぶてしい態度に、嫌悪感を覚えた人も少なくなかっただろう。

あのとき彼女が着ていた黒いTシャツには、ある有名ブランドのロゴが入っていたのだが、イメージの悪化を懸念したブランド側の要請で、報道の際、ロゴの部分にぼかしが入るようになった。

拙著『「毒婦」 和歌山カレー事件 20年目の真実』の表紙写真でも、彼女は大のお気に入りだったそのTシャツを着て微笑んでいるが、ロゴはない。

彼女はなぜ、報道関係者たちに放水するという暴挙に出てしまったのだろう。真須美の夫、林健治は、当時を振り返りこう語る。

カレー事件のあと、マスコミがウチ囲んだでしょ。夜中もずっといてるから、蚊にさされたらかわいそうだと思って、キンチョール持っていってやったりしたんですよ。

それなのに、とりもちつけた棒で郵便受けから郵便抜き取ったり、塀にはしごかけて2階の子ども部屋の写真撮ったりされて。

そんとき私、体が不自由やったから、真須美に「あいつらのぼせ上がってるから、記者会見する言うて集めて、上からいっぺん頭冷やしたれ」て命令したんですよ。

以来、真須美といえば、あの放水の「絵」が使われるでしょ。いかにもカレーに毒入れそうなおばはんの「絵」ですよね。

夫婦は逮捕される104日までの約2ヵ月間、前例のないメディアスクラム(集団的過熱取材)にさらされた。

子どもたち(当時長女が中3、次女が中2、長男が小5、三女が保育園年中)も記者たちに囲まれてしまうので、夏休みが終わっても登校できなかった。

そのため、和歌山市教育委員会が子どもたちの登下校を妨害しないよう求める文書を報道関係者に配布するという異例の事態となった。

なお、このとき健治の「体が不自由やった」のは、保険金を詐取するためにヒ素を飲み、多発性神経炎を発症していたからである。

健治は、かつてヒ素を扱う白アリ駆除会社を経営しており、廃業後もヒ素を所持していた。

そして、カレー事件の10年ほど前から、ヒ素を用いるなどして、夫婦で保険金詐欺を繰り返していた。詐取した金額は8億円に上る。

「『やりました』の五文字を書け」

カレー事件が起きたとき林夫妻が疑われたのも、ヒ素を使って保険金詐欺を繰り返していたことが明らかになったためである。さらに真須美は夏祭りの日、出来上がったカレー鍋の見張り番の一人でもあった。

カレー事件は発生当初、「集団食中毒」と誤認されたが、翌日、被害者の吐しゃ物や体内から「青酸化合物」が検出されたことから、「青酸カレー事件」と報じられた。

そして事件から1週間後、「ヒ素も混入されていた」ことが判明した。つまり、2種類の毒が混入されていたということになる。

ヒ素の混入が判明したことで、林真須美とカレー事件がつながった。一方で「青酸化合物」の存在はフェイドアウトしていく。

警察は「青酸化合物は混入されていたものの、犠牲者たちの死因はヒ素だった」と発表し、最終的には「青酸化合物は混入されていなかった」と結論づけた。真相は不明である。

事件から1ヵ月後、過去に林宅で食事をしたことのある男性2人が、急性ヒ素中毒に陥ったことがあると報じられると、林宅を取り囲む報道関係者の数は、一気に数百人に膨れ上がった。

真須美が外出すると、それを追う記者たちの足音がドドドドドと地鳴りのように響きわたるほどだった。真須美が“放水シーン”を撮られたのもこの頃である。

104日に夫婦が保険金詐欺関連の容疑で逮捕されたとき、林家を取り囲んだ報道関係者の数は500人以上に上り、上空には10機を超えるヘリコプターが旋回していた。

各テレビ局が早朝から現場中継を行い、読売新聞は全国で約15万部、朝日新聞は約8万部の号外を刷り、夫婦の逮捕を伝えた。

逮捕後、和歌山西署で取調べを受けた林健治は、真須美と共謀した保険金詐欺の容疑を認め、200010月に懲役6年の刑が確定した。

一方、真須美の逮捕は、カレー事件について自白させるための別件逮捕だったため、和歌山東署で連日長時間にわたって、厳しい取調べが行われた。

真須美は取調べ3日目には、「頭が変になり、目に幻覚というものが見えてきて、気が狂いそう」になったと、健治に宛てた手紙に書いている。

一人の刑事が「やりました」の五文字を書けと言って、座っている私の左腕を思いっきり殴ってきた。私は殴られたとき目が覚め、立って右手をぐうにして、思いっきり刑事の左のほっぺたを殴り返してやりました。向かいにいてた他の刑事は、殴り返したことにとても驚いていた。

私を殴った刑事は、私に殴られたことで刑事のプライドがとても傷ついたことを理由に、激しく暴れて、そこらを蹴とばして出ていきました。私のことを「殺しちゃろか」というので、「根性あるなら、今ここで殺せ」といってやりました。

他の二人の刑事は、私に、「ええ根性した女やなあ」といってきたけれど、私は四人の子どもがいたからとても強く三カ月おれました。最後の方には無理矢理ボールペンで「やりました」と書かされそうになったことも何度も何度もあった。

ヒ素が「同一である」の意味

警察は、夏祭りの関係者たちの証言を集め、午後020分から1時までの40分間、真須美が1人でカレー鍋の見張りをしていたと特定し、「真須美以外に、カレーにヒ素を混入することができた人物はいなかった」と結論づけた。

(詳細は割愛するが、関係者たちの証言には、警察の誘導のあとが見られる。また、ヒ素を混入したあとカレーライスが配られるまでの4時間以上、誰も味見をしていないというのは不自然である)

こうした状況証拠に基づいて、129日に真須美をカレー事件の容疑で再逮捕したのだが、その後も真須美は頑なに容疑を否認した。

このままでは起訴できないと考えた検察は、東京理科大学理学部応用化学科教授の中井泉に、健治がかつて所持していたドラム缶入りヒ素や、林宅の台所にあったヒ素、事件現場で押収された紙コップに付着していたヒ素等の鑑定を依頼した。

中井は大型放射光施設「スプリング8SPring-8)」を使って、これらのヒ素が「同一である」という結論を導き、真須美が自宅台所にあったヒ素を紙コップに移し入れて運び、カレー鍋に混入したという検察の筋書きを裏付けた。

しかし中井鑑定の「同一」とは、これらのヒ素が「同一の工場が同一の原料を用いて同一の時期に製造した亜ヒ酸である」という意味に過ぎなかったのである。

当時、ヒ素は白アリ駆除のほか、殺鼠剤や農薬、みかんの減酸剤としても需要があり、和歌山市内だけでも「同一の工場が同一の原料を用いて同一の時期に製造した亜ヒ酸」が、大量に出回っていた。

 したがって、中井鑑定を以て、林真須美を犯人と特定することはできないのである。それにも関わらず、真須美は1229日に起訴され、死刑へのレールに乗せられた。

事件はまだ終わっていない

真須美の死刑確定後、再審請求を行った弁護団は、蛍光X線分析の第一人者である京都大学大学院工学研究科教授の河合潤に、中井による鑑定書の解説を依頼した。

その後、河合が独自にヒ素の再鑑定を行ったところ、林宅の台所にあったヒ素は不純物が含まれ低濃度であるのに対し、紙コップに付着していたヒ素は75%(亜ヒ酸濃度に換算すると98.7%)と高濃度であることが判明した。

言うまでもなく、低濃度のヒ素を紙コップに移しても、高濃度にはならない。

また、ヒ素を摂取したり接触したりすると、その痕跡が毛髪に残るため、検察は真須美の頭髪の鑑定も行い、有罪の根拠としたのだが、河合はこの鑑定に対しても疑義を唱えている。

弁護団は、20132月に、ヒ素鑑定に対する反証を盛り込んだ「再審請求補充書」を、20143月には河合によるヒ素の鑑定書を和歌山地裁に提出した。

しかし2017327日、地裁は「(中井鑑定の)証明力が減退したこと自体は否定しがたい」が、「それだけで有罪認定に合理的な疑いが生じるわけではない」とし、再審請求を棄却した。

弁護団は、大阪高裁に即時抗告を行うとともに、ヒ素鑑定を行った中井泉らを相手取り、6500万円の損害賠償を求める民事訴訟を提起した。

民事訴訟は再審への突破口となるのだろうか。それとも林真須美は、このまま大阪拘置所で一生を終えることになるのだろうか。いずれにしても、和歌山カレー事件はまだ終わっていない。

(文中、敬称略)

★豆腐の常温販売が解禁! 「豆腐は足が早い説」はなぜ広まったのか?

citrus2018717 180分】

http://news.livedoor.com/article/detail/15024820/

先日「7月中旬にも豆腐の常温販売が解禁!」というニュースが配信されました。このニュースを聞いて思わず「おっ! ようやく!」と小さく声を上げてしまいました。実はこの12年、急激に進んでいた動きだったのですが、報道からは具体的な時期が見えてなかったのです。

日本は「食の安全」にまつわる「規制緩和」については非常に慎重です。とりわけすでにある規制を解除するのに、科学的なエビデンスや蓄積された(健康被害にまつわる)データは当然ではあるのですが、日本ではさらに慎重に慎重を重ねた検討が重ねられます。

今回の「豆腐の常温販売解禁」は技術としては可能でも法律で制限がかけられたものについては、国が舵を切り直してくれないとどうにもならない典型例でした。

実は日本でも常温販売できる無菌充填豆腐は製造されています。といっても国内向けではなく、欧州等諸外国向け。1986年から無菌充填豆腐は常温で輸出されています。その量、過去10年間でおよそ5995トン。さらにはアメリカでもこの10年で約52000トンが現地製造されています。無菌充填豆腐は、技術としてはとうの昔に確立されていたのですが、国内には流通させられなかったのです。

現在、国内に流通する豆腐は1974(昭和49)年に定められた製造・保存の基準に沿っています。

今回、厚生労働省が豆腐の規格基準の改正を視野に入れ、食品安全委員会にリスク評価を依頼。結果、「120℃4分間の加熱殺菌」というレトルト食品と同等の加熱をすることで、ボツリヌス菌やセレウス菌といった食中毒菌を死滅させ、一定期間保存ができる要件を満たすことに。常温保存可能な無菌充填豆腐がいよいよ国内にも流通することになりそうです。

■豆腐と食中毒の歴史

それにしてもいまひとつわからないのが、豆腐と食中毒の関係です。少なくとも僕自身は「豆腐で食中毒になった」という人に会ったことはありませんし、報道等でも見かけた記憶はありません。そこで明治時代までさかのぼって新聞記事を調べてみました。

古いところだと、1882(明治15)年には流行病に詳しい識者の言として紹介された「コレラを引き起こしかねない食べ合わせの悪いもの」に「焼酒(しょうちう)に豆腐」(原文ママ)とあります。そのほかにも「青海苔に生蕎麦」「素麺に木ノ子」「蟹に氷」など現代では普通に提供されそうなメニューもありますが、これらには(注:ダジャレではありません)ある共通項があります。

1923(大正12)年には腸チフスの流行に警鐘を鳴らす記事で、アイスクリームや魚と並んでやはり豆腐がやり玉に上げられました。この当時は大腸菌に汚染された井戸水を食品に使用して食中毒が起きてしまっていたのです。豆腐を水に浸けて保存するのは昔もいまも変わりませんが、飲用に向かない井戸水で食品の保管をしたところ、豆腐や魚が菌に汚染されてしまったということのよう。実際、当時の朝日新聞でも「殊に冷奴豆腐等はテキメンと思はねばならぬ」と生食のリスクを指摘しています。

そのほか、現代までの間の新聞記事をあれこれ調べてみましたが、豆腐における食中毒は冷蔵設備が調う前の時代の話。常温で腐敗させたか、飲料用ではない井戸水に放って雑菌を繁殖させた記録以外に「豆腐で食中毒」という記述は確認できませんでした。

徐々に冷蔵設備がととのってくる昭和以降となると、ますます「豆腐」と「食中毒」の関連を思わせる記事は少なくなります。あったとしても「濡れ衣」ばかり。

例えば1928(昭和3)年、「豆腐を食べて一家族苦悶」という記事(36日付朝日新聞・東京夕刊)がありましたが、この記事には「ねこいらず混入の疑ひ」というサブタイトルがついていました。ちなみに猫いらずとは黄燐や亜砒酸で作った殺鼠剤のこと。経緯は不明ながら毒物が混入してしまったという例で製品に罪はありません。「どくいりきけん たべたらしぬで」事案でしたが、記事は「幸ひ四人とも生命は取止めた」(原文ママ)と結ばれていました(ホッ……)。

もうひとつは1970(昭和45)年に起きた「たまご豆腐中毒事件」。岐阜、愛知、滋賀の3県でたまご豆腐を食べたことによる死者2名を含む415人の食中毒患者が出た事件だ。製造過程に問題があったが、こちらは豆腐といっても「たまご豆腐」。原料卵に付着していたサルモネラ菌が製品内で増殖したことが食中毒の原因で、通常の豆腐では考えにくい事案でした。

まとめると「豆腐は足が早い説」は次のような展開で定着していったと推察されます。

1.戦前、冷蔵設備や上水道が整備される前は大腸菌に汚染された井戸水があった。

2.その井戸水で保存した豆腐を食べ、食中毒を発症するケースが散見された。

3.「豆腐には食中毒リスクがある」という噂が「豆腐は足が早い」という言説に転じた。

本来、食中毒リスクがあったのは井戸水。その井戸水で保存された豆腐を生食したところ、食中毒になる例が多発し、食中毒の原因食品かのようなイメージが豆腐についてしまった。つまり物事の原因と結果を整理せず、イメージだけが独り歩きしたというパターンと言えそうです。

ちなみに上記3に似たロジックとしては「新鮮な朝びき鳥の鳥刺しだから安全」というようなデタラメがときどき聞こえてきますが、鶏肉に由来するカンピロバクター食中毒はどんなに新鮮な鶏肉でもリスクはあります。

カンピロバクター汚染は鶏の解体時に起きるケースがほとんどで、過去の調査を見てみると、汚染率は低いもので20%程度からなかには100%という結果が出た調査もございます。豆腐の記事ではありますが、テーマからそれつつ「鶏肉の生食はダメ。絶対」という本稿中でもっとも大切なことを最後に申し添えて、本日の原稿を締めくくらせていただこうと思います。ありがとうふございました。

 

2018年7月14日 (土)

2018年7月13日号PDF版最終便

2018年7月13日号PDF版最終便です。

写真等が見られます。

「2018.7.13号最終便.pdf」をダウンロード

2018年7月13日号

     
 

食中毒

 

週刊ネットニュース

 
 

2018年7月13日号

 

編集発行:笹井 勉

 

食品衛生アドバイザー

 

(元墨田区食品衛生監視員)

 
 

*このニュースは版権をクリアしているものでありませんので、個人用として使用してください

 

【注意】:2018年7月13日までにネット上等で食中毒や食の安全に関する情報で発表のあったものを個人的にまとめて編集したものです。見出しは編集してあります。版権をクリアしたものではありません。食の安全、食品取扱者の衛生教育用(朝礼など)に使うことを目的にしていますので、事例を参考に「食中毒事故防止」や「食の安全な取り扱い」に役立ていただければ幸いです。

申し訳ありませんが、もし不都合な掲載があった場合はこちらsa19452004@yahoo.co.jpに連絡していただければただちに削除します。

トピックス

★豪雨 避難生活 食中毒に注意呼びかけ

【NHKNEWSWEB2018711 415分豪雨 生活・支援】

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180711/k10011527371000.html

今回の西日本を中心とした記録的な豪雨では、今も多くの人が避難生活を強いられていますが、過去の災害では避難所で作られた食事などで食中毒が起きていることから、消費者庁は公式ツイッターなどを通じて注意を呼びかけています。

消費者庁によりますと、おととしの熊本地震の際には、避難所となっていた小学校で昼食に配られたおにぎりによって避難していた人たちの間で食中毒が起きたほか、平成24年の大雨災害の際も、京都府宇治市で救援物資として配られたおにぎりによって食中毒が起きています。

今回の記録的豪雨の被災地は各地で気温が上がっていて、避難所では、黄色ブドウ球菌のほか、カレーなどの煮込み料理を冷ます間にウエルシュ菌が増殖して食中毒を引き起こすおそれもあるということです。

このため、消費者庁は、食事の際には手をよく洗い、おにぎりなどは素手では握らずラップなどを使うとともに、炊き出しの料理は作り置きせずに食べきるなど、食中毒対策を入念に行うよう呼びかけています。

一方、過去にも、被災地では災害に便乗した悪質な商法が相次いでいることから、福井消費者担当大臣は10日の閣議のあとの記者会見で、「不審な電話や訪問があれば消費者ホットライン『188』番に電話をかけ相談してほしい」と呼びかけています。

★【豪雨被災者のみなさま】食中毒にならないように気をつけてください

【岡山県2018711日発表】

http://www.pref.okayama.jp/page/566748.html

被災者のみなさま

◆天気予報によると、被災地ではしばらく真夏日が続くようです。

 避難所などでは、出された食事はできるだけ早く食べるようにしてください。

※昼に出された食事を夜まで取っておかないようにしてください。(期限内の配布品は温度管理に気をつけて保存してください。)

◆調理や配布、食事の前には、手をきれいにしてください。(流水による手洗いができれば一番よいです。)

※水が十分に確保できない場合には、ウエットティッシュ等を活用してください。手がきれいにできない場合は、食品を直接手で触れないように注意してください。

食事を提供されるみなさま

◆おにぎりを握る時は、素手ではなくラップを用いて握ってください。

◆体調の悪い方は無理をせずに、食品の調理や配布を行わないようにしてください。

◆支援品の保存は、風通しの良い、日の当たらない場所に保存するようにしてください。

★被災地で片付け、感染症防ぐには 泥水には地中の細菌も

【朝日新聞デジタル20187110507分】

https://digital.asahi.com/articles/ASL797HSTL79ULBJ014.html

日本環境感染学会は10日、西日本を襲った豪雨の被災地で注意すべき衛生面の対策をまとめて公表した。暑い時期は食中毒のリスクが高くなるほか、水害で流入した泥水は下水や家畜のふん尿、普段は地中深くにいる細菌を含んでいる。学会担当者は「片付け作業の際には感染症に注意をしてほしい」と呼びかけている。

豪雨被災地での衛生対策

 学会がまとめた対策によると、食中毒を防ぐため、暑い所に長時間おかれた食事や中まで火が通っていない肉などは食べるのを控える。食事前には手をせっけんと流水で洗い、アルコールで消毒する。避難所で急性胃腸炎の感染拡大を防ぐため、タオルの貸し借りは避ける。

 西日本はマダニにかまれて感染する重症熱性血小板減少症候群や、蚊に刺されてかかる日本脳炎の患者が多い。肌の露出を減らし、虫よけスプレーを使う。

 片付け中にけがをすると、傷口から土の中にいる破傷風菌に感染する恐れがある。口が開けにくくなるなどの症状が出て、体中の筋肉が硬直して全身のけいれん発作が起きて死に至ることもある。レジオネラ症や家畜などの尿を介して広がるレプトスピラ症の原因菌も土や川にいて、菌を吸い込んだり、触れたりすると感染する。発熱や筋肉痛などの症状が出る。

 家を片付ける時は、厚手のゴム手袋とゴム長靴、マスクを着用し、ゴーグルがある場合は目も保護して作業する。床や壁、調理台などは水と洗剤で洗い流し、泥などを取り除く。衣類、布類は80度以上の熱水に10分以上つけた後に洗濯し、乾燥させる。

 消毒は泥や汚れを取り除き、乾かした後で行う。家庭用塩素系漂白剤など市販の消毒液は濃度が様々で、使用上の注意に従って使う。消毒液が肌についた場合は大量の水で十分に洗い流す。噴霧タイプの消毒液は吸い込んでしまう恐れがあるので避ける。

 対策は、学会のホームページ(http://www.kankyokansen.org/別ウインドウで開きます)に掲載されている。(水戸部六美)

避難所に住民集中、酷暑リスクも

 「熱中症なのかなあ」

 岡山県倉敷市の真備(まび)町地区。10日、避難所となっている市立岡田小学校の体育館で横になっていた妻(77)のそばで、金子繁造さん(80)がつぶやいた。妻は朝から頭痛。冷たいペットボトルをおでこにあて、静かに休んでいた。この日の倉敷市は最高気温が32・8度と、今年最高を記録した。

 岡田小に派遣された医師によると、10日だけで少なくとも5人が熱中症の症状を訴えた。県内の企業からビールケースほどの発泡スチロール箱に入った氷が20箱届けられ、さっそくペットボトルの飲料水を冷やすのに使われていた。

 真備町地区では大規模な冠水により、地区の半数近い住宅や建物が被災。被害が土砂災害のような「点」ではなく「面」であったことで、一度に多くの住民が避難者となった。

 倉敷市は真備町地区の4カ所を含め、10日時点で約20カ所の避難所を開設。避難者は真備町地区の約2200人を含め、計約2500人にのぼっている。

 地区の市立薗小学校には10日、クーラーが設置された。これまで「暑くて夜も寝られない」との声が上がっていた。

 一時800人を数えた避難者はほかの避難所に移るなどして約300人に減ったものの、当初は「トイレ問題」も起きていた。7日午前に断水が発生。屋内のトイレを使った後はポリ袋にトイレットペーパーを入れてごみ箱に捨て、便器内はあらかじめプールからくんでおいたバケツの水で流すことを余儀なくされた。

 その後、屋外にはテントで人目に触れないようにした簡易トイレが設置されたが、たまった汚物袋をごみ箱に捨てなければいけないため、「不人気だった」と市の担当者。トイレ周辺は悪臭が漂っていたが、10日夕に小学校の水道が復旧。再び使えるようになった。

 伊東香織・倉敷市長は10日夜、避難所の対応について「暑さ対策の支援物資も呼びかけたい」と述べた。

広島で避難中の80代死亡

 土砂崩れなどで12人が死亡した広島県東広島市。約20人が避難している同市安芸津(あきつ)町の安芸津文化福祉センターでは8日夜、80代の女性が病院に搬送され、亡くなった。夕食後横になっていた女性が息をしていないのに周囲の人が気づき、通報した。同センターではクーラーを備え、飲料水も常備して熱中症対策を取っていたという。

 県内の各地の避難所では、避難者の健康状態を守るための取り組みが進められている。10日夕に約40人が避難している同市黒瀬町の黒瀬保健福祉センターでは、入り口前に「ホースで泥を落として入ってください」との看板がある。衛生面での配慮のためだ。また高齢者が多いため、保健師が常駐し、血圧のチェックや声かけを実施している。

 地元企業などから保存食や飲料水の提供を受けているほか、11日以降には畳数十枚が届く予定だ。運営を担当する同市の男性職員は「被害が大きく、滞在が長くなる方が多いと思う。少しでも快適に過ごしていただきたい」と話した。

 広島県では約4300人(10日午後1時45分時点の総務省消防庁のまとめ)が避難している。

 自宅庭が濁流にのまれ、同センターに避難した川崎猛さん(78)は「クーラーもあるし、炊き出しもしてもらえる。恵まれていると思うが、自宅での生活にいつ戻れるか考えると不安」と話した。

★大阪)O157集団食中毒 堺市で追悼のつどい

【朝日新聞デジタル20187130300分】

https://digital.asahi.com/articles/ASL7D41HHL7DPPTB003.html

大阪府堺市の学校給食で22年前に起きた病原性大腸菌O(オー)157の集団食中毒で、市と市教育委員会は12日、犠牲者を悼み、再発防止を誓うつどいを開いた。市役所玄関の追悼碑「永遠(とわ)に」の前で231人が参列。竹山修身市長は「市民の健康な生活を守れるよう全力を挙げる」と述べた。

 集団食中毒は1996年7月12日夜から、小学生や教員ら9523人が発症。女児3人が亡くなり、2015年10月にも当時小学生だった25歳の女性が後遺症で亡くなった。

 当時、救急対応にあたった岡原猛・市医師会長も参列。取材に対し、「当時を知る市職員も退職しているが、教訓を忘れないようにしてほしい」と話した。

 市教委によると、これまで死亡した4人の遺族を含む9108人に7億6661万円の補償金を支払った。10世帯11人と合意できていないほか、15人が経過観察を続けている。(加戸靖史)

1 食中毒

ノロウイルス・サポウイルス (生カキや感染した調理人の手指等からの汚染が原因に)

該当する記事は見つかりませんでした。

.その他のウイルスA型、E型肝炎ウイルス、ロタウイルスなど)

該当する記事は見つかりませんでした。

病原大腸菌(O157は牛の腸内に、その他の病原大腸菌は外国より持ち込まれたり、汚れた調理環境などが原因に)

★東京都:武蔵野市の焼肉店で6人が食中毒 腸管出血性大腸菌O157

【東京都公表 20180711(抜粋)

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/ihan/kouhyou.html

 業種等 飲食店営業

 施設の名称及び営業者氏名等 (施設の名称) 昌里亭 

(営業者氏名) 株式会社昌里亭(代表取締役) 阿部 健一 東京都武蔵野市境一丁目23

 施設所在地等 東京都武蔵野市境一丁目23

 主な適用条項 食品衛生法第6条及び第50条第3項の規定に違反したため、同法第54条及び第55条を適用

 不利益処分等を行った理由 食中毒 

 不利益処分等の内容 710日から713日まで営業停止及び取扱改善命令

 備考 (711日現在の状況)

 原因食品:624日(日)から627日(水)までに当該施設で調理し提供した食事

 提供した食事の主なメニュー:焼肉、サラダ、冷麺、キムチ等

 病因物質:腸管出血性大腸菌O157

 626日から患者6名が腹痛、下痢(血便)、発熱等を発症

 営業者は77日から当該施設の営業を自粛

★横浜市の焼肉店で1人が食中毒 腸管出血性大腸菌O157

【横浜市記者発表資料平成30年7月9日(抜粋)

http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/syoku-anzen/1-2/180709press.pdf

腸管出血性大腸菌Oオー157食中毒の発生について

横浜市内で次のとおり食中毒が発生したため、横浜市保健所は平成30年7月9日(月)2100分に、 原因施設に対し営業禁止処分を行いましたのでお知らせします。

1 経過

平成30年6月20日(水)1250分、南区内の医療機関から、腸管出血性大腸菌感染症発生届が南福祉

保健センターあてに提出され、直ちに調査を開始しました。

患者は6月8日(金)20時ごろに南区内の飲食店を2人で利用していました。

2 調査の状況

(1)患者1人及び従業員1人から腸管出血性大腸菌O157が検出され、菌の遺伝子パターンが一致しました。

なお、厚生労働省が6月15日に発表した広域発生事案の腸管出血性大腸菌O157とは異なる遺伝子パターンでした。

(2)患者の症状・潜伏時間は、腸管出血性大腸菌O157の特徴と一致していました。

(3)患者1人及び従業員1人に、他に共通の感染経路はありませんでした。

3 当該施設の利用者数及び患者の状況

利用日  6月8日(金)  利用者総数  10

患者数  1人 (60歳代女性)  患者の発症日  6月11日(月)

症状  腹痛、下痢(血便)等

4 原因と措置

原因食品  平成30年6月8日(金)に原因施設で提供された食事

病因物質  腸管出血性大腸菌O157

原因施設  営 業 者 :有限会社エンターポート (横浜市南区井土ケ谷上町2223

取締役 笠井 武史  所在地 :横浜市南区井土ケ谷上町2220

名称 :焼肉処 くらや  業種 :飲食店(一般食堂)

措置 調査を行った横浜市保健所では、当該施設に対し、7月9日(月)2100分に営業禁止処分を行いました。

【患者グループへの提供メニュー】

焼肉(上タン塩、ロース、シロコロホルモン、ハラミ)、キムチ、ライス、レモンサワー、果実酒

5 検査状況 (市衛生研究所で実施)

                       
 

検体

 
 

検体数

 
 

検査結果

 
 

患者の検便

 
 

1検体

 
 

1検体から腸管出血性大腸菌O157 検出

 
 

従業員の検便

 
 

4検体

 
 

1検体から腸管出血性大腸菌O157検出

 

3検体は腸管出血性大腸菌O157不検出

 
 

食材(参考品)

 
 

5検体 タン、カルビ、ロース、キムチ、 焼肉レタス

 
 

5検体は腸管出血性大腸菌O157不検出

 

6 呼びかけ

当該施設を利用した後に消化器症状(腹痛、下痢等)があった方は、最寄りの区福祉保健センター生活衛生課にお申し出ください。

サルモネラ属菌食中毒(食肉や鶏卵などが原因)

★東京都:港区の飲食店で8人が食中毒 サルモネラ・カンピロバクター

【港区公表平成3076(抜粋)

http://www.city.minato.tokyo.jp/shokuhinkanshi1/kurashi/shokuhin/anzen/kyoka.html

業種等 飲食店営業

施設の名称および施設の所在地 施設の名称 飛騨産直食堂 おりんち

施設の所在地 東京都港区虎ノ門一丁目513号 虎ノ門UKビル1

営業者氏名および営業者住所等 営業者氏名 株式会社Planter 代表取締役 冨士田 俊洋

 営業者住所 東京都港区西新橋一丁目812

不利益処分等を行った理由 食中毒の発生

 原因食品 615日に提供された会食料理(加熱不十分な鶏肉料理を含む)

原因物質 カンピロバクター及びサルモネラ

主な適用条項 食品衛生法第6条第3号、第50条第3項及び第51条の規定に違反するので同法第54条第1項、第55条第1項及び第56条を適用

不利益処分等の内容 平成3076日から平成30712日(7日間)の営業停止並びに施設及び取扱改善命令

備考 公表時の患者数:8

カンピロバクターは、主に鶏、豚、牛などの腸管に分布しています。食品や飲料水をとおしてヒトの体内に入ると腸管内で増殖し、感染後2から7日位の潜伏期間の後、腹痛・下痢・発熱等の症状があらわれます。主な原因食品としては生の食肉、レバ刺し、加熱不十分の食肉や二次汚染を受けたサラダ等です。

サルモネラは、食品等と一緒に口から摂取されると、腸管内で増殖し、おおむね8から72時間の潜伏時間の後、下痢、腹痛、発熱などの症状を引き起こします。主な原因食品としては不適切な取扱いをされた鶏肉や食肉、二次汚染を受けた食品等です。

黄色ブドウ菌(手指の傷などについて、弁当やおにぎりなどで起きます)

★埼玉県:川越市の病院の昼食で12人が食中毒 黄色ブドウ球菌

【埼玉新聞2018714()

http://www.saitama-np.co.jp/news/2018/07/14/06_.html

川越市保健所は13日、同市古谷上の愛和病院で昼食を食べた職員12人が嘔吐(おうと)や下痢の症状を訴え、うち8人の便から食中毒の原因となる黄色ブドウ球菌が検出されたと発表した。

同保健所は食中毒と断定し、昼食を提供した同病院の給食施設「アイワキッチン」を、同日から3日間の給食停止処分にした。12人は快方に向かっている。

市食品・環境衛生課によると、8日午後5時ごろ、同病院から「本日の昼食後、職員7人が嘔吐、下痢の症状が出ている」との連絡が同保健所に寄せられた。昼食はバイキング(ナスと肉団子のそぼろあんかけ、ウナギと山芋の和え物、ゴボウのサラダ、キムチ鍋、ヒジキの煮物など)形式で、職員30人が食事をした。

腸炎ビブリオ(夏場魚介類に付いてくる菌、刺身などで発生する)

該当する記事は見つかりませんでした。

ウエルシュ菌(加熱済みの食品の前日調理などで起きます。給食病と言われています)

該当する記事は見つかりませんでした。

セレウス菌(加熱済みの米飯、パスタなどで起きます。)

★郡山市の中華料理店で7人が食中毒 病因物質調査中

【NHK東北NEWSWEB20180709日 1952分】

https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20180709/6050001754.html

7日、郡山市の中華料理店で食事をした7人が、下痢やおう吐などの症状を訴え、郡山市保健所は食中毒と断定し、この店を9日から3日間の営業停止処分にしました。

 7人はいずれも快方に向かっているということです。

 郡山市保健所によりますと、7日の夜、郡山市の中華料理屋「龍宮城西ノ内店」で食事をした5歳から74歳までの男女7人が下痢やおう吐などの症状を訴え、病院で手当てを受けました。

 7人は、いずれも症状は軽く、快方に向かっているということです。

 病院から連絡を受けた郡山市保健所は、症状があらわれた時間や訴えた症状がほほ同じで、全員がチャーハンを食べていたことから、チャーハンが原因の食中毒と断定し、この店を9日から3日間の営業停止処分にしました。

 郡山市保健所によりますと、原因となった菌の種類は特定されていませんが、店の担当者が、「朝、仕込みを行ったチャーハンを冷蔵庫に入れる前に2時間から3時間ほど冷ましていた」と話していて、保健所は、温度管理が不十分だったことが原因の可能性があるとみて調べています。

 保健所では、気温が高くなるこれからの時期は、食品が傷みやすく食中毒が増える傾向にあるとして、食品の管理に注意するよう呼びかけています。

カンピロバクター食中毒(鶏肉の生食、沢水、未殺菌井戸水が原因)

★北海道:帯広市の飲食店で4人食中毒 カンピロバクター

【北海道公表 平成30年7月14日(土)】

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kse/sho/iha/ihan180714.htm

 区分 食中毒の発生

 発生年月日 平成30年7月7日(土)

 患者数  4名

 患者の症状 下痢(水様性)、発熱、腹痛等 

 原因食品   当該施設が7月4日(水)に提供した食事 

 病因物質 カンピロバクター属菌

 原因施設

 施設名称 十勝北海道生産者直送 宴の一心 

 施設所在地 北海道帯広市西2条南9丁目16-18

 営業者氏名 株式会社エイムカンパニー 代表取締役  佐藤 慎吾

 業種名   飲食店営業

 行政処分等の内容及び措置状況等

 帯広保健所は、食品衛生法第55条第1項に基づき、営業者に対し、平成30年7月14日(土)から16日(月)までの3日間、当該施設厨房の営業停止を命ずるとともに、施設設備及び器具等の清掃・消毒の徹底、食品の衛生的な取扱い及び調理従事者に対する衛生教育の実施を指示した。 

★福島県:いわき市の飲食店で3人が食中毒 カンピロバクター

【いわき市発表201879(抜粋)

http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1530777911687/index.html

 市内の飲食店で食中毒が発生しましたのでお知らせします。

経緯

 平成3074日(水)に、市民より「623日(土)に市内の飲食店を4名で利用したが、その後、3名が下痢、発熱等の食中毒様症状を呈した」との通報を受け直ちに調査を開始しました。

調査結果

 調査の結果、発症状況及び喫食状況などの疫学的調査並びに微生物学的検査により、次の事項が判明したことから、本件を当該飲食店の食事を原因とする食中毒と断定しました。

 1. 発症者の共通食が当該飲食店の食事に限られる。

 2. 発症者便(2名)から、カンピロバクター・ジェジュニが検出された。

 3. 主な症状が、下痢、腹痛、発熱等であり、既知のカンピロバクターによる症状と一致する。

 4. 潜伏期間が41から85時間であり、既知のカンピロバクターの潜伏期間(1から7日で、通常2から3日)内である。

 5. 医師より食中毒患者等届出票が提出された。 

発生状況及び行政措置

発症者関係

発症日時  平成30年6月25日(月)午後0時00分から

症状  下痢、腹痛、頭痛、発熱、倦怠感

発症者数  総数 3名(623日の当該飲食店の利用者数:13名)

通院患者数 3名(入院なし。患者は快方に向かっている。)

原因食品 623日に提供された食事

注:主なメニュー: 焼鳥(鶏レバー、ハツ、もも等)、なんこつ唐揚げ、サラダなど

病因物質 カンピロバクター・ジェジュニ

原因施設 所在地:いわき市平字白銀町2-10

屋 号:焼鳥居酒屋旬じゅん゛平ぺい  営業者:草野 淳一

業 種:飲食店営業(軽料理店)

行政措置 営業停止処分 平成30年7月9日()から11日(水)までの3日間

★兵庫県:西脇市の飲食店、鶏の肝刺し等で3人が食中毒 カンピロバクター

【兵庫県2018710日発表】より

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf14/hw14_000000020.html

処分年月日平成30710日  発症日時:72日(月曜日)午前8

施設名称[営業者氏名]等 創作居酒屋のこあん [別所 真人]

業種 飲食店営業  施設所在地 西脇市和田町530

主な適用条項  食品衛生法第6

行政処分を行った理由  食中毒

病因物質  カンピロバクター・ジェジュニ

行政処分等の内容  営業停止3日間

喫食者数:21人   有症者数:3

 原因食品:71日(日曜日)に提供された食事(鶏の肝刺し、タコの天ぷら、鶏むね肉のたたき、鶏もも肉のゆず風味焼)

★東京都:千代田区の飲食店で食中毒 カンピロバクター

【千代田区公表平成30710(抜粋)

http://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kurashi/shokuhin/kanshi/ihansha.html

営業者の氏名(法人の場合は法人番号、名称、代表者名および所在地)

有限会社蓬莱 (注釈)代表取締役 前田 義夫(注釈) 蓬の正字は一点しんにょう

川崎市高津区諏訪一丁目35

施設の名称および所在地(名称) ジョニーとリー

(所在地) 東京都千代田区平河町二丁目112号 平河町グラスゲート1

業種  飲食店営業

処分等の対象となった違反食品等 615日に提供した食事(加熱不十分な鶏肉を含む)

処分を行った理由  食中毒の発生

処分の内容 営業停止命令(平成30710日から同年716日までの7日間)

施設改善命令 取扱改善命令

処分等を行った措置状況 発症者のふん便から、カンピロバクターが検出されています。

★群馬県:高崎市の飲食店、焼き鳥で5人が食中毒 カンピロバクター

【毎日新聞2018710日 地方版】

https://mainichi.jp/articles/20180710/ddl/k10/040/087000c

 高崎市保健所は9日、高崎市柳川町の飲食店「なべちゃん」で飲食した20代男女5人がカンピロバクターによる食中毒を発症し、店を9日から3日間の営業停止処分にしたと発表した。6月23日夜、8人で飲食、25~28日に5人が下痢、腹痛などの食中毒症状を訴えた。1人が入院中だが、全員快方に向かっているという。

【高崎市公表201879日】

http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014011801615/

市内の飲食店で発生した食中毒について

平成3075日(木)午前1030分頃、市内の医療機関から、「入院患者の検便からカンピロバクターが出ており、食中毒の疑いがある」旨の電話連絡が高崎市保健所にありました。調査の結果、入院患者を含め8名のグループが平成30623日(土)に下記飲食店を利用し、8名中5名が下痢、腹痛等の症状を呈していることが判明しました。患者便からカンピロバクターが検出されたこと、患者を診察した医師より食中毒患者届出票が提出されたこと等から、高崎市保健所は、当該飲食店が提供した食事による食中毒と断定し、3日間の営業停止の処分を行いました。

営業者の氏名  渡邉 嵩央

原因食品(推定) 焼鳥(白レバー)等

施設の名称及び所在地 名称:なべちゃん 所在地:高崎市柳川町16-3

行政処分を行った理由 

平成30623日(土)に当該施設において調理提供された料理を喫食した8名中5名に対して、下痢、腹痛、発熱等を主症状とするカンピロバクターによる健康被害を生じさせたため。

行政処分の内容及び措置状況   営業停止 3日間(平成3079日~711日)

エルシニア菌(低温発育菌、ブタが保菌しており、豚肉の汚染が高い)

該当する記事は見つかりませんでした。

化学物資による食中毒(魚のヒスタミンや洗浄剤の誤飲など)

該当する記事は見つかりませんでした。

寄生虫による食中毒(魚介類のアニサキスやクドアや、獣肉類など)

★東京都:荒川区の飲食店、握り寿司で1人が食中毒 アニサキス

【荒川区公表平成30710日(抜粋)】

https://www.city.arakawa.tokyo.jp/kenko/hokeneisei/shokuhineisei/shokuchudoku/KOUHYOU.html

業種等  飲食店営業

施設の名称及び営業者氏名等 施設の名称 角上魚類 南千住店

営業者氏名 角上魚類株式会社  代表者   柳下 浩伸(※注釈 正しくは柳は木へんに夘)

営業者住所 埼玉県さいたま市岩槻区美園東二丁目16番地5

施設所在地等  荒川区南千住四丁目72号 LaLaTerrace A101

主な適用条項  食品衛生法第6条第4号違反 同法第55条第1項適用

行政処分等を行った理由  食中毒の発生

行政処分等の内容  営業停止1日間(平成30710日)

備考

原因食品 平成3073日に当該施設で製造された握りずし

原因物質 アニサキス

平成3074日から患者1名が腹痛等の症状を発症

★福島県:矢吹町の販売店で1人が食中毒 アニサキス

【福島県公表2018712日】

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21045e/syokutyuudoku-joukyou.html

発生日79

原因施設 販売店 所在地 矢吹町

摂食者 4人 患者 1人 

原因食品 79日に購入したカツオの刺身

病因物質 寄生虫 アニサキス

★群馬県:前橋市の魚介類販売業で販売した刺身で1人が食中毒 アニサキス

【前橋市公表201878()(抜粋)

http://www.city.maebashi.gunma.jp/kurashi/42/141/392/shokuchu300706.html

 前橋市内の魚介類販売店が加工・販売した刺身によるアニサキス食中毒が発生しました。

  事件の概要は以下のとおりです。

原因施設

施設の名称:魚店 所在地:前橋市駒形町1050-2営業者:細井 孝

違反内容  食品衛生法第6条違反

調査結果

 保健所への通報に基づき、患者への聞き取り、原因施設の調査などを実施したところ、喫食者6人中の1人が吐き気、腹痛を呈していることがわかり、以下のことも判明しました。

患者の刺身の喫食から発症までの潜伏期間がアニサキス症によるものと一致しました。

刺身の中に、冷凍処理が施されていないヒラメがありました。刺身以外にアニサキス症を疑う食品の喫食がありませんでした。 胃内視鏡検査でアニサキスが摘出されました。

患者を診察した医師から、食中毒発生届が提出されました。

 以上のことから、原因施設が調理・販売した食品による食中毒と断定しました。

施設の措置

営業停止命令1日間(平成3078日(日)から平成3078日(日))

★東京都小金井市の魚介類販売業、カツオの刺身で1人が食中毒 アニサキス

【東京都公表20180706日】

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/ihan/kouhyou.html

業種等 魚介類販売業 

施設の名称及び営業者氏名等 (施設の名称)スーパーなかや

(営業者氏名) 戸山商事株式会社(代表取締役) 相羽 昭

東京都東久留米市東本町1421

施設所在地等 東京都小金井市東町四丁目3826号 トーケンプラザB1F

 主な適用条項 食品衛生法第6条の規定に違反したため、同法第55条を適用

 不利益処分等を行った理由 食中毒 

 不利益処分等の内容 営業停止命令(76日)

 備考 (76日現在の状況)

 原因食品:627日に当該施設で加工し販売した「カツオ(刺身用)

 病因物質:アニサキス

627日から患者1名が腹痛等を発症

★アニサキス食中毒にご注意ください

【福島県掲載日:201875日更新】

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21045e/anisakis2018.html

1.福島県で多発しています!

平成29年は11件、平成30年は6月末時点で30件のアニサキス食中毒が報告され、増加傾向となっています。

なお、県内の発生地域に大きな偏りは見られません。

報告件数(福島県) 地域別発生状況

 

2.アニサキス食中毒について

【アニサキス(幼虫)の特徴】

•線虫の一種で、長さ2~3cm、幅0.5~1mmの白い糸のように見えます。

•サバ、イワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどの様々な魚介類に寄生します。

•魚介類の内臓に寄生したアニサキスは、鮮度の低下と共に筋肉に移動するとの報告が知られています。

【アニサキス食中毒の症状】

 アニサキス幼虫が寄生している鮮魚介類を食べた後、胃壁または腸壁にアニサキス幼虫が刺入し、アニサキス症となります。報告される症例のほとんどは胃アニサキス症です。

1.急性胃アニサキス症 : 数時間から十数時間後にみぞおちの激しい痛み、吐気や嘔吐を呈します。

2.急性腸アニサキス症 : 数十時間から数日後に激しい下腹部痛、腹膜炎症状を呈します。

鮮魚介類の喫食後、激しい腹痛があり、アニサキスによる食中毒が疑われる際は速やかに医療機関を受診してください。

3.アニサキス食中毒の原因魚種について

【カツオに注意】

•福島県内のアニサキス食中毒で原因魚種が特定又は推定された38事例のうち、25事例についてはカツオが原因でした。

•昨年までは、9月から12月にかけて患者が報告されていますので、今後も注意してください。

•なお、アニサキスはカツオ以外の様々な魚種にも寄生しますので、季節に関係なく注意が必要です。

4.予防対策について

【重要な対策】

 アニサキス食中毒を予防するためには、以下の対策が重要です。

•冷凍処理 ; -20で24時間以上の冷凍

•加熱処理 ; 60℃で1分間以上、70℃以上であれば瞬時

【それ以外の対応】

 上記が重要で確実な対策ですが、実施困難な場合は以下の対策を実施してください。

•魚を丸ごと1匹で購入又は仕入れた際は、速やかに内臓を取り除く

•目視でアニサキスの幼虫を除去する

【注意点】

•購入又は搬入後、速やかに内臓を除去しても、水揚げから長時間経過していた場合は、アニサキス幼虫がすでに内臓から筋肉へ移動している可能性があります。

•イカやアジなどに比べ、比較的厚めにスライスされるカツオは、アニサキス幼虫を目視で発見することは困難です。

•一般的な料理で使う食酢での処理、塩漬け、醤油やわさびを付けても、アニサキス幼虫は死滅しません。

植物性自然毒食中毒(キノコや山野草などの中毒)

該当する記事は見つかりませんでした。

.動物性自然毒食中毒(フグ中毒や貝毒など)

該当する記事は見つかりませんでした。

. その他の食中毒関係情報

該当する記事は見つかりませんでした。

2 感染性胃腸炎情報(食中毒に直結するノロウイルスやロタウイルス、夏場は腸管出血性大腸菌など、及びその他の集団感染情報です)

★和歌山県:岩出市・小学男児がO157感染

【毎日新聞2018711日 地方版】

https://mainichi.jp/articles/20180711/ddl/k30/040/370000c

 県は10日、岩出市内の小学男児1人が腸管出血性大腸菌O157に感染したと発表した。男児は快方に向かっているという。県によると、男児は5日に腹痛や血便などの症状が出たため医療機関を受診し、9日に検体からO157が検出された。県が感染経路を調べている。

★茨城県:龍ヶ崎市の幼稚園でノロウイルス集団感染

【NHK茨城NEWSWEB20180705日 1906分】

https://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20180705/1070003118.html

龍ケ崎市の私立幼稚園で今月2日までに34人の園児と職員が下痢やおう吐などの症状を訴え、このうち一部の園児と職員からノロウイルスが検出されました。

県は感染性胃腸炎の集団発生が起きたとみて、手洗いなどを徹底するよう呼びかけています。

県によりますと、先月26日から今月2日にかけて龍ケ崎市の「富士見幼稚園」で園児30人と職員4人の合わせて34人が下痢やおう吐などの症状を訴えました。

県の衛生研究所で検査したところ、園児と職員の合わせて5人からノロウイルスが検出され、県は感染性胃腸炎の集団発生が起きたとみて感染経路などを詳しく調べています。

園児と職員はいずれも症状は軽く、全員が快方に向かっているということです。

ノロウイルスの患者は例年、秋から春先にかけて増えますが、県は1年を通じて食事の前やトイレの後に手洗いをするなど、感染予防の対策を徹底するよう呼びかけています。該当する記事は見つかりませんでした。

3 異物混入(異物混入は危険なものはもちろんですが、健康障害を起こさない事例でも経済的な損失をきたします)

★「小さなシャウエッセン」の一部に樹脂片 日本ハム

【朝日新聞デジタル2018781901分】

https://digital.asahi.com/articles/ASL7855SSL78PLFA001.html

 日本ハムは8日、ソーセージ「小さなシャウエッセン85g(2個束)」を自主回収すると発表した。一部の商品に樹脂片が入っていたという。回収対象は計6520束。

 日本ハムによると、樹脂片は、工場で食材などを置くパレット(台)の一部。子会社の東北日本ハム(山形県酒田市)が製造した。7月2~5日、購入者から計3件の指摘があった。健康被害はないという。

 回収対象はパッケージ表面の右下にある賞味期限欄に「18.7.24.NH」と印字されている商品。料金着払いで東北日本ハムに送れば、代金相当額のクオカード(1束あたり500円)で返金する。問い合わせは平日午前9時~午後5時、日本ハムお客様サービス室(0120・276380)へ。(久保田侑暉)

★島根県:出雲市の小学校給食の豚汁に針状の異物 

【毎日新聞2018712日 地方版】

http://mainichi.jp/articles/20180712/ddl/k32/040/409000c

  出雲市教委は11日、市立塩冶小学校4年生の給食で提供された豚汁に、針金状の金属(長さ9ミリ、直径0・7ミリ)が混入していたと発表した。豚汁を食べた際に違和感があった児童が口から出して見つけた。けがはなかった。原因を調べている。

4 食の安全情報

<違反食品・自主回収等関係情報>

★キムチに大腸菌、回収命令 栃木の「道の駅」で販売 

【日経新聞社会2018/7/7 17:54

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32740100X00C18A7000000/

 栃木県は7日、「寿寿蘭食品」(同県真岡市)が6月下旬ごろ製造した白菜キムチから腸管出血性大腸菌O26を検出したとして、食品衛生法に基づく回収命令を出した。対象商品は450グラム入り15袋で、全て今月に「道の駅ましこ」(同県益子町)の店頭に並び、うち8袋が売れた。県は「買った人は食べずに返してほしい」としている。

 県によると、食べた場合は下痢や発熱、重症化すると激しい腹痛などが起きる恐れがある。現時点で健康被害は報告されていない。漬けものは菌が発生しやすく、県は年間計画で検査を実施。今回は寿寿蘭食品から提供を受け、検査した。〔共同〕

栃木県発表平成30(2018)年7月7日

180707白菜キムチO26gaiyou.pdf ( 68 KB )

違反食品(白菜キムチ)の回収命令について

1 概要

 平成30(2018)年7月2日に県東健康福祉センターが真岡市内の製造所から収去した白菜キムチか

ら腸管出血性大腸菌O26(VT+)が検出されたため、同センターは製造者に対して当該品の回収

を命令しました。

2 製造者

 製  造  者:萩原 光一(はぎわら こういち) 

 製造所名称 :寿寿蘭食品(すずらんしょくひん)

 製造所所在地:栃木県真岡市根本786-1

3 違反内容

 違反条項 :食品衛生法第6条第3号違反

  病原微生物により汚染され、又はその疑いがあり、人の健康を損なうおそれがあるもの。

 検査結果 :収去した白菜キムチから腸管出血性大腸菌O26(VT+)を検出

 検査機関 :栃木県保健環境センター

 結果判明日:平成30(2018)年7月7日

4 措置

 食品衛生法第54条に基づく回収命令(平成30(2018)年7月7日)

5 回収対象品

 名  称:白菜キムチ

 包装形態:合成樹脂製袋

 内容量 :450g

 販売者 :道の駅ましこ

 賞味期限:平成30(2018)年7月19

 出荷数量:15

6 販売店

 回収命令対象品は、「道の駅ましこ」のみで販売。

 販売店名称:道の駅 ましこ

 販売店住所:栃木県芳賀郡益子町長堤2271

 連 絡 先:0285-72-5530

 販売済み数:8袋(7/1~7/4)

※未販売品7袋は、製造者が販売店から回収済。

7 回収方法

 ・製造者または販売店へ、返品により回収

 ・消費者からの問い合わせには、製造者または販売店が対応

(問い合わせ先)  製造者:寿寿蘭食品 萩原 光一(電話:0285-81-6533

 販売店:道の駅ましこ(電話:0285-72-5530

購入者へ

 お手元に該当する製品がある場合は、食べずに販売店に返品してください。

○参考

 病原性大腸菌のうち、ベロ毒素(VT)と呼ばれる毒素を産生するものを腸管出血性大腸菌といい、初期症状は水溶性の下痢と発熱(38℃以下)等の風邪様症状を呈し、重症化すると激しい腹痛と血便を主症状とする出血性大腸炎を呈する。HUS(溶血性尿毒症症候群)を併発した場合、溶血性貧血、血小板減少及び急性腎不全等重篤な症状を呈する場合があります。

★長野県:松本市で国産豚のレバニラ炒め(中身は酢豚)を自主回収

【長野県掲載年月日 平成30710日】

https://www.pref.nagano.lg.jp/shokusei/kenko/shokuhin/shokuhin/shokuhin/jishukaishu.html

回収商品名  国産豚のレバニラ炒め(中身は酢豚)

包装形態・重量・容量・ ロット・期限表示、製造者等

包装形態:合成樹脂製トレイ入り

製造者 株式会社ツルヤ なぎさ店   長野県松本市渚1-7-1

消費期限:18.7.9 午後2時 201878日に上記店舗で販売されたもの

自主回収を行う事業者 株式会社ツルヤ なぎさ店 長野県松本市渚1丁目71

回収する理由 アレルゲン「卵」及び「りんご」の表示漏れ

回収する食品等を摂取し、 使用した場合に想定される健康への影響

「卵」及び「りんご」にアレルギーがある方は、アレルギー症状が出る恐れがあります。

回収についての問い合せ先、

問い合せ先  株式会社ツルヤ ツルヤなぎさ店 長野県松本市渚1-7-1

 電話 0263-29-46119302000

回収の方法  上記店舗による回収

回収開始年月日 平成3078

この食品を食べることによる健康被害の程度  B:アレルギー症状を起こす可能性のあるもの

★東京都:足立区カルビタンを販売禁止処分

【足立区公表平成30年7月6日】

http://www.city.adachi.tokyo.jp/sekatsuese/fukushi-kenko/ese/documents/karubi.pdf

違反食品名等 容器包装詰加圧加熱殺菌食品 GALBITANG(カルビタン)

賞味期限 2019.5.7

違反内容 食品衛生法第11条第2項違反

(容器包装詰加圧加熱殺菌食品の成分規格違反)

原産国 大韓民国

輸入者 株式会社K&J 代表取締役 高占淑

東京都足立区花畑四丁目10番13号

行政処分等の内容および措置状況 販売禁止命令

<アレルギー関係情報>

該当する記事は見つかりませんでした。

<食品表示関係情報>

★食品の栄養成分表示が義務化されました!

【いわき市更新日:2018712日】

http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1530855300808/index.html

食品表示基準(保健事項)とは

 食品表示基準(平成27年内閣府令第10号)は、食品表示法(平成25年法律第70号)に基づき、食品関連事業者が加工食品、生鮮食品又は添加物を販売する場合に適用される基準です。

  平成2741日に食品表示法が施行され、原則として全ての予め包装された一般消費者向けの加工食品及び添加物について栄養成分表示が義務付けられました。

  平成32331日までに製造又は加工・輸入されるものについては、食品表示法施行前の旧基準による表示が認められますが、表示の対象となる食品関連事業者の方は、計画的に準備をし、速やかに表示の切り替えをする必要があります。

食品表示基準(保健事項)の適用範囲

栄養成分表示が義務又は任意となる食品区分

 食品表示基準は、原則として全ての予め包装された加工食品、生鮮食品及び添加物に適用されますが、栄養成分表示については、一般用の加工食品及び添加物のみ表示が義務となります。生鮮食品や業務用の加工食品及び添加物については任意となります。(ただし、表示が義務となる区分であっても、条件を満たすものについては、栄養成分表示を省略できる場合又は要しない場合があります。)

栄養成分表示の対象となる表示媒体

 食品表示基準の適用対象となる表示媒体は、販売される食品の容器包装であり、店頭で表示されるポップやポスターなど、食品の容器包装以外のものに栄養成分表示する場合は、食品表示基準は適用されません。ただし、健康増進法(誇大表示の禁止)や景品表示法(優良誤認)等は適用対象です。

栄養成分表示をする際の表示区分

表示義務(基本5項目)

 熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム(食塩相当量で表示)

推奨表示

 飽和脂肪酸、食物繊維

任意表示

n-3系脂肪酸、n-6系脂肪酸、コレステロール、糖質、糖類、ミネラル類(ナトリウムを除く)、ビタミン類

 栄養成分表示を省略できる又は要しない食品

栄養成分表示を省略できる食品

 次のうちいずれかに該当する食品は、栄養成分表示を省略することができます。

  ただし、栄養成分表示をしようとする場合、特定保健用食品及び機能性表示食品は、これらに該当する場合であっても、食品表示基準に従って栄養成分表示をしなければなりません。

容器包装の表示可能面積がおおむね30平方センチメートル以下であるもの

酒類(酒税法第2条第1項に規定する酒類、アルコール一度以上のもの)

栄養の供給源として寄与の程度が小さいもの(次のabいずれかの要件を満たすもの)

a 日替わり弁当等、レシピが3日以内に変更される場合(サイクルメニューを除く) 

b 複数の部位を混合しているため都度原材料が変わるもの

 (例:合挽肉、切り落とし肉等の切身を使用した食肉加工品、白もつ等のうち複数の種類や部位を混合しているため都度原材料が変わるもの)

消費税法(昭和63年法律第108号)第9条第1項において消費税を納める義務が免除される事業者が販売するもの

 ただし、当分の間、「中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第5項に規定する小規模企業者が販売するもの」も省略できるものとします。 

消費税を納める義務が免除される事業者

 「消費税法(昭和63年法律第108号)第9条第1項において消費税を納める義務が免除される事業者」とは、事業者のうち、その課税期間に係る基準期間における課税売上高が1000万円以下である者を言います。この者に該当するか否かは、消費税法の判断基準になります。

「中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第5項に規定する小規模企業者」の判断基準は、当該事業年度の前事業年度において常時使用した従業員数が最多となった時点での数とし、当該事業年度の前事業年度の従業員数が20人(商業又はサービス業に属する事業を主たる事業として営む者については、5人)以下である場合は、当該事業年度は栄養成分表示を省略できます。

  また、当該事業年度中に従業員数が20人又は、商業又はサービス業に属する事業を主たる事業として営む者については5人を超えた場合は、翌年度は、原則として栄養成分表示の省略は認められませんが、翌年度の開始日から6か月間は栄養成分表示を省略できるものとします。

栄養成分表示を要しない食品

 次のうち、いずれかに該当する食品は、栄養成分表示を要しません。

  ただし、栄養成分表示をしようとする場合、特定保健用食品及び機能性表示食品は、食品表示基準に基づいて栄養成分表示を行う必要があります。

食品を製造し、又は加工した場所で販売する場合

 (ただし、スーパーマーケットのバックヤードで単に小分け等を行った加工食品をその場で販売する場合等は、これには該当しませんので、栄養成分表示が必要となります。)

不特定又は多数の者に対して譲渡(販売を除く)する場合

栄養成分表示の参考文書

<事業者向け>食品表示法に基づく栄養成分表示のためのガイドライン第2 (761KB)(PDF文書)

 

 詳しくは消費者庁のホームページをご確認ください。

健康や栄養に関する表示の制度について(消費者庁ホームページ)(外部リンク)

<HACCP・認証関係情報>

該当する記事は見つかりませんでした。

<給食関係情報>

★福知山市:全29校で給食休止 センターが被災

【両丹日日新聞2018711() 12:07配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00010000-rtn-l26

 京都府福知山市は11日から、市立29校(小学20校、中学9校)の給食を休止した。厚中問屋町の市学校給食センターが豪雨で浸水し、衛生面で万全を期すため。13日まで。
 給食センターは7日、そばを流れる弘法川があふれ、駐車場に深さ15センチほど泥水がたまり、地下配管ピットに浸水。食器の洗浄や汁物、煮物などの調理に使う上記ボイラーが故障した。

 豪雨が収まった週明けの9日は献立を変更して対応したが、その後は食器洗浄ができない状況。
 市センターは旧市と三和町、夜久野町の計18小学校と8中学校を受け持っている。大江町内を受け持つ大江センターは直接の被災はしていないが、食中毒など衛生面に配慮して11日から停止することにした。

★鹿児島県奄美市:完全ドライで衛生管理徹底 学校給食センター9月稼働 

【南海日日新聞2018711() 13:01配信】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00010003-nankainn-l46

鹿児島県の奄美市が同市名瀬朝戸に整備している市立学校給食センター施設がこのほど完成した。残る外構工事も近く完了する見込み。新センターは衛生面に配慮した完全ドライシステムを採用し、最大4千食分の処理能力がある。現行の自校方式は1学期で終了、2学期がスタートする93日から名瀬、住用両地区の小・中学校計18校分を調理、配送する計画。

 センター建設工事は昨年7月に着工した。鉄骨造2階建て(延べ床面積20558平方メートル)で、総事業費は約175600万円。配送車車庫も併設した。

  1階は下処理室や調理室、炊飯室、洗浄室などを配置。2階は調理員休憩室や会議室を備えた。調理風景を間近で見られる見学エリアを設けた。

 完全ドライシステムは床に水を流さず、乾いた状態で作業することで雑菌の繁殖をより抑えられる。二次汚染防止のため作業工程を一方通行にし、汚染・非汚染作業区域を区分した。食物アレルギーについては通常給食との2献立方式を実施する。

  龍和隆所長は「新センターは衛生管理を徹底したのが特徴。配送車の試運転を重ねて迂回路を設定し、災害時にも備える」などと話した。

  10日は市議会議員対象の見学会が開かれ、議員20人が参加した。

奄美の南海日日新聞

<ジビエ関係情報>

★千日前のジビエ専門店で「ジビエバーベキュー」 夏季限定で専用席設置 /大阪

【みんなの経済新聞ネットワーク2018711() 9:41配信】 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000011-minkei-l27

 大阪ミナミの千日前にあるジビエ専門店「KEMONO(ケモノ)」(大阪市中央区千日前1TEL 06-6213-2323)は71日、夏季限定でジビエバーベキュー席を設置した。運営はドーノジャパン(中央区)。(なんば経済新聞)

店前にバーベキュー席を新設

 「ジビエ」は、狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉のこと。同社の森島立彰社長が「農家の鳥獣被害の現状を知り、大阪にもジビエ文化を広めたい」との思いで、201712月に同店をオープンした。使用するジビエは、広島県福山市で狩猟したイノシシ肉やシカ肉が中心。焼き肉やステーキ、焼きしゃぶなど30種類以上のメニューをそろえる。

  夏季限定で用意したバーベキュー席は、店前に設置。ドラム缶コンロ1台と座席最大6席を用意し、炭焼きでジビエ料理を楽しめる。大阪でジビエバーベキューができるのは同店だけだという。席は事前予約制で、メニューは、アラカルトや食べ放題プラン(1人=3,500円)など自由に注文可能。客単価は4,0005,000円で、主な客層は20代男女が中心。そのほか店内には、カウンター席やテーブル席など24席を用意する。

  森島社長は「店前でやることで、通りかかる人にもジビエ文化を知ってもらえるのでは。地域活性化など社会貢献の一部になれば」と話した。

  営業時間は17時~24時。水曜定休。バーベキュー席は831日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

.<民泊関係情報>

★京都市の観光消費額、過去最高 外国人の消費額が牽引

【朝日新聞デジタル2018741928分】

https://digital.asahi.com/articles/ASL7452GJL74PLZB00F.html

 京都市は4日、2017年に市内で宿泊した人が前年より141万人増え、過去最高の1557万人だったと発表した。過去最高は4年連続。観光消費額も1兆1268億円で過去最高を記録した。市内の客室数が1年で5千室近く増え、訪日観光客らの受け入れが進んだ。

 宿泊客数には違法な「ヤミ民泊」の利用者は含まれず、市は17年のヤミ民泊利用者を約110万人と推計している。

 日帰りと宿泊を含めた観光客数は5362万人。5年続けて5千万人を超えたが、日本人の日帰り客が約350万人減り、全体では前年より160万人減った。外国人の宿泊客数は過去最高の353万人。2013年(113万人)からは3・1倍の急増ぶりだ。

 観光消費額は宿泊費のほか買い物代や飲食費、交通費などを含み、2割強(2632億円)を外国人の消費が占めた。1人あたりの平均で見ると、外国人の消費単価は3万4593円で日本人の1・9倍だった。(佐藤秀男)

★北海道)民泊届け出、なぜ札幌が全国1位?

【朝日新聞デジタル20187120300分】

https://digital.asahi.com/articles/ASL6M74S9L6MIIPE02R.html

 一般住宅に有料で人を泊める「民泊」のルールを定めた住宅宿泊事業法(民泊新法)。6月15日の施行から間もなく1カ月が経つ。同月29日までに届け出があった全国の物件は4911件。そのうち、自治体別で最も多かったのは、742件で15%を占めた札幌市だった。届け出の受理済み件数も、3451件のうち533件で最多。東京や大阪ではなく、なぜ札幌なのか。

 「新法で民泊のハードルが高まり、多くはやめていく。でも需要は逆に高まっているので、ハードルを超えさえすれば予約は確実に入る」。30代の男性は、こう話す。札幌市のワンルームマンションの空き室などで約2年、6件ほどのヤミ民泊を仲間と経営してきた。

 民泊はこれまで、旅館業法の許可を得るか、国家戦略特区内でないとできなかった。新法によって、都道府県などに届け出をし、受理されれば可能になったが、一方でハードルも生まれた。

 営業日数は「年間180日」が上限で、賃貸物件では持ち主の承諾が必要だ。自動火災報知設備などの設備をホテル並みにすることが求められる場合もある。「これまでの民泊の大半は持ち主にことわりなく営業しており、承諾が得られないため撤退するケースが多いのではないか」。男性は、こうみている。

 札幌で民泊がしやすい理由の一つが家賃相場の安さ。全国賃貸管理ビジネス協会のまとめによると、北海道内でさまざまな間取りの部屋を平均した今年1~5月の賃料は、東京都の平均賃料の66~70%。大阪府(79~85%)、愛知県(74~75%)と比べても割安だ。

 男性は「半年しか営業できないと採算を取るのが難しい東京に比べ、きちんと運用すれば利益が出ると踏んでいる人が多いのではないか」と話す。

 もう一つは、観光客の季節変動が東京などと比べて大きいことだ。

 札幌市内で民泊の届け出や相談の業務をしている行政書士の渡部隆太さん(33)は「札幌は観光客は多いが、来る時と来ない時の差がはっきりしており、営業日数が180日に制限されてもダメージが少ない」と指摘する。札幌ならコストに見合うとして、本州の事業者から物件紹介の相談を受けることもある。

 男性が扱っている物件でも、特に需要が高いのは7~9月と12月、「さっぽろ雪まつり」がある2月の計5カ月。「雪まつりの時期は1泊3万円でも埋まる。ホテルの予約が取れないか、取れてももっと高いから」。2月の売り上げは、順調なら1室20万~30万円に上り、観光客が少ない月の5万~10万円とは開きがある。

 予約はすべて仲介サイトを通じて受けており、雪まつりの時期は1カ月ほど前まで予約ができない状態にしておく。「ホテルが埋まり、周りの民泊も値段を上げてきたところで、ポンと高値で予約を受け付ける」。札幌ドームで人気アイドルのコンサートがある日も同じで、直前まで予約は受け付けない。大勢の宿泊が見込めるイベントの情報収集は欠かせないという。

 男性は新法にしたがって届け出を終え、既に受理された。来週にも営業を始める予定だ。「民泊を都合良く使おうとする新法の内容に不満はあるが、堂々と営業できるようになるのはメリットだ」と話す。

 渡部さんも「インバウンド需要に応えるため、空き室を宿泊施設として使える便利さは大きい」と民泊の意義を強調。「定着には事業者が法律を守り、イメージを上げていく努力が欠かせない」としている。(片山健志)

<職場環境関係情報>

該当する記事は見つかりませんでした。

<食糧自給関係情報>

該当する記事は見つかりませんでした。

<鳥インフルエンザ関係情報>

★「奇跡の水鳥」公開、鳥インフルから生還 東山動植物園

【朝日新聞デジタル2018751133分】

https://digital.asahi.com/articles/ASL724GB3L72OIPE00S.html

東山動植物園(名古屋市千種区)は5日、1年半前に鳥インフルエンザに感染しながらも生き延びた水鳥2羽を、再び一般公開した。高病原性鳥インフルエンザは致死率と感染力が高く、感染が確認された鳥は原則として殺処分されている。名古屋市の河村たかし市長は「奇跡の水鳥。見れば希望が出る」と来園を呼びかけている。

 一般公開されたのはコクチョウ(雌、34歳)とマガモ(雄、7歳)の2羽で、この日午前10時半に園内の「古代池」に放された。別々のケージから歩み出ると、悠々と池を泳ぎ始めた。

 同園では2016年11月末以降、飼育する13羽の鳥が相次いで高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)に感染した。8羽が死に、2羽は殺処分されたが、コクチョウ2羽とマガモ1羽は症状が出ていなかったため、殺処分せずに園内の動物病院に隔離していた。

 園は池や鳥舎に防鳥ネットを設け、感染源となる野鳥に接触しない環境を整備。昨年12月には、鳥インフルに感染した鳥でも別の施設に隔離できれば殺処分しない対応マニュアルをつくった。3羽のうちコクチョウ1羽は昨年9月に死んだが、残る2羽の健康に問題はなく、「命の大切さや感染症対策の重要さを伝えたい」として再公開した。

 鳥インフルの感染が確認された鳥の再公開について、日本動物園水族館協会は「聞いたことがない」としており、東山動植物園は「全国で初めてではないか」という。(関謙次)

<西日本豪雨安全情報>

★豪雨被災地、こんな感染症に要注意

【ウェザーニュース201879 1820分】

http://news.livedoor.com/article/detail/14986823/

平成307月豪雨災害により15府県で1万人を超える被災者が避難しています。過去の例から、災害発生から1週間程度で感染症が増え始めるとされ、土砂災害に多い細菌感染や避難所での衛生管理に気をつける必要があります。

衛生環境の悪化、被災者の免疫力低下

被災地で感染症が増加するのは、断水や下水の流出、害虫の増加など衛生環境の悪化に加えて、被災者がケガをしたり、体力が低下して感染症にかかりやすくなるためです。

東日本大震災(20113月)では、レジオネラ症や破傷風など日頃はなじみのない感染症がみられ、蝿や蚊が大発生したことが知られています。

洪水・土砂災害後に発生しやすい感染症

今回の豪雨災害に似た状況が20177月に発生した九州北部豪雨です。そのとき国立感染症研究所は、注意すべき感染症として次の5つをあげています。

【レジオネラ症】レジオネラ菌を含んだ霧状の小さな水滴(ミスト)を吸い込むことで発症します。肺炎を起こす場合と、一過性の発熱で回復する場合があります。レジオネラ症は温度と湿度が高い7月に多く報告されますが、人から人に感染しないので、避難所で流行することはありません。

【レプトスピラ症】ネズミなどの尿中に排出された病原性レプトスピラに汚染された水や土壌との接触で感染します。洪水の後に発生することがあり、発熱・頭痛・全身倦怠感・筋肉痛などの症状があり、軽症の場合はやがて回復しますが、重症化すると全身出血を伴って亡くなることがあります。感染予防のため、水や土と接触する作業には手袋や長靴を着用しましょう。

【破傷風】土の中に広く常在する破傷風菌がつくる神経毒素により強直性ケイレン(開口障害・嚥下困難など)から始まり、全身に移行し、重症化すると呼吸筋がマヒして窒息死することがあります。ワクチンで治療可能で、東日本大震災では10例の報告がありました。

【急性呼吸器感染症】避難所など過密状態では、鼻炎、副鼻腔炎、中耳炎、気管支炎、肺炎などのリスクが高まります。軽症の場合は点滴や(細菌性であれば)抗菌薬で治療可能ですが、重症化するリスクが高い場合(高齢者等)は入院が必要になります。

【急性胃腸炎・急性下痢】食品の保冷や衛生状態の管理が十分にできないと食中毒の原因となる細菌性の急性胃腸炎のリスクが高まります。主な症状は腹痛・下痢・嘔吐で、血便や発熱を伴うことがあります。被災地や避難所では、できるだけ食事の準備や食前、排便の後、おむつ交換後や排泄処理後には十分な手洗いを行いましょう。被災地は高温環境の中、後片付けなど作業に追われる人もいます。感染症対策だけでなく熱中症対策にも力を入れてください。豪雨被災地、こんな感染症に要注意

★緊急寄稿◎西日本豪雨被災者への医療対応(感染症編)

豪雨被災地の感染対策で注意したい5つのこと

高山義浩(沖縄県立中央病院感染症内科・地域ケア科)

【日経メディカル2018/7/11

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t316/201807/556939.html

西日本豪雨によりお亡くなりになられた方にお悔やみを申し上げます。避難所での生活を強いられている方々の体調悪化が心配される中、沖縄県立中央病院の高山義浩氏が被災地における感染症対策について緊急寄稿くださいました。(編集部)

 大規模災害に引き続く集団の避難生活では、しばしば感染症アウトブレイクの可能性が報じられ、そのたびに被災者は緊張と不安を募らせます。今回の大規模豪雨による被災地においても、感染症についての不安が広がっていく可能性があります。

 ただし、被災地だからと、むやみに特殊な思考回路を持ち込むべきではありません。決して被災地は原始状態に帰るわけではありません。人々の結束はむしろ固くなりますし、(少なくとも日本の被災地では)衛生面の自治的な配慮が維持されるのが通常です。適切な支援体制を取っていけば、特殊な感染症の流行をみることはありません。あくまで日常の延長線上で、どのような感染症のリスクがあるかを考えればよいのです。

 以下、豪雨被災地の感染対策で注意したい5つのことを紹介します。また、主に入院医療機関において注意したいことも紹介します。そして、最後に被災地で活動しようとしているボランティアの方々に心掛けていただきたい大切なことをお伝えします。

1)安全な水を飲用すること

 浸水していないエリアであっても、井戸水は汚染されている可能性があります。水質検査で確認されるまでは飲用しないようにしましょう。また、一度浸水した家屋の貯水タンクの水が安全であるかも不明です。貯留タンクを含む水道配管の破損状況を確認し、水道水が汚染されていないことを確認するようにしてください。

 水源の汚染が否定できないときには、飲用前に煮沸処理を行って緊急の感染対策とすることができます。とはいえ、なるべく飲用水とはせず、ペットボトルのお茶や飲料水を活用するのが安全でしょう。

 安全な水を十分に確保できないときは、速やかに支援が得られるよう、行政や支援団体などに強く要請します。被災下における節水は大切な心掛けです。たとえば、食器の洗浄を避けるため、使い捨ての紙皿などを活用することも検討してください。

 なお、入院患者を抱える医療機関においても、水と食事を持続的に提供できるかどうかが存続のカギとなります。ライフラインが断絶している場合には、安全な飲用水と食糧を確保した上で、糖尿病食、低カリウム食などの特別食も含めて、カセットコンロなどにより基本的な調理ができる体制を整えることが求められます。平時からの備えと訓練が問われる状況と言えます。

2)適切な数のトイレを確保し、そこでのルールを守ること

 避難所のトイレが不足して待ち時間が長くなると、高齢者(特に女性)は水分摂取を控えるようになってしまいます。トイレまでに段差があったり、屋外に設置されていたりすると、身体機能が低下している高齢者の中には、オムツの着用を受け入れてしまう方もいます。これらは、いずれも尿路感染症のリスクを高めています。

 誰もが利用しやすいようトイレを整備することは、被災地の感染対策において最も大切なことです。また、日ごろ、オムツや尿とりパッドを使用しているような方については、申し出なくとも手に入るような場所においておくといった工夫も必要です。

 日本人はトイレを清潔にすることにこだわる傾向がありますが、被災地の限られた人員と資源でトイレの清潔を保つことは困難です。むしろ、トイレのあとに手洗いをしっかりするとか、トイレと居住空間の履物を別にするといったことで、「トイレは不潔なものだ」という認識を持つことの方が感染対策上は有効でしょう。

 なお、医療機関が被災したときには、トイレ以外にも生物学的な汚染(バイオハザード)が発生している可能性があります。臨床検査室、特に細菌検査室の破損状況の確認は急いでください。そして、適切な消毒清掃が可能になるまで、立ち入り禁止区域として設定するようにします。

3)感染症の症状があるときは、早めに医師に相談すること

 災害のときには、皆が苦労しているということで、自分のことを後回しにしてしまう傾向があります。特に日本のお年寄りはそうです。けれども、感染症については、早期に診断して、早期に治療することが有効です。発熱、咳、嘔吐や下痢といった症状があるときは、我慢せずに申し出るように呼び掛けましょう。

 必要なときには、マスクを着用するなど感染対策に協力いただく必要があります。特に避難所で生活されている方は、周囲を守るためにも、自分自身の健康に気を配っていただければと思います。

 被災した医療機関では、もともと感染対策を要する患者がいながらも、物理的な破損や電力の途絶などによって混乱する可能性があります。ここで非常時だからと甘い対策を容認していると、のちのち感染症のアウトブレイクを来してしまうこともあり得ます。院内感染対策の担当者は、ライフラインが停止している状態であっても、代替的な対策を検討しなければなりません。

 例えば、陰圧装置が作動していない状況の空気感染対策(麻疹、結核など)については、窓を開け放して風通しを良くすることが安全かもしれません。断水している状況の手指衛生については、刷り込み式のアルコールで代用しますが、クロストリジウム属、ノロウイルスなどアルコールで不活化できない微生物については、水を入れたペットボトルを流し台に配置して、流水による手洗いを行う必要があります。

4)高齢者の視点で避難生活の環境を整備すること

 実のところ、高齢化した日本において、被災者の命を奪いかねない重大な感染症とは、高齢者が食事量を減らして体力を落としたり、脱水になったり、トイレを我慢したりといったことによる、誤嚥性肺炎や尿路感染症、褥瘡感染といった問題です。

 ですから、被災生活の環境をしっかり整備することが大切です。例えば、高齢者が避難所の床面に直に座って(あるいは座位保持が困難な方が寝転がって)食事をすることがないよう、避難所の中にテーブルと椅子を用意して、共用の食事スペースを設けること。正しい姿勢で食事をすることで誤嚥予防になるばかりでなく、被災者が一緒に食事をすることで心のケアにも活かされることでしょう。

 また、避難所生活では、支援によって物資が配布されるため、発災前に行っていた日常の家事や近隣への買い物などの機会が失われてしまいます。とくに、ボランティアが(親切心から)支援物資を枕元まで届けていると、高齢者がほとんど横たわった状態で一日を過ごすようになりかねないので注意が必要です。

 そこで、できるだけ避難所の外で生活必需品を配布するようにして、歩ける方には歩いて取りに行っていただくなど、なるべく通常の生活に近い形で基本的動作能力を維持させる、といった工夫をお願いします。こうすることで、体の動きが悪くなってきている高齢被災者に、早く気づくこともできるはずです。

5)傷口から感染する破傷風に注意すること

 日本でも、大規模災害の後に破傷風を発症する方が一定数おられます。これは土壌中に生息する破傷風菌が、傷口から体内に侵入することで感染するものです。被災後に手足が傷ついたまま、復旧作業に取り組まれる方がいらっしゃいます。洪水のあとには、土壌の環境がかき回されているので破傷風菌に曝露しやすい状態になっています。特に手足に傷があるときには、傷を覆うなどの処置が必要になります。

 破傷風には曝露後でも発症を予防する方法があります。傷口を土壌に汚染させてしまったようなときは、救護所の医師に相談するように呼びかけます。また、被災地で活動しようとしている方で、最後の破傷風トキソイド(または三種混合ワクチン)接種から10年以上経過している方は、破傷風トキソイド(または三種混合ワクチン)の追加接種を受けるよう呼び掛けてください。

  ◇    ◇    ◇

 最後に、被災地でボランティアに入ろうとしている方々へのお願いです。被災地に病原体を持ち込まないようにしてください。避難所の中でインフルエンザは自然発生しません。必ず誰かが持ち込んでいます。幸い、今国内では、ほとんどインフルエンザやノロウイルスの流行を認めていませんが、こうしたリスクを極力遮断しておくことが重要です。

 特にボランティアの方が不必要に避難所内に立ち入らないようにすること。物資の受け渡しなどは、できるだけ入口で済ませ、避難所の専属スタッフが搬入するようにしましょう。避難所の各エリアを個人の家と同じような感覚であつかい、その隔離性を維持することは、プライバシーに配慮することのみならず、感染対策上も大きな意味があります。

 言うまでもなく、発熱や咳、下痢などの症状があるときは活動を控えてください。困難に耐える被災者を前にして、多少の体調不良であっても支援活動を継続しようとするのは、倫理観の誤った表出です。自らが感染症の媒介者にならないことを最優先として心掛けてください。

  以上のことは、私の限られた被災地支援の経験による一般論に過ぎません。被災地の状況は刻々と変化してするものです。常に被災地における最新の状況を確認しながら、被災した方々の健康を守っていただければと思います。

★浸水後の床下消毒、「不要」と専門家 扱いづらさ懸念も

【朝日新聞デジタル20187142247分】

https://digital.asahi.com/articles/ASL7F35BRL7FPPZB00B.html

 床下の消毒、いりません――。県や公衆衛生の専門家が、呼びかけている。水害後の片付けは、汚泥との闘いが中心だ。きれいにするために、なにもかも消毒したくなるが、床下や庭土などへの消毒は原則不要。専門家は「過剰な消毒にかける手間をはぶき、他の作業に時間を活用してください」と話す。

 前岡山市保健所長の中瀬克己・吉備国際大教授(健康危機管理)は、豪雨災害を伝えるテレビニュースの中で、床下の消毒に消石灰の使用を勧める情報に懸念を感じたという。消石灰は、鳥インフルエンザ発生時の消毒などに使うが、素人が取り扱うのは難しい。

 中瀬教授は「床下までの浸水なら、そもそも消毒は原則不要。床下の掃除は土砂を取り除いた後、水洗いし、しっかり乾かせば十分です」と話す。

 県も13日に出した通知で日本環境感染学会のガイダンス「一般家屋における洪水・浸水など水害時の衛生対策と消毒方法」を挙げ、床下の消毒は「原則、必要がありません」と示した。

 学会のガイダンスでは、基本的に土壌の消毒は不要と明記。加えて床下浸水の洗浄・衛生対策は「洗い流し、しっかり乾燥」と指示し、消毒は勧めていない。

 床上浸水した室内の床や壁、家具などには、泥を取り除いた後の消毒を推奨。使うのは熱湯、アルコール、塩素系漂白剤、塩化ベンザルコニウム。吸い込む恐れがある噴霧は避け、布に含ませて拭く。

 消毒薬を扱うときはゴム手袋をつけるなどの注意をはらう。岡山市では12日、市が床上浸水した家庭に配布した塩化ベンザルコニウム(商品名「オスバン消毒液10%」)を成人女性が誤飲した事故が起きた。岡山市は「ペットボトルなどに移し替えないで!」と注意を喚起している。(中村通子)

養殖「タイラギ」全滅 豪雨で淡水大量流入か 長崎の諫早湾

【西日本新聞20187月14() 9:54配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00010004-nishinpc-soci

 高級二枚貝タイラギの資源回復を目指し、長崎県が諫早湾(同県諫早市)の干潟内に移植した養殖タイラギの成貝約3千個がほぼ全滅していることが13日、同県総合水産試験場の調査で分かった。西日本豪雨で湾内に大量の淡水が流入し、塩分濃度が下がったためとみられる。

 同県は2006年に種苗養殖を開始。15年からは、別の場所でタイラギの種苗を養殖した後、産卵能力のある成貝を同干潟の「母貝団地」に移植してきた。

  15年に840個、今年5月に約2千個を移植していたが、13日、干潮時に二枚貝が開いてほぼ全滅した状態を試験場の研究員らが確認した。近くには国営諫早湾干拓事業で造成された調整池の排水門があるが、研究員は「豪雨のため筑後川などの水が諫早湾に流れ込んだ可能性が高い。詳しい原因を究明したい」としている。

  かつて有明海の特産だったタイラギは近年、漁獲高が激減し、長崎県では1994年から休漁が続く。母貝団地の造成は長崎県に続き、本年度から福岡、佐賀、熊本各県も開始。他県も今後、被害の有無を調べる方針。

<その他の情報>

★あらうンジャー出動、大分の保育所で手洗い必殺技伝授

【朝日新聞デジタル20187141730分】

https://digital.asahi.com/articles/ASL7F52P6L7FUBQU00S.html

食中毒などから子どもを守ろうと「手洗い戦隊あらうンジャー」が12日、大分県竹田市会々の竹田保育所へ「出動」し、子どもたちに手洗いの技を伝授した。

、青、ピンクの衣装で登場したのは県豊肥保健所の職員3人。手を水でぬらして泡立てる「ウォータージャージャー あわあわビーム」、手のひらと甲をあわせて洗う「ハンドゴシゴシ シュシュ」など様々な「必殺技」を披露。「手を洗ってばい菌にバイバイしよう」と呼び掛けた。

 手洗いした後、ブラックライトで汚れの落ち具合を確認した羽田野和愛ちゃん(4)は「ピンクみたいに手洗いが上手になりたい」と笑顔で話した。

 県豊肥保健所によると、県内の1~5月の食中毒患者は208人で、すでに昨年1年間の206人を超えた。ノロウイルスによるケースが多く、気温や湿度が高い夏場には腸管出血性大腸菌O157も増える。同保健所は「手洗いは食中毒予防の基本。しっかり行って防いで」と呼びかけている。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(矢鳴秀樹)

★米がWHOの母乳推進決議阻止? 企業利益優先の一例と米紙指摘

【AFP=時事2018710() 22:22配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000035-jij_afp-int

AFP=時事】米紙が8日、世界保健機関(WHO)の母乳育児推進決議案を米国が阻止しようとしたと報じたことを受け、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は翌9日、これに反発し、女性が粉ミルクを使う権利を擁護した。

動画:「授乳大会」でママたちが一斉授乳、コロンビア

 ニューヨーク・タイムズ(New York Times)によると、先日行われたWHO会合に出席した米代表団が、乳児の栄養に関する決議案から、加盟国に母乳育児の「保護および促進、支援」を促す文言を削除しようとする働き掛けを行ったという。

  米国はエクアドルに対し、この文言に賛同しないよう圧力をかけ、経済制裁と軍事支援の削減をちらつかせた。ただその後ロシアが決議案の可決に向けて介入し、決議案の文言はほぼ原案通り維持されたと、同紙は報じている。

  その上で、これは米政府が粉ミルクメーカー側に同調する立場を示したもので、公衆衛生および環境問題でトランプ政権が企業利益を優先しようとする一例だと指摘した。

  これにトランプ大統領が反発。「きょうのニューヨーク・タイムズの母乳育児に関するフェイクニュースは非難されるべきだ」「米国は母乳育児を強く支持するが、女性の粉ミルクを使用する権利が否定されるべきだとは思わない。栄養不良や貧困により、多くの女性がこの選択肢を必要としている」と投稿した。

  WHOは長年、6か月までは母乳のみで育て、2歳まで、またはそれ以降も補完的に母乳を与えることを推奨してきた。

  とはいえ世界には巨大な粉ミルク市場が存在する。市場調査会社「ユーロモニター・インターナショナル(Euromonitor International)」によると、その規模は2015年で470億ドル(約52300億円)に上り、主に新興国でその成長が著しい。この市場を一握りグループが独占しており、うち数社が米企業だとされる。【翻訳編集】 AFPBB News

★ゴキブリは「1匹見つけたら100匹いる」は本当か?

【ウェザーニュース2018714() 12:10配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00004378-weather-soci

 暑い時期になると奴らが活発に動き出します。黒いテカテカしたあいつ、ゴキブリです。一説には、「1匹見つけたら100匹いる」とも言われるゴキブリ。あんなものが、床下や家具の隙間に数百匹もうじゃうじゃいると想像しただけでも卒倒しそうです。

 ところで、「1匹見つけたら100匹いる」という説ですが、これは本当でしょうか?

数十匹~数百匹いると思って間違いない

  話を聞いたのは、殺虫剤メーカーのアース製薬で害虫の研究をした経験があり、ゴキブリの生態に詳しい渡辺優一さん(アース製薬・マーケティング総合企画本部)。

  結論から言うと「1匹見つけたら100匹いる」というのは、あくまでも通説であって、科学的に検証したことはなく、誰が言い出したのかも不明だそうです。

  とはいえ経験上、「家の中で1匹見かけたら、少なくとも数十匹~数百匹潜んでいると思って間違いない」ということです。

  これにはゴキブリの生態が関係しています。

コロニーを作って生活している

 まず、ゴキブリは基本的に夜行性で、暗くて狭いところを好みます。警戒心が強く、人の気配がすると物陰に潜んで出てこないので、「見かけること自体がレア」ということです。

  特に卵を抱えたメスはより警戒心が強く、めったに暗がりから出てこようとしないので、実際に見るのはほとんどがオス。オスがいればメスもいるわけで、この時点で見かけた数の2倍はいるということがわかります。

  加えて、単独で生息することはなく、コロニーを作って集団生活しているため、1匹でも見つけたということは、家のどこかに隠れて潜んでいる仲間がたくさんいると思っていいわけです。

繁殖する前の駆除が大事

 繁殖力も旺盛で、1匹のメスは1年半ほどの寿命の中で、1回につき2228個の卵を1520回産卵します。平均するとメス1匹が400匹以上に増えることになります。

  つまり、最初に侵入したのは雌雄一対ずつだったとしても、あっという間に数百匹になってしまうということです。

  特に、これから暑くなる7月~8月はゴキブリの活動がもっとも活発になる最盛期を迎えます。繁殖する前に駆除などの手を打つことで、ある程度、発生を抑えられるとのこと。1匹のゴキブリを見つけたら、駆除も本腰で取り組む覚悟が必要のようです。ウェザーニュース

★家きんの飼養衛生管理基準の順守率は85.6

【鶏鳴新聞201875日】

http://keimei.ne.jp/article/%e5%ae%b6%e3%81%8d%e3%82%93%e3%81%ae%e9%a3%bc%e9%a4%8a%e8%a1%9b%e7%94%9f%e7%ae%a1%e7%90%86%e5%9f%ba%e6%ba%96%e3%81%ae%e9%a0%86%e5%ae%88%e7%8e%87%e3%81%af85-6%ef%bc%85.html

農林水産省は、このほど平成291130日時点の家きん農場における飼養衛生管理基準の順守状況を公表した。

各都道府県が100羽以上飼養の採卵鶏3884農場、肉用鶏3513農場、卵用種鶏128農場、肉用種鶏495農場、あひる82農場、うずら44農場、きじ60農場、ほろほろ鳥6農場、七面鳥9農場、だちょう(10羽以上飼養)34農場を調査した。

飼養衛生管理基準の全項目を順守している農場(指導後に改善された農場含む)は、全体で前年度の84.8%から29年度は85.6%に向上した。残り14.4%は現在指導中。

項目別では、全項目で順守率は90%を超え、特に課題であった「出入りする車両の消毒」と「出入りする者の手指・靴の消毒」については、鶏(採卵用と肉用)の農場の順守率が前年度の87.798.8%から29年度は91.799.2%に向上した。

一方、鶏(採卵用)における「防鳥ネットの設置・修繕」と「家きん舎の破損か所の修繕」の順守率が、前年度の94.697.7%から29年度は92.696.0%に低下している。これは、28年度に国内で発生した鳥インフルエンザを受け、家畜防疫員が野生動物の家きん舎への侵入防止について、最新の知見を踏まえた重点的かつ詳細な指導を行ない、改善指導中の農場が増えたことも理由の1つと考えられる。

採卵鶏、肉用鶏、種鶏の調査結果は次の通り。

〈採卵鶏〉基準を順守し、「指導不要」は1001000羽で58.2%(前年57.8%)、1000羽以上で71.4%(同73.7%)。指導による「改善済」を加えた順守率は、1001000羽で74.9%(同72.5%)、1000羽以上で81.7%(同81.7%)。

〈肉用鶏〉基準を順守し、「指導不要」は1001000羽で73.5%(同69.9%)、1000羽以上で83.3%(同83.4%)。指導による「改善済」を加えた順守率は、1001000羽で84.6%(同82.1%)、1000羽以上で90.4%(同90.4%)。

〈卵用種鶏〉基準を順守し、「指導不要」は1001000羽で100%(同100%)、1000羽以上で92.9%(同95.6%)。指導による「改善済」を加えた順守率は、1000羽以上で94.4%(同97.1%)。

〈肉用種鶏〉基準を順守し、「指導不要」は1001000羽で91.7%(同100%)、1000羽以上で90.1%(同92.8%)。指導による「改善済」を加えた順守率は、1001000羽で91.7%(同100%)、1000羽以上で95.2%(同96.3%)。

2018年7月 7日 (土)

2018年7月6日号PDF版最終便

2018年7月6日号PDF版の最終便です。

写真等が見られます。

「2018.7.6号最終便.pdf」をダウンロード

 

2018年7月6日号最終便

     
 

食中毒

 

週刊ネットニュース

 
 

2018年7月6日号

 

編集発行:笹井 勉

 

食品衛生アドバイザー

 

(元墨田区食品衛生監視員)

 
 

*このニュースは版権をクリアしているものでありませんので、個人用として使用してください

 

【注意】:2018年7月6日までにネット上等で食中毒や食の安全に関する情報で発表のあったものを個人的にまとめて編集したものです。見出しは編集してあります。版権をクリアしたものではありません。食の安全、食品取扱者の衛生教育用(朝礼など)に使うことを目的にしていますので、事例を参考に「食中毒事故防止」や「食の安全な取り扱い」に役立ていただければ幸いです。

申し訳ありませんが、もし不都合な掲載があった場合はこちらsa19452004@yahoo.co.jpに連絡していただければただちに削除します。

トピックス

★職場の自販機から弁当注文できます サントリーとぐるなび

【朝日新聞デジタル2018760500分】

https://digital.asahi.com/articles/DA3S13572719.html?iref=pc_ss_date

 サントリー食品インターナショナルは5日、飲料自販機で弁当を注文できる職場向けのサービスを今月から始めると発表した。お金を入れて専用ボタンを押すと、近くの飲食店から弁当が届く。飲食店の混雑などで昼の休憩時間に昼食がとれない「ランチ難民」の不満を解消し、自販機の設置や飲料の販売もねらう。

 子会社のサントリービバレッジソリューションと飲食店検索サイト運営のぐるなびが提携し、サービスは「宅弁(たくべん)」と名付けた。

 職場に設置された自販機で午前10時までにお金を入れて注文し、近くの飲食店が正午までに職場の所定の場所に届ける。弁当は1個700円で、日替わりメニュー。東京都で始め、高層にオフィスがある企業など12社で17台の設置が決まっている。2020年には1千台の設置を目標とする。

 民間調査会社の飲料総研によると、17年の清涼飲料自販機での売り上げは減少している。屋内の自販機は安定した売り上げが見込めるため、サントリーは「宅弁」を通じて設置を増やし、自販機での売り上げ増をめざすという。(長橋亮文)

★「正しい手洗い」97%の確率で不合格、食中毒の原因にも 米調査

CNN.co.jp201872() 16:51配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-35121794-cnn-int

(CNN) 調理や食事前の手洗いは一見単純なように思えるが、実は97%の確率で、消費者は正しい手洗いができていない――。米農務省の調査でそんな実態が浮き彫りになった。正しく手を洗わなければ食品や台所用品に細菌が移り、食中毒の原因になりかねないと警告している。

米疾病対策センターでは、正しい手の洗い方として、せっけんを使って20秒間手をこすり洗いするよう勧告している。手洗いが20秒に満たないと、細菌が十分に除去されないという。

しかし農務省が行った実験の結果、ほとんどの人は手洗いの時間が20秒に満たないことが判明。さらに大多数は、清潔なタオルで手をふいていなかった。

 実験はノースカロライナ州のローリーダーラム地区とスミスフィールド地区のテスト用キッチン6施設で行われ、383人が参加した。

その結果、参加者は不適切な手洗いが原因で、約半分の確率で、バーガーを調理する間に調味料の容器に細菌を拡散させていた。冷蔵庫の取っ手に細菌が拡散した確率は11%だった。

 農務省の担当官は、「正しく手を洗うだけで家族を守り、食品や台所の主要部分の細菌感染を防ぐことができる」と強調する。

 2013年にミシガン州立大学が行った調査では、正しい手洗いができていた人はわずか5%だった。今回の調査は、米国人の手洗い習慣がさらに悪化している傾向をうかがわせる。

 手拭き用のタオルについては、タオル100枚のうち49枚で、大腸菌や黄色ブドウ球菌など通常は人体で見つかる細菌が増殖していたという調査結果も発表されている。

1 食中毒

ノロウイルス・サポウイルス (生カキや感染した調理人の手指等からの汚染が原因に)

★北海道:空知郡南幌町のホテルで7人が食中毒 ノロウイルス

【北海道公表2018702日(月)】食品衛生法違反者等の公表について

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kse/sho/iha/ihan180702.htm

区分 食中毒の発生

 発生年月日 平成30年6月27日(水)

 患 者 数  7名

 患者の症状 下痢(水様又は軟便)、吐き気、嘔吐、発熱等 

 原因食品 当該施設が6月26日(火)に調理提供した宴会料理(サラダ(推定)) 

 病因物質 ノロウイルス

 原因施設

 施設名称 プラザホテル二合半 営業者氏名 株式会社二合半 代表取締役 沢石 光代

 施設所在地 北海道空知郡南幌町中央4丁目5番4号

 業種名  飲食店営業

 行政処分等の内容及び措置状況等

 岩見沢保健所は、食品衛生法第55条第1項に基づき、当該施設に対し、平成30年7月2日(月)から4日(水)までの3日間、当該施設厨房の営業停止を命ずるとともに、施設設備及び器具等の清掃・消毒の徹底、食品の衛生的な取扱い及び調理従事者に対する衛生教育の実施を指示した。 

.その他のウイルスA型、E型肝炎ウイルス、ロタウイルスなど)

★京都市:伏見区の飲食店で3人が食中毒 A型肝炎ウイルス

【産経新聞201875 2222分】

http://news.livedoor.com/article/detail/14969020/

 京都市保健所は5日、同市内の女性3人(46~71歳)がA型肝炎ウイルスによる食中毒を発症したとして、料理を提供した同市伏見区のイタリアンレストラン「アルヴェーレ」に同日から3日間の営業停止処分にした。

 京都市でA型肝炎による食中毒が発覚したのは、記録が残る過去20年で初めてという。

 同保健所によると、女性3人は5月14、17、24日に別々に来店し、ピザやパスタを食べた。6月17~19日に体調不良を訴えて受診したところ、A型肝炎に感染したと診断され、うち2人と同店の調理人2人の計4人からA型肝炎ウイルスが検出された。

 A型肝炎は一過性の急性肝炎で、1カ月ほどの潜伏期間を経て発症し、2~3カ月で回復するという。

【京都市発表平成30年7月5日(抜粋)

http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/cmsfiles/contents/0000110/110109/180705oshirase.pdf

食中毒の発生について

平成30年6月22日(金)から28日(木)にかけて,複数の市内医療機関からA型肝炎患者について3件届出があり,それぞれの患者について調査を実施したところ,伏見区内の「アルヴェーレ」を共通して利用していることが判明した。

京都市保健所が医療衛生センターを通じて調査したところ,5 月14 日(月),17 日(木),2 4日( 木)に,それぞれの患者が当該施設を利用しており,6月17日(日)から6月19日(火)にかけて全身倦怠感,食欲不振等の症状を呈していることが判明した。

さらに,患者2人及び調理従事者2人の便からA型肝炎ウイルスが検出された。

京都市保健所では,患者に共通する食事が当該施設で提供された食事に限られること,患者2人及び調理従事者2人の便からA型肝炎ウイルスを検出したこと及び患者を診察した医師から食中毒の届出があったことから,当該施設で提供された食事を原因とする食中毒であると断定し,平成30年7月5日(木)から7月7日(土)まで3日間の営業停止を命令した。

京都市保健所では,医療衛生センターを通じ,当該施設に対して,施設の清掃,消毒の徹底を指導するとともに,食中毒予防に関する再教育を行い,被害の拡大と再発の防止に努めている。

○ 提供メニュー  ピザ,パスタ等

○ 原因施設 屋 号 アルヴェーレ  所在地 京都市伏見区京町4-153-3 ファーストビル1F

営業者 株式会社 アンカー商事 代表取締役 橋本 信孝  業 種 飲食店営業

患者状況  喫食者数 6人(うち5人調査済み)

患者数 3人(女:3人)  初発日 平成30年6月17日(日)

主な症状  全身倦怠感,食欲不振等

【A型肝炎とは】

・A型肝炎ウイルスによる一過性の急性肝炎で,主症状は,発熱,全身倦怠感,食欲不振,黄疸等である。

・感染経路は,患者等の便,血液等により汚染された水や飲食物からの経口感染である。

・潜伏期間は2~6週間,また臨床症状が出現する3~4週間前から患者の便にウイルスが排出されると言われている。

・食中毒の予防方法としては,手洗いや食品の加熱(85℃以上,1分間以上)が重要である。

病原大腸菌(O157は牛の腸内に、その他の病原大腸菌は外国より持ち込まれたり、汚れた調理環境などが原因に)

該当する記事は見つかりませんでした。

サルモネラ属菌食中毒(食肉や鶏卵などが原因)

該当する記事は見つかりませんでした。

黄色ブドウ菌(手指の傷などについて、弁当やおにぎりなどで起きます)

該当する記事は見つかりませんでした。

腸炎ビブリオ(夏場魚介類に付いてくる菌、刺身などで発生する)

該当する記事は見つかりませんでした。

ウエルシュ菌(加熱済みの食品の前日調理などで起きます。給食病と言われています)

前週の事件の病因物質はウエルシュ菌と判明しました。

https://www.city.sendai.jp/sekatsuese-shokuhin/kurashi/anzen/ese/shokuchudoku/ichiran.html

★仙台市:宮城刑務所で受刑者ら249人が食中毒 病因物質調査中

【朝日新聞デジタル20186290900分】

https://digital.asahi.com/articles/ASL6Y2F11L6YUBQU002.html

 宮城刑務所(宮城県仙台市若林区)で調理された食事を食べた3施設の受刑者ら249人が、下痢や腹痛を訴えた。市と刑務所が28日に発表した。市は所内で調理された食事が原因の集団食中毒と断定し、調理場を30日までの3日間、営業停止にした。 宮城刑務所では昨年10月にも、病原性大腸菌O(オー)6による223人の集団食中毒があったばかり。

 市生活衛生課によると、26日午後5時ごろ、刑務所から「入所者の多数が朝から腹痛と下痢を訴えている」と若林区保健福祉センターに通報があった。刑務所228人、仙台拘置支所18人、東北少年院3人が発症していた。全員、刑務所内で調理された食事を食べていた。入院した重症者はいないという。

 昨年10月の集団食中毒発生後、市は刑務所に対し、調理で食材が加熱されたか温度を記録して確認することなどを指導。刑務所から改善報告書の提出を受け、複数回立ち入り検査も行ったが問題はなかったという。事態を重く見て、今後は調理から提供までの時間の記録も提出させる異例の対応をとる。

 刑務所によると、25日の夕食は鶏肉、ゴーヤとツナの炒め物、漬けもの、コーンスープだった。食中毒が発生した26日の朝食は午前7時ごろに白米ときな粉、みそ汁、漬けものの4品。午前8時ごろから腹痛や下痢の訴えが出始めた。

 刑務所や隣接する仙台拘置支所、東北少年院などで出される食事は3食とも受刑者25人が調理している。確認のため刑務官が実際に食べるが、刑務官は発症していないという。

 営業停止期間中、受刑者の食事は備蓄されている乾パンなどの非常食や、仕出し弁当を注文するなどして対応する。安部玲所長は「昨年に引き続き食中毒が発生したことは誠に遺憾。職員全体を教育し、衛生管理を徹底するなど再発防止に万全を期したい」と談話を出した。 (山田雄介、藤井詢也、和田翔太)

セレウス菌(加熱済みの米飯、パスタなどで起きます。)

★千葉市:美浜区の飲食店で3人が食中毒 セレウス菌

【千葉市発表201875(抜粋)

http://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/kenkou/seikatsueisei/30offender1.html

千葉市内において食中毒事件が発生しましたので、営業者等に対して警鐘を発するため、以下のとおりお知らせします。

1.概要

 平成30626日、市内医療機関から「625日市内飲食店を同僚3人で利用後、全員が体調不良を呈した患者を診察した。」旨の届出が市保健所にあった。

 調査の結果、625日の当該飲食店利用者のうち、通報のあった1グループ3人全員が、嘔吐、吐気、下痢等の食中毒様症状を呈していたことが判明した。

 患者に共通する食事は、当該施設で調理、提供された食事に限られていること、患者、参考食品及び施設のふきとりからセレウス菌が検出されていること、患者の症状及び潜伏時間が同菌によるものと一致していること、患者を診察した医師から食中毒患者等届出票が提出されたことから、市保健所長は本日、当該施設で調理、提供した食事を原因とする食中毒と断定した。

2 .発生年月日  平成30625日午後130

3.喫食者数  3人(75日現在)

4.患者数  3(うち入院0人)(75日現在)

5.主な症状   嘔吐、吐気、下痢

6.原因施設  屋号:中国料理 大連アカシア

所在地:千葉市美浜区中瀬1丁目7番地1住友ケミカルエンジニアリングセンタービル1

 営業者:華洋国際 株式会社代表取締役 羅 儀  業種:飲食店営業

7.原因食品  平成30625日に当該施設で調理、提供した食事

8.病因物質  セレウス菌

9.措置 営業停止(75日から77日まで3日間)

カンピロバクター食中毒(鶏肉の生食、沢水、未殺菌井戸水が原因)

★群馬県:高校の調理実習の食品で11人が食中毒 カンピロバクター

NHK群馬NEWSWEB20180703日 1606分】

https://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20180703/1060002202.html

群馬県東部にある高校で生徒11人が発熱や下痢などの症状を訴え、このうち4人から「カンピロバクター」という細菌が検出されたことなどから保健所は高校の実習で調理した食品を原因とする食中毒と断定しました。

 県によりますと、先月25日に県東部にある高校から「複数の生徒が発熱や下痢などの症状を訴えている」と保健所に連絡がありました。

 保健所で調べたところ、この高校の実習で調理したハンバーグやコロッケなどを食べた生徒11人が同じ症状を訴えていることがわかりました。

このうち2人が入院しましたが全員快方に向かっているということです。

 症状を訴えた生徒のうち4人から食中毒の原因となる「カンピロバクター」という細菌が検出されたことに加え、共通する食事が高校の調理実習の食品に限られていたことから保健所は、調理実習の食品を原因とする食中毒と断定しました。

 県によりますと、カンピロバクターは動物の消化器官に生息する細菌で食肉につきやすく、夏に食中毒を発生させることが多いということです。

このため県では、肉は十分に加熱するほか、生の肉を扱った調理器具は、こまめに洗うよう注意を呼びかけています。

【群馬県発表201873日】

高等学校で発生した食中毒について(食品・生活衛生課)

http://www.pref.gunma.jp/houdou/by02_00085.html

1 概要

 平成30年6月25日(月)午前11時頃、館林保健福祉事務所(保健所)に同事務所管内の高等学校から、「6月21日(木)に実施した調理実習において、調理された食品を喫食した複数名の生徒が発熱、下痢等の症状を呈している。」旨の連絡がありました。

  同事務所が調査したところ、当該食品の喫食者43名中11名が同様の食中毒様症状を呈していることが確認されました。有症者の共通食は当該実習で調理された食品のみであること、有症者4名の便からカンピロバクターが検出されたこと、有症者の発症状況がカンピロバクターによるものと一致していること及び診察した医師から食中毒届があったことから、同事務所では当該実習で調理された食品を原因とする食中毒と断定しました。

  なお、有症者のうち2名は入院しましたが、既に退院しており、入院者を含めた有症者は全員快方に向かっています。

(1)発生日 平成30年6月23日(土) 午前8時頃(初発)

(2)有症者 喫食者43名中の11名(受診10名、うち入院者2名)

  年齢性別有症者数:10歳代女性 11名  住所地別有症者数:太田市 6名、館林市 5名

(3)主な症状 下痢、発熱、頭痛等

(4)病因物質 カンピロバクター

(5)原因食品(推定) 6月21日(木)に調理実習で調理された食品(ハンバーグ、コロッケ、ピザ、プリン、パイ)

★三重県:伊賀市の飲食店、鶏の刺身等で4人が食中毒 カンピロバクター

【伊勢新聞2018-07-04 社会】

http://www.isenp.co.jp/2018/07/04/19982/

三重県は3日、カンピロバクターによる食中毒が発生したとして、伊賀市川西の飲食店「おしどり」に営業禁止処分を出した。同店を利用した19歳の男女4人が腹痛などを訴えたが、快方に向かっている。

県によると、5人のグループが6月24日に同店で食事をしたところ、うち4人が下痢や腹痛、発熱の症状を訴えた。情報提供を受けた伊賀保健所の検査で、うち3人からカンピロバクターが検出された。

同店では、鶏の刺身やホルモンの空揚げなどが提供されたという。保健所は同店に鶏を生食で提供しないよう自粛を求めた。鶏の刺身が感染源になった可能性が高いとみて、詳しい原因を調べている。

同店では平成28年8月にも、カンピロバクターによる食中毒が発生して男性9人が腹痛などの症状を訴え、営業禁止処分を受けた。県は当時、カンピロバクターの感染源を鶏の刺身と推定していた。

県は当時、同店に鶏を生食で提供しないよう指導した。しかし、保健所が昨年11月に同店を調査をしたところ、再び鶏の刺身を提供していたことが判明。同店を再び指導していたという。

カンピロバクターは鶏などの腸管にいる細菌で、生肉が感染源となるケースが多いという。県は調理器具の殺菌や使い分けを徹底し、生肉を調理する際は十分に加熱するよう呼び掛けている。

【三重県発表平成30年7月3日(火)17時00分(抜粋)

http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000790928.pdf

食中毒の発生について

1 概要

平成30年6月27日(水)19時40分頃、伊賀市内の住民から伊賀保健所へ、伊賀市内の飲食店を利用した1グループのうち複数名が発熱、腹痛、下痢等の食中毒様症状を呈している旨の通報がありました。

利用した施設を所管する伊賀保健所が調査したところ、当該飲食店を利用した1グループ5名中4名が同様の症状を呈していることが判明しました。同保健所は、当該グループに共通の食事が他にないこと、有症者3名の便からカンピロバクターが検出されたこと、有症者を診察した医師から食中毒の届出があったことから、同施設が提供した食事が原因の食中毒と断定し、本日付けで営業禁止処分としました。

なお、患者は全員快方に向かっています。

2 発病状況

1)喫食者 5名中 有症者数 4名

3 原因施設

所在地 三重県伊賀市川西1731-1 屋 号 おしどり

営業者 新山 正行  業 種 飲食店営業(業態:その他)

4 原因食事

1)6月24日に提供された夕食

2)主なメニュー:鶏のさしみ盛合わせ(ササミ、ズリ(砂肝)、キモ)、ホルモンからあげ、からあげ、春巻、ホルモンもやし、バリバリキャベツ、だし巻、からあげ丼、玉子かけごはん

※ 原因食品は現在調査中です。

★兵庫県:姫路市の飲食店、ささみユッケ等で4人が食中毒 カンピロバクター

【毎日新聞201875日 地方版】

https://mainichi.jp/articles/20180705/ddl/k28/040/419000c

姫路市は4日、同市飾磨区中島の居酒屋「串かつ かえで」で6月25日に飲食した男女4人(21~38歳)が腹痛などの症状を訴え、全員から食中毒の原因菌のカンピロバクターが検出されたと発表した。この日に同店で提供された「ささみユッケ」が原因とみられ、市保健所衛生課は食中毒と断定して4~6日の営業停止を命じた。4人のうち男性(38)が3日間入院したが現在は退院、いずれも快方に向かっているという。姫路では6月15日にも食中毒が発生しており、同課は「鶏肉の生食はカンピロバクター菌に感染する恐れがある」と注意を呼び掛けている。

姫路市(74日発表)

http://www.city.himeji.lg.jp/koho/press/_42909/_44534/_44996.html

概要

平成30625日(月曜日)に姫路市内の飲食店で会食し、参加者が下痢、腹痛等の食中毒症状を呈したとの申出について調査したところ、参加者11名中4名が627日から28日にかけて下痢、腹痛、発熱等を発症していたことが判明し、便の検査を実施した患者4名全員からカンピロバクターを検出した。これら患者に共通する食事は標記施設の食事以外にないこと、患者の発症状況が類似し検便から検出されたカンピロバクターの症例にあてはまること、患者を診察した医師から食中毒患者の届出票が提出されたことから、平成3074日に当該施設が提供した食事を原因とする食中毒と断定した。

探知  平成30629

喫食日時  平成30625日 1900分ごろ

初発年月日 平成30627日  700分ごろ

喫食者数  11

有症者数  4名  男性1名(38歳)、女性3名(21歳から37歳)

主な症状  下痢、腹痛、発熱 など

原因食品  平成30625日に同施設で提供された食事のうち「ささみユッケ」(推定)

(提供内容)だし巻き卵、冷トマト、串カツ7本盛り(野菜2種、創作3種、肉、魚介)串カツ単品(ホルモン、キス、牛、ナス、豚玉ねぎ、ささみチーズ、チーズダッカルビ)、チヂミ(韓国風、海鮮、ピザ風)、梅茶漬け、ささみユッケ、ナス揚げ浸し、エリンギバター、エビマヨ、焼豚、ライス

検査状況

 ◾患者4名(4名ともカンピロバクターを検出)◾調理従事者2名(いずれもカンピロバクターを不検出)

処分内容営業停止処分(平成3074日から76日までの3日間)

その他 患者1名が入院したが現在は退院し、全員快方に向かっている。

★宮崎市の飲食店で鶏刺し等を食べ10人が食中毒 カンピロバクター

【宮崎市発表201871日】

http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/city/public_relations/press_material/162126.html

事件の概要

平成30627日(水)、宮崎市保健所に医療機関から食中毒の疑いがある患者を診断したとの連絡がありました。市保健所にて患者に聞き取りを行ったところ、平成30622日(金)、20代~40代の男女18名で市内の飲食店を利用し、うち10名が発熱、下痢などの症状を呈していることが判明しました。

市保健所が行った検査により、5名の患者便からカンピロバクター属菌が検出されました。市保健所は本日、当該施設で提供された食事を原因とする食中毒と断定し、当該施設に対し、食品衛生法に基づき、平成3071日(日)から73日(火)までの3日間の営業停止を命じました。なお、患者は全員快方に向かっています。

1 発症年月日 平成30 623日(土)

2 発生場所 宮崎市

3 喫食場所 宮崎市

4 原因施設 住所 宮崎市橘通西377 屋号 地鶏もも子

営業者氏名 株式会社 オフィスパブロ  代表取締役 河野 安彦

5 患者数 10名(男性9名、女性1名)(2441歳)

6 主な症状 発熱、腹痛、下痢等

7 原因食品 鶏刺し(推定)

8 病因物質  カンピロバクター属菌

9 措置 営業停止 平成307 1日(日)から平成307 3日(火)まで

10 その他 メニュー サラダ、たたきキュウリ、鶏刺し、炭火もも焼、チキン南蛮等

※食中毒の予防のために、食品の取扱(温度管理、十分な加熱、迅速な処理等)、従事者の健康管理に対する注意喚起をお願いします。

★大阪市:東淀川区の飲食店で8人が食中毒 カンピロバクター

【大阪市公表201872日】

http://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000028166.html

施設名称  串焼屋はりも2F  串焼屋はりも3F

施設所在地 大阪市東淀川区東淡路4丁目3326号 

業種  飲食店営業

営業者  合同会社OCEANs 代表社員 石見 亮

行政処分等の理由  食品衛生法第6条第3号違反(食中毒の発生)

行政処分等の内容  営業停止2日間

備考

【病因物質】カンピロバクター

【原因食品】コース料理(詳細については調査中)

【有症者】 8

★徳島県:徳島市の飲食店で8人が食中毒 カンピロバクター

【徳島県発表2018630日】

https://anshin.pref.tokushima.jp/docs/2018063000026/

次のとおり食中毒事件が発生しておりますのでお知らせします。

1 有症者数  8名  

2 主 症 状   下痢、腹痛、発熱(入院者なし)

3 原因施設   名称      くし家     営業所住所地  徳島市国府町府中602-1

          営業者氏名   鈴木 純一  

4 原因食品  6月22日(金)の夜に原因施設が提供した食事

5 原因物質  カンピロバクター・ジェジュニ

6 その他(注意喚起)  

  ・カンピロバクターは食鶏等の腸管内に生息し、平成29年の食中毒の発生件数

  「第1位」となっています。(320件、患者2,315名)

  ・現在の食鳥処理の技術では、カンピロバクター等の食中毒菌を全て

   除去することは困難とされているため、鮮度に関係なく、食中毒になるリスクがあります。

  ・食中毒予防の観点から、鶏肉(内臓を含む)は中心部まで十分加熱してください。

   また、生や加熱不十分なものを食べないでください。

  ・二次汚染を防ぐため、調理器具は熱湯消毒を行い、よく乾燥させてください。

   また、生肉と他の食品の接触は避けるようにしてください。

★東京都:台東区の飲食店で3人が食中毒 カンピロバクター

【台東区公表 平成30 629日】

http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/food/syokuhineisei/ihansha.html

営業者氏名 株式会社 大和  法人番号 4010501026638

施設の名称 和味

施設所在地 東京都台東区谷中三丁目1111

業種等 飲食店営業

不利益処分等を行った理由 食中毒

(食品衛生法第6条第3号、第50条第3項、第51条違反により、第54条、第55条、第56条を適用)

不利益処分等の内容 平成30629日から7日間の営業停止並びに施設及び取扱改善命令

原因食品 当該施設が612日に提供した食事

病因物質 カンピロバクター

患者数 3

備考 提供したメニューに加熱不十分な鶏料理があった。

★世田谷区の飲食店で鶏肉のすし等を食べ9人が食中毒 カンピロバクター

【世田谷区公表201874(抜粋)

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/105/146/627/d00144614_d/fil/shousai.pdf

行政処分等の詳細

公表年月日 平成3074

業種等 飲食店営業

主な適用条項 食品衛生法第6条第3号違反

行政処分を行った理由 食中毒の発生

行政処分等の内容 平成3074日から平成3078日まで営業停止

原因物質 カンピロバクター・ジェジュニ

施設の名称 大衆酒場スシスミビ

所在地 世田谷区三軒茶屋一丁目4010

備考

●患者の主な症状 腹痛、下痢、発熱

●患者数 9

●原因食品 主なメニュー サラダ、寿司(鶏肉ムネ肉レア、マグロ、サーモン)串焼き(鶏レバー、鶏ムネ肉レア)、鮮魚刺身、揚げ物(鶏唐揚げ、ポテト)寄せ鍋、雑炊

★鶏レバ刺しに潜む危険 本場で起きたルール変更とは

【朝日新聞デジタル2018770600分】

https://digital.asahi.com/articles/SDI201807063491.html

 「レバ刺しは、やはりリスクが高すぎるのか」と感じさせるニュースが入ってきました。

 5月末、鹿児島県は、県独自のガイドライン「生食用食鳥肉の衛生基準」を改訂し、対象から肝臓と砂ずり(砂肝)を外しました。

 鹿児島には、鶏肉の表面を火であぶって食べる「鶏たたき」という郷土料理があります。鶏刺しとも呼ばれ、スーパーにもパックがずらりと並ぶほど、地元に根付いています。

 県は2000年に「鶏刺しの文化がある鹿児島では、安全確保のために衛生基準が必要」として独自の生食用鶏肉ガイドラインを制定しました。カンピロバクターなどの細菌を陰性とする成分規格、「肉の表面を焼いて殺菌する」といった食鳥処理場での加工方法、飲食店の調理で守るべき手順、保存、表示といった目標基準を示し、関係業者を指導してきました。

 これまでは、肉のほかに肝臓、砂ずりも対象に含まれ、処理の方法も指示されていたのですが、今回、内臓などの副生物を対象から外し、基準の対象を鶏の肉のみに絞ったのです。

 改訂の理由は、「肝臓からのカンピロバクター検出率が高く、現状では微生物コントロールが困難で生食の安全性が担保できない」ため。県の担当者は「調査したほとんどの鶏の肝臓から、カンピロバクターが検出された」と話します。

 カンピロバクターは鶏の腸管に生息する細菌で、食肉処理の際に腸管が破れるなどして、特に内臓肉を汚染しやすい。肉は制御できても、レバーなどの内臓は無理、ということなのでしょう。

 基準はあくまで県独自のガイドラインで、「鶏レバ刺し禁止」という法的な強制力があるわけではありませんが、県は飲食店などにレバ刺しをメニューで出さないよう、指導していくとのことでした。

 そもそも、肉の生食は食品衛生法による規制があります。牛肉には生食用の規格基準が設定されていて、これを満たした場合に限りユッケなどの生食が可能ですが、牛のレバー、そして豚は肉もレバーも、食品衛生法で生食用の販売は禁じられています。

 鶏肉については内臓肉も含めて、食品衛生法に基づく規制は現在のところはないものの、生食用の規格基準もありません。鹿児島のほか宮崎県で独自のガイドラインを作っていますが、これらはあくまで例外。全国的には、流通する鶏肉は加工用というのが実態です。いかに新鮮でも、生で食べる前提ではないのです。

 ところが、生や生焼けの鶏肉によるカンピロバクターの食中毒が多発しており、昨年の食中毒では最多原因です。多くのケースで鶏刺しが問題となっているのです。厚生労働省の集計によると、昨年4月から12月までに発生し詳しく分析できたカンピロバクター食中毒133件のうち、約半数が、加熱用と表示されているのに、生または加熱不十分で提供していました。

 厚労省は加熱用鶏肉を使った生食に対する対策を強めつつあります。今年3月、鶏肉が加熱用であると知りつつ生食メニューを出して食中毒を繰り返し発生させるなど悪質な飲食店には、食品衛生法違反で告発するよう全国の自治体に通知を出しました。

 カンピロバクターに感染すると、下痢、腹痛、吐き気などの症状が現れます。亡くなる事例はまれですが、時に、手足のまひや呼吸困難などを起こす「ギラン・バレー症候群」につながる場合があります。

 何をどう食べるかは、本来、その人自身が決めることだと思います。ただ、何げなく注文した鶏刺しで苦しむことのないよう、どうぞ慎重に。レバーは、煮たり焼いたりしておいしくいただきましょうよ。

<アピタル:食のおしゃべり・トピック>http://www.asahi.com/apital/healthguide/eat/ (大村美香)

エルシニア菌(低温発育菌、ブタが保菌しており、豚肉の汚染が高い)

該当する記事は見つかりませんでした。

化学物資による食中毒(魚のヒスタミンや洗浄剤の誤飲など)

該当する記事は見つかりませんでした。

寄生虫による食中毒(魚介類のアニサキスやクドアや、獣肉類など)

★東京都:豊島区の飲食店で1人が食中毒 アニサキス

【豊島区公表平成3073(抜粋)

http://www.city.toshima.lg.jp/215/kurashi/ese/shokuhin/1502191311.html

施設の名称 三 平

営業者氏名・住所 有限会社 三平 代表取締役 佐藤 冨美子

東京都豊島区南大塚二丁目423

営業者所在地 東京都豊島区南大塚二丁目423号 サニーヒルズ南大塚 1

業種 飲食店営業

違反の内容 食中毒

備考 営業停止期間:平成3073日(1日間)

原因物質:アニサキス

患者数:1

★東京都:墨田区のスーパー「真いわし造り」で1人が食中毒 アニサキス

【墨田区公表201874(抜粋)

https://www.city.sumida.lg.jp/kenko_fukushi/eisei/syoku_eisei/shokuhinneisei-ihan/syobunrestaurant.files/syobun0704_s.pdf

営業者氏名  営業者:株式会社マルエツ  代表取締役 上田 真

住所:東京都豊島区東池袋五丁目51番12号

施設の名称及び所在地等  施設の名称:マルエツ菊川店

所在地:東京都墨田区菊川二丁目2番10号  業種:魚介類販売業(一般)

原因食品等  原因となった食品:平成30年6月22日に当該施設が販売した「真いわし造り」

原因となった病因物質:アニサキス

不利益処分を行った理由  食中毒

不利益処分の内容 営業停止1日間(平成30年7月4日)

不利益処分を行った措置状況 営業停止期間中に衛生講習会を行います。

★富山県:高岡市のスーパーで買ったカツオの刺し身で食中毒 アニサキス

【中日新聞201871日】

http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20180701/CK2018070102000019.html

 県は三十日、高岡市中曽根のスーパー「バロー中曽根店」で買ったカツオの刺し身を食べた四十代の女性が、寄生虫アニサキスによる食中毒になったと発表した。女性は腹痛を訴えたが、症状は回復している。

 高岡厚生センターは、同店の鮮魚部門を三十日の一日間の営業停止処分にし、衛生管理の徹底や器具の洗浄消毒の強化などを指示した。女性は二十六日夜に刺し身を購入し、食べた。二十八日に医療機関を受診したところ、胃からアニサキスが摘出された。

植物性自然毒食中毒(キノコや山野草などの中毒)

該当する記事は見つかりませんでした。

.動物性自然毒食中毒(フグ中毒や貝毒など)

該当する記事は見つかりませんでした。

 その他の食中毒関係情報

★京都刑務所で621人が食中毒 調理場を3日間使用停止

【朝日新聞デジタル2018742019分】

https://digital.asahi.com/articles/ASL745X2QL74PLZB00R.html

 京都市保健所は4日、京都刑務所(京都市山科区)の男性受刑者621人が食中毒になったと発表した。6月下旬に腹痛や下痢の症状があったが、いずれも回復したという。保健所は刑務所で調理した給食が原因とみて、調理場の使用を4日から3日間、停止するよう命じた。

 刑務所や市によると、症状があったのは26~76歳の受刑者で、大半は6月28日未明から正午にかけて症状を訴えていた。給食は24人の受刑者が交代で調理していて、職員10人を含む計1132人が同じ給食を食べていた。

 食中毒の原因とみられるのは同26~28日の給食で、鶏肉チンゲンサイ炒めや焼いたサンマなどが出されていた。刑務所は28日以降、給食を中止し、外部から弁当をとって対応しているという。

 刑務所は2日間、全受刑者の刑務作業を見合わせた。足立幸弥(ゆきや)所長は「衛生管理を徹底し、適正な施設運営に努めたい」とコメントを出した。

【京都市発表平成30年7月4日(抜粋)

http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/cmsfiles/contents/0000110/110109/180704oshirase.pdf

食中毒の発生について

平成30年6月28日(木)午前8時39分,京都刑務所の医師から医療衛生センターに次のとおり連絡があった。

「受刑者1,122人のうち約3分の1が本日午前7時40分から下痢の症状を呈し,食中毒が疑われる。」京都市保健所が医療衛生センターを通じて調査したところ,当該刑務所内の給食施設で調理,提供された食事を喫食した1,132人(検食を実施した職員10人含む。)のうち,621人が下痢,腹痛等の症状を訴えていることが判明した。

京都市保健所では,これら患者に共通する食事が当該刑務所で調理された食事以外にないこと,患者の発症状況が類似していること,医師から食中毒の届出があったことから,当該刑務所で提供された食事を原因とする食中毒であると断定し,平成30年7月4日(水)から6日(金)まで3日間の給食施設の使用停止を命令した。

なお,当該刑務所は平成30年6月28日(木)から給食業務を自粛している。京都市保健所では,医療衛生センターを通じ,当該刑務所に対して,施設の清掃,消毒の徹底を指導するとともに,食中毒予防に関する再教育を行い,被害の拡大と再発の防止に努めている。なお,患者は全員回復している。

○ 提供メニュー

【6月26日】朝食 味噌汁, 納豆, 漬物 昼食 牛肉の七味焼き, 菜の花のお浸し, にら卵スープ

夕食 焼き魚( さんま)( 醤油), いんげんの白和え, 豚汁

【6月27日】朝食 味噌汁, 佃煮, 三色豆 昼食 赤飯, しぐれ煮, 五目汁, コーヒー

夕食 鶏肉チンゲン菜炒め, 油炒ザーサイ, きのこスープ

【6月28日】朝食 味噌汁, ふりかけ, 漬物 

○ 原因施設 名 称 京都刑務所 所在地 京都市山科区東野井ノ上町20

業 種 給食施設

患者状況 喫食者数 1,132人(男:1,132人 女:0人)

患者数  621人(男: 621人 女:0人)主な発症日時 平成30年6月28日(木)午前2時~正午

主な症状 下痢,腹痛等

★食中毒の被害が増える季節食品の衛生対策を呼び掛ける啓発活動 名古屋

【メ〜テレ(名古屋テレビ)201873() 12:23配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00182969-nbnv-l23

食中毒の被害が増える季節を迎え、食品の衛生対策を呼び掛ける啓発活動が名古屋市で行われました。

栄のオアシス21で行われた啓発活動では、保健所の食品衛生監視員が飲食店のまな板や包丁などの汚れ具合を計測する「ふき取り検査」や、冷蔵庫の温度の確認を行いました。また、鶏肉による食中毒「カンピロバクター食中毒」を防止するキャンペーンも行われました。「カンピロバクター食中毒」はここ5年間で2017年に発生件数が最多となっています。

★石川県:食中毒予防へ一斉指導

【北國新聞社201873() 1:31配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00620650-hokkoku-l17

 石川県の食品衛生一斉監視指導は2日、能登町の国民宿舎能登うしつ荘を皮切りに始まり、県職員らが調理場の衛生管理を検査し、夏の食中毒防止に向けて万全を期した。

うしつ荘には、県能登北部保健福祉センターの食品衛生監視員2人が訪れ、従業員の手や水道の蛇口などの汚れを確認したり、冷蔵庫内の温度を計測したりした。一斉監視指導は31日までで、県内全域の宿泊施設や飲食店など約1500施設を対象に行われる。

2 感染性胃腸炎情報(食中毒に直結するノロウイルスやロタウイルス、夏場は腸管出血性大腸菌など、及びその他の集団感染情報です)

該当する記事は見つかりませんでした。

3 異物混入(異物混入は危険なものはもちろんですが、健康障害を起こさない事例でも経済的な損失をきたします)

★山形県:大江町の小学校給食、マグロの揚げ物に金属片 埼玉の業者が納入

【山形新聞20180706日 07:44

http://yamagata-np.jp/news/201807/06/kj_2018070600113.php

大江町内の小学校で3日に提供された給食のおかずに、長さ約1センチの金属片のような異物1個が混入していたことが5日、町教育文化課への取材で分かった。おかずはマグロの揚げ物。埼玉県の業者が冷凍した状態で県学校給食会に納入した。

小学校の調理室でフライにし、給食提供前に職員がチェックした際、おかずの表面に異物が付着していたことに気付いた。町内の全小中学校に同じおかずを給食で提供予定だったが、町は急きょ提供を取りやめ、翌日分のおかずを代用して児童、生徒に提供した。納入業者が異物の内容や混入経路について調べている。

★佐賀県:白石町 有明東小の給食「スイカポンチ」に金属片が混入 

【佐賀新聞20187610:00

http://www.saga-s.co.jp/articles/-/240736

白石町教育委員会は5日、有明東小学校(中西貞弘校長、149人)の給食に金属片が混入していたと発表した。健康被害の報告はなく、経緯を調べている。

 町教委によると、金属片は長さ4ミリ、幅0・3ミリ。6年生の女子児童1人が、給食で配膳されたスイカのデザート「スイカポンチ」を食べようとしたところ金属片を見つけた。口には入れていない。

 給食は、同校内の調理室で調理。金属片発見を受けて、全校生徒や職員に確認したが、他に異物混入の報告はなかった。スイカポンチは、業務用に県学校給食会から仕入れた缶詰缶から取り分けて配膳した。缶や器具などを点検したが、原因は分かっていない。町教委は「原因を調べた上で再発防止策を検討したい」としている。

★愛知県:豊田市 2校の給食パンに金属片

NHK東海NEWSWEB20180703日 1901分】

http://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20180703/3140661.html

愛知県豊田市の小学校と中学校の2校で、給食のパンの中に針金のような金属片が混入しているのが見つかりました。児童や生徒にけがはありませんでしたが、市や納入業者などが原因を調べています。

6月18日、豊田市の大林小学校で、給食の食パンを口に入れた4年生1人が異物に気づき、吐き出したところ、長さ1.7センチの針金のような金属片が混入していました。

また、2日、猿投中学校では米粉製のパンを食べようとした1年生1人が同じような大きさの金属片が混入しているのに気づきました。

いずれも、児童や生徒にけがはありませんでした。

金属片が混入していたパンは、いずれも豊明市に本部がある県の外郭団体、県学校給食会が委託した豊田市内の工場で作られています。

市の教育委員会や保健所は、2日、この工場で製造工程を点検しましたが、すぐに原因はわからず、市は県学校給食会に原因の究明を指示しました。

給食会の小林勝彦事務局長は「原材料も含めて点検し、金属が混入した原因を調べるとともに、再発防止を徹底したい」と話しています。

★佐賀県:武雄中の給食、ニラ玉汁に金属混入、被害なし

【佐賀新聞2018630日】

http://www.saga-s.co.jp/articles/-/237482

武雄市教育委員会は29日、武雄中の給食に針金状の金属が混入していたと発表した。生徒が食べる前に見つけた。健康被害の報告はない。原因が判明していないため、7月2日から3日間は調理をしない代替食で対応する。 生徒が29日の給食で、にら卵汁を飲み終えようとして容器の中にあるのを見つけた。金属は直径1ミリ、長さ2・2センチ。3学年とも同じ給食で、全校生徒や職員に確認したが、他に異物混入の報告はなかった。

 武雄中の給食は校内の給食室で委託された業者が調理している。機器などを点検したが、原因は分かっていない。杵藤保健福祉事務所の協力も得て、調理委託業者や食材の納入業者を調査している。

★三重県:桑名の小学校で給食ホットドッグに金属製のネジが混入 

【読売新聞201874日】

 桑名市教育委員会は3日、同市松ノ木の大山田南小学校で、同日の給食に出されたホットドッグの具に、長さ約5ミリの金属製ネジが混入したと発表した。

 3年生の教室で具のゆでキャベツを皿に盛りつけていた児童がネジを見つけ、担任に報告した。他のクラスでの混入はなかった。給食は校内の給食室で調理しており、材料の温度を測る「中心温度計」の電池蓋を留める四つのネジの一つだった。

 市教委は、使用前後の調理器具について確認を徹底、再発防止に努めるとしている。

4 食の安全情報

<違反食品・自主回収等関係情報>

★北海道庁:食品衛生法違反者等の公表について

【北海道庁公表  平成30年6月30日】

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kse/sho/iha/ihan20180630.htm

区分  違反食品 

食品等の名称 アイスミルク (品名:アイスミルク(バニラ)) (平成30年1月30日製造分)

違反した法令の名称及び適用条項

  食品衛生法第11条第2項違反

     違反の具体的な内容  成分規格違反:大腸菌群陽性 (成分規格:陰性)

違反の原因となった製造施設等の名称等

  施設名称 株式会社新十津川総合振興公社

 施設所在地 北海道樺戸郡新十津川町字中央5-

 営業者氏名 株式会社新十津川総合振興公社(代表取締役社長 小林 透)

 業種名 アイスクリーム類製造業

行政処分等の内容及び措置状況等

  北海道滝川保健所は営業者に対し、文書により原因究明及び改善等を指示した。

備 考   当該食品は、営業者が自主回収を行っている。

★埼玉県公表2018630(抜粋)

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0708/kanshi-shido/shokuhin_ihan.html

食品衛生法違反食品等の公表について

アイスクリーム(H・バニラ)、他3(東京堂乳業食品株式会社)

1 概要

 平成30629日春日部保健所から、「625日に収去した「アイスクリーム」から大腸菌群が検出された」旨食品安全課宛て報告があった。

春日部保健所は、製造者に検査結果を通知するとともに回収を指示し、製造者は629日付けで自主回収に着手している。引き続き、再発防止等必要な指導を行う予定である。

なお、今のところ当該品に係る健康被害の申出はない。

2 営業者又は食品関係事業者等の氏名及び住所

 東京堂乳業食品株式会社 ( 埼玉県草加市吉町5-6-21 )

3 製造施設の名称及び所在地又は原産国名

 東京堂乳業食品株式会社 ( 埼玉県草加市吉町5-6-21 )

4 違反食品の名称及びその食品等を特定するための情報(期限表示、ロット番号、内容量等) 

品名 アイスクリーム / アイスミルク

商品名

1.アイスクリーム(玉バニラ)

2.アイスミルク(ホワイトソルトアイス)

3.アイスミルク(塩アイス)

4.アイスクリーム(H・バニラ)

形態、容量、製造年月日

1.紙容器、2リットルまたは5リットル、2018.06.11製造数:2リットル120本、5リットル48

2.プラ角型容器、2リットル、2018.06.11製造数136

3.プラ角型容器、4リットル、2018.06.11製造数69

4.紙容器、10リットル、2018.06.14 ( 製造記号:QF14 ) 製造数133

製造者  東京堂乳業食品株式会社 ( 埼玉県草加市吉町5-6-21 )

流通状況 業務用製品であるため、一般消費者への流通はない。 詳細については調査中。

違反の内容 食品衛生法第11条違反 ( 乳及び乳製品の成分規格等に関する省令:大腸菌群検出 )

発見年月日 平成30629(試験検査報告日)

5 違反内容 食品衛生法第11条違反 ( 乳等省令:大腸菌群検出 )

6 指導内容

 春日部保健所は629日に製造所へ立入調査を行い、当該品の販売停止と販売先を通じた回収を指示した。また、製造者に対し原因究明と再発防止のため、629日付けで報告書の提出を指導した。

7 その他の事項(健康被害の有無等)

 召し上がった場合、直ちに健康被害をもたらすものではありません。

なお、現在健康被害等の報告はありません。

8 公表年月日 平成30629

★牛生レバー提供容疑で居酒屋経営者逮捕 滋賀・彦根

【産経新聞2018.7.3 19:18更新】

http://www.sankei.com/west/news/180703/wst1807030069-n1.html

 滋賀県警は3日、国の基準に合わない方法で牛の生レバーを提供したとして、食品衛生法違反の疑いで、同県彦根市の居酒屋「近江食堂」の経営者岩崎裕容疑者(35)=彦根市後三条町=を逮捕した。

 逮捕容疑は、5月13日と同25日、近江食堂で、牛の生レバーを表面だけあぶった状態で客に提供したとしている。

 国の基準では、牛のレバーを消費者に直接販売する場合、内臓の中心部まで十分に加熱しなければならない。

 県警によると、「上レバーあぶり」という品名でメニューに載せていた。健康被害は確認されていない。情報提供があり、捜査員が来店して確認した

<アレルギー関係情報>

★学校給食のアレルギー症状の経緯を燕市教委が説明

kenoh.com 2018.6.30

http://www.kenoh.com/2018/06/30_allergy.html

燕市教育委員会は、525日の学校給食で3人の小中学生にアレルギー症状があらわれた問題で29日、会見した。

給食の献立のタンメンスープに使われた調味料の塩ラーメンスープに乳成分が使われていたため、乳製品にアレルギーをもつ3人がアレルギー症状を発症した。当初、市教委は塩ラーメンスープに乳成分の記載がなく、あとになって乳成分が追加されたと説明したが、それは誤りで以前から乳成分の記載があったことを確認した。

ことし4月に燕市東部学校給食センターが稼働し、それまで給食業務を委託していた燕市厚生福祉事業協同組合「味彩燕」に今度は燕市東部学校給食センターでの調理を委託する形に切り替わるのに伴い、アレルギー対応が十分に引き継ぎされなかったのが原因と説明した。

今後の対応について市教委は、希望者に個別のアレルギー相談会の実施、こうした事案の早急な対応、食物アレルギーをもつ児童生徒との意見交換などを行い、再発防止に努める。

会見には市教委の仲野孝教育長、宮路一則学校教育課長、山田公一教育次長が出席、深々と頭を下げてわびて始まった。

また、30日午前10時からと午後7時からの2回、燕市中央公民館で説明会を開き、アレルギーに関心のある人なら誰でも参加できる。会見で配布した報告の書面は次の通り。

 

平成30629

食物アレルギー症状の発症について(報告)

1 発生状況

1. 発生月日 平成30525()

2 .献立 中華麺、タンメンスープ、肉団子のもち米蒸し、じゃこキャベツ、豆乳プリン

3 .概要

.4月に、保護者へ給食センターからお届けした5月分の食材詳細表には、「乳」の記載がなかった。

※「食物アレルギー対応マニュアル」では、調味料・だし・添加物は除去する必要がないとされているため、担当は、調味料・だし・添加物の成分を確認しなかった

.525日に、乳アレルギーの生徒がタンメンスープの中華麺を食べた後、頭がくらくらするとともに、口の中の違和感や耳の痒み、息の詰まる感じのアレルギー症状が発症した。

.529日に、アレルギー症状を発症した生徒の保護者からの問い合わせを受け、東部学校給食センターで給食の原材料及び調味料の成分を調べ直したところ、塩ラーメンスープ(調味料)の成分表示に「乳成分」が以前からあったことが判明した。

※説明

611日付けの食物アレルギーを持つ児童生徒の保護者様宛の報告書では、塩ラーメンスープ(調味料)の成分表示に「乳成分」が追加されたと記載いたしましたが、これは誤りであり、以前から成分表示に「乳成分」があったことを確認しました。

 調査を進める段階で、確認が不十分であったことから、あたかも製造業者の責任であるかのような表現となっており、保護者や関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

.530日に、担当は、学校との連絡袋を使用して、問い合わせの保護者へ塩ラーメンスープのチキンエキスに「乳成がが含まれていることを報告した。

.64日に、東部学校給食センターが給食を提供している学校でアレルギー症状を発症した児童生徒を調査した結果、連絡をいただいた生徒以外に2名いた。

2 再発防止策

•毎月の調味料・だし・添加物の成分を調べ直し、さらに詳細な成分表を、食物アレルギー対応を行っている児童生徒の保護者全員に配付する。

•納品時に調味料・だし・添加物の表示を確認し、詳細表と相違がないか複数人でチェックするとともに、調味料・だし・添加物の成分内容が変わっていたときには、緊急に代替食を用意するなどの措置をとり保護者と学校へ連絡する。

3 今後の対応

•希望される方には、個別に食物アレルギー相談会を実施する。(後日お知らせします)

•このような事案が判明した場合は、早急に対応する。

•学校給食における調味料・だし・添加物の除去については、今後、食物アレルギーをもつ児童生徒の保護者の皆様と意見交換をさせていただきたい。 (佐藤)

<表示関係情報>

該当する記事は見つかりませんでした。

<HACCP・認証関係情報>

該当する記事は見つかりませんでした。

<給食関係情報>

★給食「親子方式」検討へ 相模原市教委が19年度中に計画

【カナロコ by 神奈川新聞201874() 13:40配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00027337-kana-l14

 相模原市教育委員会は、市立小学校の給食室で自校に加え、近隣の小学校1校の計2校分の給食を作り配送する「親子方式」による給食提供の検討を始めた。6月下旬には小学校長の代表や市職員らでつくる検討組織を設置。今後、実施方法や対象校などを検討し、2019年度中に整備計画をまとめる。

  市内の市立小学校全72校のうち、54校が自校で給食を作る「自校方式」で、18校は給食センターで作り配送する「センター方式」。親子方式導入が検討されているのは自校方式同士の学校で、保温できる容器を使用するなどしてどちらにも従来通りの温かい給食を提供するという。

  試算では、自校方式から親子方式となった2校一組の年間運営費は従来に比べて約2500万円削減できるという。使わなくなった給食室の活用方法も併せて検討する。

  市立小学校の給食室は児童数の増加に対応するため、児童数よりも多い給食提供能力を備えるよう設置・改修されてきた。だが、自校方式の54校で現在3万1千人の児童数は、23年度には2千人程度が減少すると推計されている。そのため、提供数に余裕のある給食室の有効活用が課題となってきた。

★震災後初の磯遊び 岩手・野田小児童、ホタテ給食も

【岩手日報201871() 11:05配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00175140-iwatenpv-l03

 野田村の野田小(吉田久美子校長、児童172人)は6月29日、地元の長根浜で東日本大震災後初の磯遊びを行った。児童が浅瀬に入って生き物を探索。25日には地元産ホタテの給食も味わい、古里の海に理解を深めた。

  震災後中断していた磯遊びは2年生33人が参加。地元漁師らの協力で特別開放された長根浜の浅瀬を歩き回り、生き物を見つけると歓声を上げて触ったり眺めて楽しんだ。土内和華さんは「ウニやカニがいてかわいかった」と笑顔を浮かべた。

  25日は同校で村主催の「荒海ホタテ」給食会が開かれた。地元漁師や水産関係者で組織する荒海団(外舘尚紀団長)が協力し、ブランド化を図った地元産の荒海ホタテを全校児童に提供。ホタテが入ったご飯と汁物で、古里の味を堪能した。

<ジビエ関係情報>

★三重のご当地食材PR 県と朝津味、ジビエや食用花提供

【伊勢新聞2018630() 11:00配信】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000608-isenp-l24

 フューチャー・ファーム・コミュニティ三重(津市高野尾町、赤塚充良社長)は28日夕、同社が運営する津市高野尾町の農産物直売所「高野尾花街道 朝津味」で取り組み発表会を開き、県と朝津味が連携して県産農林水産物の魅力を発信する「朝津味・みえご当地食材活用プロジェクト」を発表した。

  プロジェクトは、県産農林水産物の集積と販売強化を目指す朝津味と、県内農林水産物のPRや消費拡大を狙う県の目的が一致したことがきっかけで、双方の担当者が定期的に協議。県が季節に合った旬の食材を紹介し、朝津味が赤塚植物園で開発された直径20センチのタイタンビカスなどエディブルフラワー(食用花)も活用しながらメニューを開発。直売所やフードコートを持つ朝津味がメニュー提供、販売を行うことで、県食材の情報発信・消費拡大につなげる。

  プロジェクトの第一弾は「みえジビエ」で、72日から朝津味フードコートで「みえジビエのコロッケカレー」(税込880円)と、エディブルフラワーと県産肉や野菜を用いた「花プレート」(税込み1680円)を提供する。

  また、7月中旬から毎週金曜日の夕方、予約制でシェフが食文化を語りながら調理し、県産食材を楽しむ料理会も計画している。

  発表会で赤塚社長は「三重県の新しい食材を提供できる場所として頑張っていきたい」と意気込みを語った。

.<民泊関係情報>

★民泊届け出番号、使い回し 仲介最大手エアビー、11物件で重複

【朝日新聞デジタル2018740500分】

https://digital.asahi.com/articles/DA3S13569332.html

民泊仲介最大手、米エアビーアンドビーのサイトで、民泊新法が施行された後も違法な「ヤミ民泊」の物件が多数掲載されていた問題で、一つの届け出番号で複数の物件が載っていることが3日、分かった。仲介業者に番号確認を求める観光庁のガイドラインに抵触する可能性がある。

 6月15日に施行された住宅宿泊事業法(民泊新法)で、民泊の事業者は自治体から、「M」の文字と9桁の数字からなる届け出番号を受ける必要がある。仲介業者であるエアビーは、事業者から提出された届け出番号をサイトに載せている。

 6月中旬の朝日新聞の調査では、架空の番号が東京都内の物件で多数見つかり、エアビーは「明らかにおかしな番号は掲載できないようにシステムを改めた」と説明していた。

 朝日新聞は今回、エアビーのサイトに掲載されている都内の物件を、届け出番号の下4桁が1~2000で調べ、自治体が公表している受理済みの届け出番号と照合した。

 その結果、11物件で同じ番号が使われていた。例えば、別事業者がそれぞれ運営する台東区と渋谷区の物件が同じ番号だった。北区で受理された番号を板橋区の物件にも使っている事業者もいた。自治体が受理していない架空の番号も依然、5物件あった。

 観光庁は仲介業者に対し、番号が本物かどうかの確認までは求めていない。一方、ガイドラインなどで「明らかに虚偽と認められる届け出番号を示している施設のあっせん」を禁止している。観光庁は「複数の物件で同じ届け出番号を掲載するのはこれに該当し、ガイドラインに抵触する可能性がある」としている。

 観光庁は全仲介業者に掲載物件リストの提出を求め、実態調査を進める考え。今後、エアビーに物件の削除要請や業務改善命令を出すか判断する。

 エアビーの広報担当者は朝日新聞の指摘に対し、「同じ届け出番号で複数の物件が掲載されているケースがあるのは把握している。現在のシステムでは排除できておらず、今後の課題だ。観光庁の指示に従いたい」と答えた。(北見英城、石山英明)

★福島)首都圏の若者3人昭和村移住 古民家を宿泊施設に

【朝日新聞デジタル2018720300分】

https://digital.asahi.com/articles/ASL713WNDL71UGTB003.html

人口約1300人、高齢化率56%の福島県昭和村で1日、首都圏から移住した若者3人が、築150年以上の古民家を改装した民泊の宿泊施設をオープンさせた。床の張り替えや外壁の塗装などを自分たちでこなした3人は「昭和村の魅力が知られていないのはもったいない。積極的に発信していきたい」と意気込みを語った。

 3人は福島県磐梯町出身の橋本浩寿(こうじ)さん(30)、水戸市生まれの海野正輝さん(31)、千葉県銚子市出身の網谷修佑さん(30)。

 この日、宿泊施設「SHARE BASE 昭和村」に生まれ変わった古民家は、橋本さんの母の実家。診療所を開いていた祖父が亡くなってから10年以上、空き家になっていた。

 「幼い頃、親戚が集まり、にぎやかだった家を何とかしたい」。橋本さんは東洋大学で学んでいた頃から、友人の海野さん、網谷さんに夢を語っていた。

 卒業後、東京・渋谷の広告会社で、ウェブ広告の制作やマーケティングなどに携わっていた橋本さんは2016年、独立を決め、医師として地域に貢献した亡父・悟さんの名前に由来する「株式会社SATORU」を設立する。「ネット環境があれば東京でなくても仕事ができる」

 昨年5月に海野さん、網谷さんとともに昭和村に移住し、ウェブ広告の仕事を続けながら、古民家を宿泊施設にするための改装作業を続けてきた。

 電気や水道、ガスの配管といった専門的な作業を除き、内装などのリフォームは3人でこなした。「秘密基地をつくろうという思い」と橋本さん。この間に草刈りの仕方を習うなど、地元の人々との交流を深めた。海野さんは「高齢化率は高いけど、元気なお年寄りばかり。面白いことをやるうえで、伸びしろのある村だと感じた」と話す。

 8畳の宿泊室3部屋と、共有スペースとして16畳の居間と24畳の大広間があり、食事は自炊。料金は1泊5千円で、年会費3千円の会員になれば1泊3900円で利用できる。予約は「SHARE BASEプロジェクト」のホームページから。(戸松康雄)

<職場環境関係情報>

該当する記事は見つかりませんでした。

<食糧自給関係情報>

該当する記事は見つかりませんでした。

<その他の情報>

★宮城県:養殖ホタテ 全海域で出荷再開

NHK東北NEWSWEB20180628日 1317分】

https://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20180628/0001769.html

宮城県内の養殖ホタテに人が食べるとまひの症状が出る貝毒が広がり、出荷の自主規制が続いていた問題で、貝毒の影響を受けない貝柱に限って出荷できるようにする措置が新たに施行されたことを受けて、県内のすべての海域でホタテの出荷が再開されました。

県内の養殖ホタテには、人が食べるとまひの症状が出る貝毒が広がっていることから、県漁業協同組合では3月下旬以降、出荷の自主規制を続け、去年は660トンあった5月の水揚げはゼロでした。

このため、県と県漁業協同組合は貝毒の影響を受けない貝柱に限って、検査を行い安全性を確認したうえで出荷できるようにする措置を今月25日に施行しました。

これを受けて、県内のすべての海域で28日までにホタテの出荷が再開され、このうち女川町飯子浜にある漁港には、28日朝6時ごろ、養殖場からホタテを引き揚げた船が次々に戻ってきました。

港では生産者がホタテを仕分けたあとトラックに積み込み、ホタテはさっそく加工工場へ運ばれていきました。

女川町で30年以上ホタテの養殖を行っている阿部忠勝さん(63)は、「水揚げが始まる前の日から楽しみにしていました。街の人が安心して食べてくれるか一番不安ですが一生懸命がんばります」と話していました。

県水産業基盤整備課の石田幸司課長は貝柱に限って出荷できるようにする今回の措置について、「ホタテは貝柱に毒をためず、中腸腺と呼ばれる部分に毒がたまるので、これから貝柱の検査をして問題がないと安全を確認した上で出荷していきたい」と述べました。

また石田課長は、長期間にわたって出荷の自主規制が続いたことで、漁業者は収入不足に陥っていることから、運転資金の確保が今後の課題になると指摘しました。

その上で石田課長は、「ホタテはこれから出荷のピークを迎えるが、出荷が短期間に集中すると、どうしても値段が下がってしまうので、県としてもPRや生産者の支援に力を入れていきたい」と述べ、県としても、対策を検討していく考えを示しました。

まひ性の貝毒は主にホタテなどの2枚貝に発生し、県内でも3月下旬以降、被害が広がりました。

貝毒はウロと呼ばれる黒い内蔵の部分にたまりやすく、貝柱は貝毒の影響を受けないことから、県と県漁業協同組合では、今回、貝柱に限って、検査を行い安全性を確認した上で、出荷できるようにしました。

ただ、貝柱以外のホタテの出荷の自主規制は今も続いていて、県と県漁業協同組合が行う貝毒の検査で、3週連続で基準値を下回るまで規制は続くことになります。

★病原性大腸菌、腸管に付着する仕組み解明 阪大 

【日経新聞社会2018/6/29 20:34

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3243452029062018CR8000/

 下痢や腹痛を引き起こす病原性大腸菌が人の腸管に付着する際、自ら分泌したタンパク質と、菌体から糸のように伸びた線毛という構造物を使うことが分かったと、大阪大微生物病研究所の中村昇太特任准教授らのチームが29日、発表した。

 分泌するタンパク質に対する抗体を用い、腸管内の細胞への付着を防ぐことができ、中村特任准教授は「新規ワクチンや新しい治療法の開発につながる」としている。成果は米科学アカデミー紀要電子版に掲載された。

 チームは、タンパク質の構造を解析する手法を利用。大腸菌がまずタンパク質を分泌した後、線毛の先端部にくっつけたこのタンパク質を接着剤のようにして腸管に定着することを解明した。

 線毛を利用する可能性はこれまでも指摘されていたが、タンパク質と両方が必要なことを解明したのは初めてとしている。コレラ菌など他の病原性細菌も同様の仕組みを持つという。

 病原性大腸菌は大腸菌の一種。食べ物や汚染された水を通して体内に入り、腸管に付着後、毒素を出して下痢の症状を起こす。アフリカなどの発展途上国では下痢による脱水症状などで死に至るケースが後を絶たず、深刻な問題となっている。〔共同〕

 

2018年6月30日 (土)

2018年6月29日号PDF版最終便

2018年6月29日号PDF版の最終便です。

写真等が見られます。

「2018.6.29号最終便.pdf」をダウンロード

2018年6月29日号

       
 

食中毒

 

週刊ネットニュース

 
 

2018年6月29日号

 

編集発行:笹井 勉

 

食品衛生アドバイザー

 

(元墨田区食品衛生監視員)

 
 

*このニュースは版権をクリアしているものでありませんので、個人用として使用してください

 

【注意】:2018年6月29日までにネット上等で食中毒や食の安全に関する情報で発表のあったものを個人的にまとめて編集したものです。見出しは編集してあります。版権をクリアしたものではありません。食の安全、食品取扱者の衛生教育用(朝礼など)に使うことを目的にしていますので、事例を参考に「食中毒事故防止」や「食の安全な取り扱い」に役立ていただければ幸いです。

申し訳ありませんが、もし不都合な掲載があった場合はこちらsa19452004@yahoo.co.jpに連絡していただければただちに削除します。

トピックス

★たばこ規制で路上喫煙増える? 都、屋外喫煙所には補助

【朝日新聞デジタル20186280817分】

https://digital.asahi.com/articles/ASL6V71K8L6VUTIL05P.html

 2020年東京五輪・パラリンピックを見すえ、国の規制案より厳しい東京都の受動喫煙防止条例が成立した。都内の飲食店の大半が対象になり、大手チェーンも対応を検討し始めた。

 条例成立により、都内の飲食店の約84%にあたる約13万4千店が、屋内を完全禁煙とするか、喫煙専用室を設置するか判断を迫られる。2年後の全面施行を前に大手チェーンは対応を検討し始めている。

 「時代の流れですね」

 ファストフード大手「ロッテリア」の広報担当者は話す。今は都内37店のうち30店が分煙型で、喫煙しながら飲食できる。条例を踏まえ、原則全席禁煙にする方向で検討を進めている。

 喫煙する客が離れる不安は「正直ある」。だが、条件は他店も同じで「家族連れなどたばこを吸わない方々の来店を期待したい」とも言う。国の法律で禁煙の対象外となる東京以外の100平方メートル以下の店については「全国一律で都条例に合わせるという議論も出ているが、未定」という。

 完全禁煙を避ける店もある。加熱式たばこ専用の喫煙室内での飲食は認められるため、ある大手コーヒーショップ会社はすでに、都内の店で、紙巻きたばこ用の喫煙室だけでなく加熱式たばこ用の喫煙室も試行的に設けた。担当者は「このような形態を広げることになるだろう」という。「たばこを吸う人、吸わない人の双方に快適な空間を提供したい」(広報担当者)

 一方、区市町村からは「屋内の規制が厳しくなった結果、路上喫煙が増えるのでは」と懸念する声がある。歩きたばこなどが増えるのを防ぐため、小池百合子・東京都知事は都議会で、屋外公衆喫煙所の設置費を区市町村に全額補助する考えを表明した。

 02年から路上喫煙を禁止している千代田区は、屋外の用地確保が難しいとし、補助金で空き店舗などを公衆喫煙所に改修して喫煙所拡充を目指す方針だ。

 施行後、飲食店などへの指導は各地の保健所が担うことになり、人手の確保も課題だ。杉並区の路上喫煙防止の担当者は「『なぜうちだけ指導されるのか』と不公平感が出ないよう、人員を投入する必要がある。だが保健所の職員だけでは足りない」と話す。都は今後、自治体と協議し、指導方法を検討するという。

 日本たばこ産業(JT)は「受動喫煙防止の取り組みに賛同している」(IR広報部)とし、今後、分煙コンサルティングなどのノウハウを生かして受動喫煙対策に協力する方針だ。ただ、都条例について「飲食業者の声を反映しておらず、残念。店側の選ぶ権利、そのうえでお客が選択する権利を尊重すべきだ」と指摘している。(木村浩之)

1 食中毒

ノロウイルス・サポウイルス (生カキや感染した調理人の手指等からの汚染が原因に)

★岡山県:真庭市の湯快リゾートで30人の食中毒は ノロウイルス

【毎日新聞2018624日 地方版】

https://mainichi.jp/articles/20180624/ddl/k33/040/318000c

 県は23日、真庭市豊栄の旅館「湯快リゾート輝乃湯」で、今月16日に宿泊し食事をした客123人のうち男女30人(1歳~80代)が下痢や腹痛など食中毒症状を訴えたと発表した。患者はいずれも軽症で、快方に向かっているという。原因となった食事は16日夕食か17日朝食とみられ、一部の患者からノロウイルスを検出。真庭保健所は23日から10日間の営業停止処分とした。

  県によると患者は大阪、広島など5府県からの宿泊客。同旅館では昨年末にも宿泊客27人が食中毒症状を訴え、5日間の営業停止となった。【戸田紗友莉】

.その他のウイルスA型、E型肝炎ウイルス、ロタウイルスなど)

該当する記事は見つかりませんでした。

病原大腸菌(O157は牛の腸内に、その他の病原大腸菌は外国より持ち込まれたり、汚れた調理環境などが原因に)

該当する記事は見つかりませんでした。

サルモネラ属菌食中毒(食肉や鶏卵などが原因)

★広島市:佐伯区の飲食店で51人が食中毒 サルモネラ属菌

【広島市公表 平成30年6月26日(火)(抜粋)

http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1529552934916/index.html

事件の概要

  「ジ・アウトレット広島 第十八代 龍神丸」が提供した食事を原因とする集団食中毒について、6月21日(木)に発表したところですが、調査の結果、患者便、食品及び従事者便からサルモネラ属菌を検出したため、広島市保健所は、食中毒の病因物質をサルモネラ属菌と特定しました。

「【前回発表】

 615()、市民から「612()に佐伯区の飲食店を利用した2名のうち、2名が613()から胃腸炎症状を呈している。」との情報があり調査を開始した。さらにその後、当該施設を利用した複数グループも体調不良を呈しているとの情報を探知した。

  調査の結果、612日(火)又は617()に「ジ・アウトレット広島 第十八代 龍神丸」を利用した4グループ11名全員が、翌日から下痢、発熱、腹痛等を発症していた。

  患者の共通食は当該施設で提供された食品しかないこと、患者の発症状況が類似していること、患者を診断した医師から食中毒患者等届出票が提出されたことから、広島市保健所は、この施設が提供した食事を原因とする集団食中毒事件と判断し、621日(木)、「ジ・アウトレット広島 第十八代 龍神丸」の営業者に対して、当該施設の営業禁止を命令した。

原因施設

(1) 施設名        ジ・アウトレット広島 第十八代 龍神丸

(2) 営業の種類     飲食店営業

(3) 営業所所在地   広島市佐伯区石内東四丁目1番1号  ジ・アウトレット広島1階

(4) 営業者氏名     株式会社 福なが 代表取締役 福永 光明 」

患者の状況

 (6月26日(火)10時現在) 患者数 23グループ51名(うち2名入院中。)

原因食品 6月4日(月)から6月20日(水)に当該施設で提供された食事

カツオのたたき定食、カツオアボカド丼、豚コンフィの炙り焼き定食等

病因物質  サルモネラ属菌

検査結果    (検査機関:広島市衛生研究所等)

                             
 

検体名

 
 

検体数

 
 

検査結果

 
 

患者便

 
 

10

 
 

8検体サルモネラ属菌陽性 2検体陰性

 
 

拭き取り

 
 

11

 
 

11検体陰性

 
 

食品

 
 

 
 

1検体サルモネラ属菌陽性〔豚コンフィ(加熱済半製品)〕
 
6検体陰性

 
 

従事者便

 
 

 
 

4検体サルモネラ属菌陽性 3検体陰性

 

黄色ブドウ菌(手指の傷などについて、弁当やおにぎりなどで起きます)

★兵庫県:西脇市の弁当店で7人が食中毒 黄色ブドウ球菌

 県加東健康福祉事務所は26日、西脇市西田町の弁当店「本家かまどや西田町店」の弁当を食べた7人が食中毒になったと発表した。

【兵庫県発表2018628日】

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf14/hw14_000000020.html

処分年月日  平成30626

業種  飲食店営業

施設名称[営業者氏名]等  本家かまどや西田町店  [有限会社 Dream Company Spirits

施設所在地  西脇市西田町178-6

主な適用条項 法第6

行政処分を行った理由  食中毒

病因物質  ぶどう球菌

行政処分等の内容  営業停止3日間

兵庫県(626日発表)

滋賀県 近畿府県市食中毒情報より

http://www.pref.shiga.lg.jp/e/shoku/shoku/00osirase/saisin.html

##発症日時:624日(日曜日)午後030

 喫食者数:8人   有症者数:7

 原因食品:624日(日曜日)に提供された「炊き込みご飯入りザ・幕の内」弁当

 病因物質:エンテロトキシンA(黄色ブドウ球菌が産生する毒素)

 原因施設:本家かまどや西田町店(兵庫県)

★おにぎり食中毒の黒幕 「黄色ブドウ球菌」について専門家に詳しく教えてもらいました

BuzzFeed Japan Medical / 岩永直子2018629() 6:31配信】

おにぎりによる食中毒の原因ナンバーワンという黄色ブドウ球菌。石鹸で手をよく洗い、ビニール手袋などを使って握らないと危ない、という記事を書いてもらったばかりですが、そもそもどんな性質の菌なのか気になりました。
 そこで、ブドウ球菌研究を専門とする、国立感染症研究所薬剤耐性研究センター長、菅井基行さんに詳しく伺ってきました。
暑くなってきたこの季節、食中毒を防ぐために何に気をつけて調理をしたらいいのでしょうか?

皮膚の表面や鼻の穴周辺に存在するありふれた菌

ーーおにぎりでの食中毒が注目されていますが、「黄色ブドウ球菌」とはそもそもどこにある菌なのですか?
 黄色ブドウ球菌は人類の創世期から人間に棲み着いているありふれた菌で、皮膚の表面や鼻の穴、鼻の穴の入り口付近の「鼻前庭」という部分によく存在しています。だれでも無意識に鼻の下をこすることがあると思うのですが、その時に手指にうつり、調理中の食材に入ってしまうのですね。
 実は、ブドウ球菌は30種類以上あるのですが、人間の体で一番多いのは食中毒などの問題を起こさない「表皮ブドウ球菌」という種類です。皮膚の表面にいるのはほとんどこの表皮ブドウ球菌で、黄色ブドウ球菌は健康な人の皮膚にはむしろ少ないです。
 ところが、病気になったりして、このバランスが崩れると、黄色ブドウ球菌が勢力を増していきます。例えば、アトピー性皮膚炎の人は黄色ブドウ球菌が多いことがわかっています。
 アトピー性皮膚炎になると、皮膚を覆う鎧のような角質層が剥がれてバリア機能が弱まり、かきむしったりして体液が漏れ出してくることがあります。それをエサにして黄色ブドウ球菌が増殖してしまうのです。

温度と水分で増殖し、塩分が毒素を作り出すのを促す

ーー黄色ブドウ球菌はどういう特徴を持つのですか?

酸素があってもなくても増える菌で、熱にも強いのが特徴です。4550度で30分放置しても死なず、お風呂に浸かるよりも熱い温度でも生き続けます。
 菌が増殖する過程で「エンテロトキシン」という、吐き気や嘔吐などの症状を引き起こす腸管毒を作ります。食べてから30分から数時間で症状が出ます。
 増えやすい環境が整っていれば、数時間で増殖の飽和状態に達します。もっとも毒性活性の強いエンテロトキシンAの場合、菌が増えた後にもっとも腸管毒が産生されます。この腸管毒がまた熱に強く、100度で30分熱しても毒性を失いません。いったん食材で産生されると、加熱してもなかなか壊れないと考えた方がいいでしょう。
ーーどのような条件があると増殖してしまうのですか?
 人肌以上の温度で、一定の水分があり、エサとなる栄養分があると増殖します。そして、他の菌が増殖できないような塩の濃度でも増殖できる上、塩分を加えると毒素を作るのが促進される場合もあります。
 ハムや野菜スープなどでも黄色ブドウ球菌による食中毒が報告されていますが、人が食べるのにちょうどいい塩分濃度だと、ある種の腸管毒素を作りやすくしてしまうのです。
 ですから、手に塩をつけてにぎることが多いおにぎりは、黄色ブドウ球菌がつくと毒素を出しやすくなる可能性があるのです。暑くて湿気の多い梅雨から夏にかけての季節に、朝握ったおにぎりを日の当たる場所において、蒸れる状態にして数時間以上放置していたら危ないでしょうね。

なぜ人の皮膚上では増えないのか

ーーそれでしたら人の皮膚の上にも湿気や塩分がありますし、人肌の温度でもあります。皮膚上で増殖しないのはなぜなのでしょう。

 例えば、夏場で汗をたくさんかき、かきむしったりして体液が漏れ出すと、とびひを起こすことがあります。あれも黄色ブドウ球菌が原因です。

ただ、健康な皮膚は弱酸性に保たれており、他の菌との競合もあり、黄色ブドウ球菌は増えにくい環境にあります。清潔にしていればエサも少ないはずです。

そういえば、ブドウ球菌の中には、良い効果をもたらすものもあります。

 例えば、手で混ぜるぬかみその中には、「ワルネリ」というブドウ球菌の仲間が入っています。これは、他の雑菌に対して抗生物質のような役割を果たしており、雑菌を繁殖させず、ぬかみそを腐らせない役割を果たしています。

ブドウ球菌の専門家から調理のアドバイス

ーーこれまでの話を総合して、これから暑くなってくる季節、何に気をつけて調理したらいいのでしょうね。

 最初に言いましたが、人は無意識に鼻をこすり、その手で髪やドアノブを触ったりして、あちこちに黄色ブドウ球菌は潜んでいるのです。乾燥したところでもしばらく黄色ブドウ球菌は生き続けていて、私たちの研究では、スーパーマーケットの買い物かごにも生きている黄色ブドウ球菌が結構検出されました。

 菌だらけなんですよ、みんな。夏場や梅雨の気温が高く、湿気の多い時期は特に菌が増えやすいと考えて気をつけなければいけません。

おにぎりを手でにぎる時は、事前に石けんでしっかり手を洗いましょう。さらに、食べる時まで保冷パックのようなものに入れて、炎天下に置くようなことを避けてください。温度が低ければ菌は増殖できず、腸管毒素も産生されません。

手に傷口のある人は菌が感染している可能性がありますので、素手でおにぎりを作るのは避けましょう。ポテトサラダで増えた事例もあり、冷蔵庫も暑い時期はしょっちゅう開け閉めをして庫内の温度が上がりがちですので、冷蔵庫を過信してはいけません。作ったら早めに食べることが一番でしょうね。

もし食中毒になってしまったら病院に行きましょう。黄色ブドウ球菌の食中毒は症状としては比較的軽い方です。本人はものすごく苦しいのですが、この食中毒で死んだという人は聞いたことがありません。大抵、数時間から1日以内で治まりますので、脱水症状を起こさないように十分に水分をとってください。

腸炎ビブリオ(夏場魚介類に付いてくる菌、刺身などで発生する)

該当する記事は見つかりませんでした。

ウエルシュ菌(加熱済みの食品の前日調理などで起きます。給食病と言われています)

★東京都:中野区、飲食店の弁当で食中毒 ウエルシュ菌

【中野区公表 平成30628日 】

http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/475000/d001763.html

被処分者業種等 飲食店営業

施設の名称及び営業者氏名等

株式会社Foosic 株式会社Foosic 代表取締役 新名 明久

施設所在地等 東京都中野区沼袋四丁目3018

適用条項 食品衛生法第6条第3

不利益処分を行った理由 平成30613日に提供した弁当による食中毒

不利益処分等の内容 平成30628日から平成3073日までの営業停止命令

備考 平成30627日営業自粛 原因物質:ウエルシュ菌

★一晩寝かせたカレーも危険? ウエルシュ菌食中毒とは

All About 2018627 1745分】

http://news.livedoor.com/article/detail/14927798/

カレーの寝かせ方を間違えると、ウェルシュ菌の温床になってしまうことも…… 

ウェルシュ菌とは……集団感染も起こす食中毒の原因菌

人に下痢症状を引き起こす、下痢原性毒素を産生する「ウェルシュ菌」。ウェルシュ菌が食べ物と一緒に口から体内に入ると、その毒素により腹痛や下痢などの食中毒症状が起こります。

1995年~2004年の厚生労働省の食中毒統計によると、1回の食中毒事件で発生する患者数が一番多いのがこのウェルシュ菌で、83.7人と言われています。サルモネラで19.1人、病原性大腸菌で25.2人ですから、いかに一度に多数の患者を発生させてしまう菌かがわかると思います。

ウェルシュ菌は空気があるところでは増殖しない性質を持つ、「嫌気性」と呼ばれる菌です。ちょっとイメージしにくいかもしれませんが、空気が「ない」場所でのみ増殖します。これは、空気のあるところでのみ増える一般的な食中毒の菌とは真逆の性質です。そして極端に乾燥した場所や高温の状態などの環境になると、「芽胞」になって身を守ります。例えるならば、ダンゴ虫が敵から身を守ろうと硬く丸まるようなイメージです。

この状態になると、熱に対しても強くなるのが特徴です。この芽胞はとても強く、なんと100度で1時間以上加熱しても死滅しません。むしろ、加熱から身を守ろうとして芽胞になり、さらに菌が増えてしまうという性質があります。加熱後に食品が室温に放置されて50度以下になると、身を守っていたウェルシュ菌がまた増え始めてしまうのです。

家庭で気をつけるべき食品の代表的なものが、大人も子どもも大好きなカレー。カレーを作るときは大体一食分ではなく、多めに作り置きして、加熱してからまた食べることが多いでしょう。毎日加熱して菌を殺しているから大丈夫だと思っていても、室温で放置する時間がある場合、食品中にウェルシュ菌があればどんどん増えていくことになります。

下痢・腹痛……ウェルシュ菌食中毒の主な症状

ウェルシュ菌食中毒は一般的には軽症で済むことが多いのですが、主に以下のような症状が出ます。

・水のような下痢(水様性下痢)

・お腹が張る腹部膨満感

・腹痛

発熱や嘔吐のような辛い症状は少なく、血便なども見られません。下痢の症状も12日程度で回復してきます。

しかし、高齢者や乳幼児の場合は注意が必要で、下痢のために脱水を起こす危険もあります。そのため日常に潜むウェルシュ菌についての対策が大切になるのです。

菌が口から入って発症するまでの潜伏期間は618時間。この菌は、45℃で最も増殖し、10分ごとにどんどん分裂していきます。食品1g中に菌が10万個以上になったときに症状が出てきます。計算上で言えば、最初は1個の菌しかいなくても、170分(約3時間)で131072個になり、食中毒の症状が出てくる数にまで増殖してしまうわけです。

ウェルシュ菌食中毒の検査法・診断法

まずは、症状が出てきたときに、どんなものを食べたのかを医療者に伝えることが大切です。同じ給食や仕出し屋の弁当を食べた多くの人が症状を起こした場合、このウェルシュ菌による食中毒が疑われます。

実はこのウェルシュ菌による食中毒は、家庭以上に、集団給食施設、飲食店、仕出し屋などの、大量に調理する所で発生しやすいのです。そのため、別名「給食病」とも呼ばれています。季節性がなく1年中起こりますが、気温の高い夏場は食品も温かくなるので、当然ながらさらに注意が必要ともいえます。

ウェルシュ菌を培養して、同定する検査をすると確実です。菌が検出されると、菌の遺伝子を検査することで、同じ菌によって拡大したかどうかがわかります。さらに、下痢原性毒素を検査することもあります。

ウェルシュ菌による食中毒の治療法

基本的には重症例が少ないことから、整腸薬を中心とした対症療法を行います。抗菌薬を使用しなくても数日で良くなっていきます。

ただし、下痢が激しい場合、乳幼児、高齢者は脱水になる可能性があるので、経口補水液による経口輸液療法や点滴などの治療を要することがあります。

家庭で行うべきウェルシュ菌の繁殖を防ぐ方法

ウェルシュ菌食中毒を防ぐには、とにかく食品内で菌が増殖しないように抑えることが大事です。

・加熱した食品は、3時間以内に20℃以下に冷やす

・小分けして、できるだけ空気に触れるようにする

・前日調理を避ける

・食べる前によくかき混ぜて、沸騰させるぐらい再加熱する(空気がない状況では加熱で芽胞になってしまうため、加熱の力を過信しない)などが有効です。

1日寝かすとおいしいと言われるカレーですが、寝かし方を間違えると、ウェルシュ菌の温床になり、どんどん増えてしまうリスクがあります。菌の特徴を知って、身近な食中毒を予防しましょう。

(:清益 功浩)

セレウス菌(加熱済みの米飯、パスタなどで起きます。)

該当する記事は見つかりませんでした。

カンピロバクター食中毒(鶏肉の生食、沢水、未殺菌井戸水が原因)

★北海道:沙流郡日高町の飲食店で13人が食中毒 カンピロバクター

【北海道庁公表平成30年6月29日()

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kse/sho/iha/ihan180629.htm

1 探 知

   平成30年6月25日(月)午後2時10分頃、静内保健所管内の医療機関から、6月21日(木)に同保健所管内の飲食店を利用した5名が胃腸炎症状を呈し受診した旨、連絡があった。   

2 概 要

   6月20日(水)又は21日(木)に静内保健所管内の飲食店を利用した66名のうち13名

  が、6月22日(金)午前1時頃から胃腸炎症状を呈し、うち10名が医療機関を受診した。

   静内保健所の調査の結果、有症者の共通食が当該施設の食事に限られること、有症者の便から

 カンピロバクター属菌が検出されたことなどから、同保健所は、本日、当該施設が提供した食事

  を原因とする食中毒と断定した。

3 発生日時(初発)   平成30年6月22日(金)午前1時頃

4 有症者数   13名(通院者9名、入院者1名)有症者は、概ね快方に向かっている。

5 症 状   下痢、腹痛、発熱(37.0~40.0)等 

6 病因物質 カンピロバクター属菌      

 有症者12名及び調理従事者2名の便を検査した結果、有症者6名の便からカンピロバクター属菌が検出された。

 7 原因施設

 (1)施設名:焼鶏 (やきとり まる)

 (2)所在地:沙流郡日高町富川南1丁目2-15 

 (3)営業者:丸山 悦弘(まるやま よしひろ)

 (4)業 種:飲食店営業

8 原因食品

   6月20日及び21日に当該施設で提供された食事

 9 対 応

   静内保健所は、食品衛生法第55条第1項に基づき、営業者に対し、平成30年6月29日(金)

  から7月1日(日)までの3日間、当該施設の営業停止を命ずるとともに、施設設備及び器具等の

 清掃・消毒の徹底、食品の衛生的な取扱い及び調理従事者に対する衛生教育を指示した。

10 その他

   当該施設は、6月27日(水)から営業を自粛している。

★立川市の飲食店、塩だれ炙りレバー等で5人が食中毒 カンピロバクター

【東京都公表20180628日】

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/ihan/kouhyou.html

 業種等 飲食店営業 

 施設の名称及び営業者氏名等 (施設の名称) 青葉食堂くい蔵  (営業者氏名) 青木 貴宏

 施設所在地等 東京都立川市若葉町1丁目8番地の1

 主な適用条項 食品衛生法第6条及び第50条第3項の規定並びに第51条の規定による基準に違反したため、第54条から第56条を適用

 不利益処分等を行った理由 食中毒 

 不利益処分等の内容 627日から72日まで営業停止並びに施設及び取扱改善命令

 備考 (628日現在の状況)

 原因食品:616日に当該施設で調理し提供した食事 提供した料理の中に加熱不十分な鶏肉を含む

提供した食事の主なメニュー:塩だれ炙りレバー、おまかせ串焼き盛等

病因物質:カンピロバクター

618日から患者5名が発熱、下痢、頭痛、腹痛、寒気等を発症

 営業者は626日から当該施設の営業を自粛

★兵庫県:姫路市の居酒屋で6人が食中毒 カンピロバクター

【毎日新聞2018627日 地方版】

https://mainichi.jp/articles/20180627/ddl/k28/040/350000c

姫路市は26日、同市駅前町の居酒屋「げんか酒馬」で15日に飲食した大学生の男性客6人(21~23歳)が下痢などの症状を訴え、検査した4人全員から食中毒の原因菌のカンピロバクターが検出されたと発表した。市保健所は食中毒と断定し、同店に26~28日の営業停止を命じた。6人はいずれも快方に向かっているという。

姫路市(626日発表)

##発症日時:617日(日曜日)正午

 喫食者数:7人   有症者数:6

 原因食品:615日に提供された食事

 病因物質:カンピロバクター・ジェジュニ

原因施設:げんか酒馬(姫路市)

★大阪市:城東区の飲食店で3人が食中毒 カンピロバクター

【大阪市公表平成30628日】

http://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000028166.html

施設名称  中央酒場ペイジ

施設所在地  大阪市城東区中央1丁目825号 

業種  飲食店営業  営業者  成實 豊

行政処分等の理由  食品衛生法第6条第3号違反(食中毒の発生)

行政処分等の内容  営業停止1日間

備考

【病因物質】 カンピロバクター

【原因食品】一品料理(詳細については調査中)

【有症者】 3

★大阪市:北区の飲食店で3人が食中毒 カンピロバクター

【大阪市公表平成30630日】

http://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000028166.html

施設名称  かしわ屋将軍

施設所在地  大阪市北区天神橋4丁目23号 

業種  飲食店営業  営業者 田中 孝幸

行政処分等の理由  食品衛生法第6条第3号違反(食中毒の発生)

行政処分等の内容  営業停止2日間

備考

【病因物質】 カンピロバクター

【原因食品】 一品料理(詳細については調査中)

【有症者】 3

★大阪市:淀川区の飲食店で6人が食中毒 カンピロバクター

【大阪市公表平成30626日】

http://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000028166.html

施設名称  播鳥 西中島店

施設所在地  大阪市淀川区西中島3丁目1614号  

業種  飲食店営業  営業者  株式会社播鳥 代表取締役 柄沢 唯男

行政処分等の理由  食品衛生法第6条第3号違反(食中毒の発生)

行政処分等の内容  営業停止2日間

備考

【病因物質】カンピロバクター

【原因食品】コース料理(詳細については調査中)

【有症者】 6

エルシニア菌(低温発育菌、ブタが保菌しており、豚肉の汚染が高い)

該当する記事は見つかりませんでした。

化学物資による食中毒(魚のヒスタミンや洗浄剤の誤飲など)

該当する記事は見つかりませんでした。

寄生虫による食中毒(魚介類のアニサキスやクドアや、獣肉類など)

★千葉県:成田市の飲食店で1人がいわしの刺身で食中毒 アニサキス

【千葉県発表平成30627日】

http://www.pref.chiba.lg.jp/eishi/press/2018/syokutyuudoku/h300627.html

概要

平成30622日(金曜日)午後430分頃、成田市内の住民から「621日(木曜日)午後9時頃に成田市内の飲食店を利用したところ、胃痛、嘔吐等の症状を呈し、医療機関を受診したところアニサキスが摘出された。」旨の連絡が印旛保健所にあり、調査を開始した。